Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エリザベス女王杯GⅠ

京都競馬場で行われる、牝馬チャンピオン決定戦、エリザベス女王杯。
特に適性が着順を分けることが多い、牝馬限定戦だけに、是非頑張って検討しよう、
と思ったら、それほど荒れそうもない気がするデータにしかならず。
週末は忙しいので今から更新するけど、今回、馬券勝負は少額にする予定。
予算が他のレースに回るだけだけど。

1枠1番 メモリーキアヌ 秋山 牝4
トニービン産駒は、東京専用だけど、京都外回りもソコソコ・・・って、
京都成績0-0-0-7じゃ買えない。金輪際買えない。来たら事故もいいとこ。

1枠2番 マイネヌーヴェル 佐藤哲 牝4 △
今年の牝馬限定重賞では好走を続けており、
前走の成績で印が薄くなっているのは穴狙いには逆に好印象。
初の京都競馬場がどう出るか、だが、平坦コースの方が好成績を残している今年の成績、
追い込み脚質、といったことから、狙えるならここ、という印象をもっている。
あとは、「福島記念が除外濃厚だったからこっちに参戦」というあたりが微妙。

2枠3番 グローリアスデイズ 小牧太 牝3
この配合は秋華賞向きではないだけに、外回りに変わるのはいい傾向。
ただ、それを踏まえても、世代限定ですら勝ちきれてないのはマイナス。
力不足は否めない。

2枠4番 オースミハルカ 川島信 牝4 △
去年のエリザベス女王杯は9着。今年の夏からの成績は、去年以上だし、
去年の0.6秒差以上のいい競馬が出来るだろう、ということなら印を打っておこう。

3枠5番 ドルチェリモーネ 岩田 牝3
オークス、秋華賞とG1で結果が出ていないあたり、ここでは力不足。
でも、さすがに秋華賞を休み明けで使って、上積みが少しはあるだろうし、
サンデー産駒にとってエリザベス女王杯の方が向くし、鞍上は強化しているし、
鞍上が菊花賞で京都外回りの何かを掴んでいたら面白いかな、
と、全てポジティブに考えれば買えなくもないのかな。

3枠6番 レクレドール 渡辺 牝3 ◎
この馬が一番印を打たない理由がなかった。押し出された一番人気in俺。
ステイゴールドが一番のパフォーマンスを見せたのは日本では京都だし、
母の全兄に当たるサッカーボーイも京都得意。阪神の重賞で結果を出しているが、
京都外回りは血統的に一番向く。
騎手も京都外回りでG1勝っているし。
初勝利の競馬から、後方一気だけの馬ではない分、信頼を置ける。

4枠7番 スイープトウショウ 池添 牝3 △
この馬の場合、脚質ゆえの不利を常に考えなければならず、軸にするには不安が付きまとう。
それゆえ、印は薄めだが、実力は3歳牝馬ナンバーワン。
実力が発揮できないときが多々ある脚質だが、京都ではまだ負けてない。
この馬は他の△がヒモ扱いに対して、「◎○▲」の3頭と、ドレを軸にするか迷った末の
△1番手。このあたり、分かりやすい印の打ち方を考えないとね。

4枠8番 ヤマニンアラバスタ 松永 牝3
3歳牝馬勢の中でも実力が正当に評価されていない1頭。
ようやく、手薄だったトライアルの紫苑SOPで勝って・・・と思いきや、失格処分に。
オークス、秋華賞でも結果を出していて、世代の2番手勢力。
ただ、ここは秋華賞を負けたサンデー系も巻き返し必至で、次走以降に向けて、
順当に人気を落としていくことを希望する次第。

5枠9番 オースミコスモ 本田 牝5 △
春先の調子なら、G1となっても印を集めたであろう。
牡馬相手、レコード決着の北九州記念4着、逃げ馬2頭で決まった府中牝馬Sで0.4秒差。
こう見たら、復帰後の成績だって、ここで見比べて胸をはれるレベルの馬。
「勝つ可能性の高い馬に印を打つ」と、上位4頭に劣るが、ブックの予想オッズを見る限り、
「払戻の期待値」としては、この馬も上位4頭に勝るとも劣らない。

5枠10番 メイショウバトラー 武幸 牝4
今年、牝馬としては上位の結果を出し続けているが、去年穴人気したG1連戦で惨敗。
その後も使われつつ結果を出し、去年よりは上積みがあるだろうが、
それ以上に人気しそうなので、ここは消しでいいかな、と。

6枠11番 シンコールビー 四位 牝4
今思えば、オークストライアルも500万条件に毛が生えたようなもので、
そこで勝ったことでその後の対戦相手がこの馬には厳しいレースが続いているのかなと。
要するに力不足。

6枠12番 アドマイヤグルーヴ 武豊 牝4 ○
去年の秋華賞→エリ女で1,2着はコース適性の差で入れ替わった。
4歳勢でこのコースへの適性は上位に入る。
その上で、同世代ナンバーワンを争ったスティルインラブがやや不調気味。
◎は敢えて逆転してきそうな1頭を狙い打ったが、軸にするならこっちか。

7枠13番 レマーズガール 赤木 牝4
ダート馬だけにまず適性で疑問。その上で、負けた馬たちの顔ぶれから、
G1で云々言うには力不足の感。ココでは買えまい。

7枠14番 エリモピクシー 福永 牝6
ここのところ3着続き。惜敗続きの馬が鞍上強化で、って、天皇賞でもそうだったな、
ゼンノロブロイ。そこまで期待されていない辺り(ダンシングブレーヴの一線級で、
繁殖として期待できるはずなのに、6歳でまだ走っているあたりとか)、
微妙なんだけど、京都成績が微妙によくて、狙えるっていえば狙えるし。本当に微妙。

7枠15番 スティルインラブ 幸 牝4 ▲
三冠馬に敬意を表して、この印。完調で出てくれば勝ち負けだろう。
前走も逃げ馬2頭を捕らえそこなったが普通に伸びている。
しかし、アドマイヤグルーヴのところでも書いたとおり、
エリ女コースの適性という点ではライバルのアドマイヤに負ける。
これ以上の印は打てない。

8枠16番 ウォートルベリー ルメール 牝4 △
海外の馬は取捨が難しいが、遠征経費を払っている以上、稼げると踏んできているはず。
馬主名義が吉田照哉なので、繁殖牝馬としての輸入がてらの出走かもしれないが。
海外馬は最近のG1で大体3着のイメージ。なんなら3連単3着付けで。

8枠17番 エルノヴァ ぺリエ 牝5
クイーンS、府中牝馬Sから重賞級でも通用する。
しかし、G1級では、狙いの立つ馬から1枚落ちかな、と。
条件級好走レベルだった時期が長く、一線級との差はありそう。

8枠18番 ブライアンズレター 川原 牝5
1000万条件で負け続けているようでは・・・
確か、ナリタブライアンの最初の種付で生まれた仔じゃなかったっけ。


買い目 
的中重視 12軸
配当重視 9軸
バランス 6軸
[PR]
by blue_blog | 2004-11-13 00:32 | 青色競馬予想