Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スプリンターズSG1

さて、今回は人気順(前日売り単勝オッズ)に並べて予想してみる。

1番人気 単勝3.4倍
1枠1番 デュランダル 池添 △
前走高松宮記念は休み明けで見事な勝利。
今回も休み明けだが、順調な調整だった前回と違い、裂蹄で一頓挫あった今回。
当然同じようには考えられない。
中山巧者の実力馬だけに完全無視とは行かないが、印を下げてしかるべき。

2番人気 単勝3.9倍
2枠3番 サニングデール 福永 ○
平坦小回り巧者で、高松宮記念と比べて適性面でやや劣るのだが、
それでも中山実績は悪くないし、前哨戦で斤量を考えれば一番強い競馬をした
この馬が実質1番人気の評価をされてしかるべきだろう。
でも平坦に実績が集中している点から中山適性を敢えて疑って印を下げる。

3番人気 単勝7.0倍
7枠13番 シーイズトウショウ 中舘 ◎
前走を見事に勝って予定通りのG1参戦。
上位人気2頭と比べて前々で競馬をすすめる脚質や、マークがその2頭に向かう点も
この馬に有利で、この馬を本命と扱ってみようかと。
父はこのレース連覇しており、父仔連覇の期待がかかる。

4番人気 単勝9.2倍
7枠14番 キーンランドスワン 四位 △
前走では2着ながらサニングデールに先着。
この2頭同様の競馬から高松宮記念、セントウルSと僅差の競馬をしており、
どちらかを無視してしまうのは愚の骨頂。押さえざるを得まい。

5番人気 単勝9.6倍 ▲
5枠9番 ゴールデンキャスト 武豊
タイキシャトル産駒の期待馬がようやく復調してきた。
2歳冬の故障以降、冴えない成績が続いたが、この夏一気に復調。
となれば素質は一流で、ここで切る理由がない。

6番人気 単勝9.9倍
3枠5番 カルストンライトオ 大西
直線平坦コースに勝ち鞍が集中しているし、年齢的にも上がり目は薄い。
G1では荷が重い馬。ただ、5,6着にくればOP特別で入着するより賞金が高い、
ということでここに出走したとしか思えない。

7番人気 単勝17.4倍
8枠16番 ウインラディウス 田中勝
G1連敗記録続行中の田中勝春、中山では春のダービー卿CT3着が最高。
この馬自体は充実期にあるようだが、1200の距離もどちらかといえば短く、
ここは静観の一手だろう。

8番人気 単勝24.8倍 
6枠12番 ケープオブグッドホープ プレブル △
海外からの遠征馬で一番人気のこの馬。
今回海外からの遠征馬は人気がないが、案外健闘されてしまうことも多く、
外国馬は一応押さえてかからないと危険。
右回り経験のあるこの馬が一番買いやすいだろう。
この馬の複勝が一番期待値高いかもしれない。

9番人気 単勝39.8倍
2枠4番 ナムラビッグタイム 江田照
3歳勢筆頭スプリンターではあるのだろう。
葵Sで敗れたマイネルゼストが、京成杯AHで6着。ちぐはぐな競馬になった分
着順はあまりよくないが、3歳スプリント勢が古馬に通用するところは見せた。
それを物差しに考えれば、今回通用しても不思議はない。

10番人気 単勝41.6倍
3枠6番 アシュダウンエクスプレス 後藤 △
右回りの経験が乏しいがないわけではないのね。
海外遠征で当地のそれなりの騎手を起用するという作戦はアリだし、
そういう意味で、現地で乗ったことのない騎手を連れて行くよりはよい。
と、暗にタップダンスシチーの遠征に苦言を投げかけたところで、
この馬の複勝を買い込むのもありかと。

11番人気 単勝43.0倍
6枠11番 フェアジャグ 横山典 △
馬は英G1馬ということで、海外馬3頭に言えることだが、人気がないのは
未知ということで敬遠されているのだろう、と。
馬券的には海外馬で固める戦略もありえるな。

12番人気 単勝45.3倍
4枠8番 タマモホットプレイ 和田
この馬が勝てるようなら、俺がPOGで指名したグレイトジャーニーにマイルCSの可能性が
高くなるから、そういう意味で頑張れ。
古馬相手に勝った分、そしてローテーション的にも3歳馬で狙うならこっちかな。

13番人気 単勝49.8倍
8枠15番 シルキーラグーン 柴田善
昨冬から今春にかけての勢いが失われている感があるが、2回使われて本調子に戻れば、
ある程度やれてもいいのでは。

14番人気 単勝55.0倍
5枠10番 ワンダーシアトル 北村宏 
中山苦手で、ココでは消し。
OPクラスのスプリンターとしてはこの人気薄なら、という気もするが。

15番人気 単勝58.5倍
4枠7番 カフェボストニアン 岡部 △
G1実績こそないが、昨秋のCBC賞などみても、一流どころとの差はわずか。。
それを見込まれて穴人気してきたがここはそれも見放されたか。
しかし、鉄砲実績はむしろ良好で(昨秋のCBC賞も休み明け)、

16番人気 単勝109倍
1枠2番 シルヴァーゼット 吉田豊
3歳勢のなかでも微妙な1頭だが、荒れた決着のファルコンSのようになったら
狙ってかかっておいしいタイプ。
具体的には来年の高松宮記念で。
ここは惨敗してオッズを高めておいて欲しい。


と、人気上から順に印をつけたため、ありがちな印になったが、
穴狙いの出来るコメントをつけてフォローしたつもりだ。
ちなみに、印より穴よりのコメントを信用した方がおいしい、荒れるレースになる気がする。
穴サイドでポジティブなコメントをしている馬から印のついている馬に流すのがよさそう。
[PR]
by blue_blog | 2004-10-03 08:46 | 青色競馬予想