Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

秋華賞G1

今日は馬番順に書いてみる。
どっちが見やすいだろう(スプリンターズSのときは人気順で書いてみた)

1枠1番 サイレントアスク 赤木 単勝172.9倍
いくらなんでも実績不足の馬。
紫苑Sの負けっぷりからもここは静観でいいだろう。

1枠2番 ダンスインザムード 武豊 単勝1.9倍 △
マイラーというか、1800まで無敗、それ以上だと2着、4着。
という解釈をすればここは本命には出来ないし、逆に右回りでは無敗。
距離的にも2000のG1ということ、周回こそ逆なれど、アメリカンオークスのイメージで、
負けるとすれば「小回り」のコース巧者な騎手、馬に出し抜かれるパターンか。
間隔をあけている点で、桜花賞からオークスまで馬体を緩めて失敗している点からも、
ここは案外な走りを見せる可能性が高いかもしれない。

2枠3番 ドルチェリモーネ 高田 単勝64.8倍
春は多少期待されたが、ここは仕上がりという点や、騎手の起用という点で
勝ち負けということを検討するには厳しいかと。
久々という点でもマイナスだし、京都巧者というわけでもない。
狙いがたたない。

2枠4番 フレンチアイディア 秋山 単勝185.4倍
見事にイマイチな戦績。
一線級には歯が立たないだろう。

3枠5番 ウイングレット 田中勝 単勝51.2倍 △
春の成績面やその前に見せていたレースからはねらい目なのだが、
G1となると用なしの騎手や、前走のレース振りを検証して、力を出せる状態か、
という点を考えた上で、距離がどうかとか、色々検討すれば、このオッズが妥当という所か。
ヒモで拾っておく価値はある。

3枠6番 グローリアスデイズ 柴原 単勝20.4倍
トライアルまでの馬の印象で、京都より阪神の方が好成績を挙げている点からも、
前走どおりとまでは行かないだろうし、あまり買いたいほうではない。

4枠7番 フェミニンガール 岩田 単勝63.4倍 ▲
実績が短距離に集中し、トライアルは繰り上がりで何とか。
1ハロン伸びてメンバーも強くなるここでは辛いだろう。
しかし、夏の1000万条件勝ちというこのレースの穴条件を満たしている馬が
この1頭しか居らず、ちょっとだけ注目しておきたいところだ。

4枠8番 ヒカルドウキセイ 佐藤哲 単勝26.5倍
基本的に残してきた実績は1枚足りない。
ローズSでは勝ち馬とほぼ同じ位置取りから0.2秒差。
切れ味という点でも推しづらいが、1000万勝ちに準ずる成績を残せている、と読めば、
主役がイマイチ順調に見えない今回、波乱の主役になりうるかもしれない。

5枠9番 メイショウオスカル 後藤 単勝80.3倍 ◎
京都では2着1回、当時の相手関係を考えればかなりの好走で、
京都はこなせる、という以上の成績といってよい。
2000のトライアルを勝った経験も心強く、前走の敗因は、
「阪神芝2000の重賞で過去10年1番のハイペース」にある。
自ら作ったペースとはいえ、これでは負けて当然。
今回は前回のような競馬にはならないし、狙いもたつだけの実力を持っている馬。

5枠10番 フィーユドゥレーヴ 熊沢 単勝85.0倍
この馬の基本的能力は500万条件を快勝できる程度だと何度も言っておる。
この馬の基本能力は、1勝馬の中では目立つ脚が使える程度でしかない。
今回当然用なし。

6枠11番 スイープトウショウ 池添 単勝5.8倍 ▲
この切れ味は阪神より京都向きなのか、それとも厳しい局面となると不利を受けやすい脚質、
というべきか、G1での成績はイマイチ。
しかし、京都での成績は完璧といってよく、ここは完全無視とは行かないだろう。

6枠12番 ヤマニンアラバスタ 柴田善 単勝11.4倍
前走紫苑Sでの切れ味は見事だった。
降着になったが、不利を受けて大きくヨレたのがアウトとなったもので、
むしろこの馬が大きく不利を受けていた。
輸送に弱いということで無印にしたが、当日馬体が増えているようなら面白い。

7枠13番 バレエブラン 芹沢 単勝79.7倍 △
ダンスインザダーク産駒の狙いどころは京都、ということで印を打ってみたが、
実力不足は否めない。
しかし、兄にゴールドアリュール、ドリームスプレッド(種牡馬)を持つ良血。
一発があってもおかしくない。

7枠14番 インゴット 福永 単勝44.9倍
トライアルの実質2着。
あまりメンツの集まらないトライアルの2着では本番では狙えない。

7枠15番 レクレドール 小牧太 単勝7.8倍 △
春先には兄同様の勝ちあぐねっぷりだったが、条件戦から重賞をぶっこ抜いた。
展開面など恵まれた側面もあったが、出した結果からここでも無視はできない。
兄を応援していた(引退式にも行った)し、頑張ってほしいなというところか。

8枠16番 ヤマニンシュクル 四位 単勝12.2倍 △
案外人気していないと。
堅実な実力はしっかり見せており、脚質的に向かないと思われた前走もキッチリ仕事をしているだけに、
ここもヒモ注くらいはしておかねばなるまい。
そろそろコメントを打ちつかれてきたので適当だが。

8枠17番 アズマサンダース 蛯名 単勝18.0倍 ○
未曾有のハイペースとなった前走(メイショウオスカルの項参照)で掲示板に残った前走を
高く評価すべきで、◎とどちらにするか迷った。
迷ったら高い方、ということで印的には一つ下げた格好になるが、馬券的にはこっちの方が狙いを建てやすいかと。

8枠18番 マルカフローリアン 単勝137.0倍
もうコメントつけるの疲れました。
皆様の単勝オッズと同じ気持ちです。

というわけで、◎、○がらみで馬連、馬単など流したらいいと思います。
買い目的に○がらみの方が買いやすいかと。
[PR]
by blue_blog | 2004-10-16 21:15 | 青色競馬予想