Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

阪神JF GⅠ

ついに2歳GⅠ戦線が開幕。
忘年会シーズンも開幕、ということで。
今夜は囲碁部忘年会だよ。
0次会として、ウインズ難波集合。

いつものように、
◎1頭
○1頭
▲2頭
△4頭

1枠1番 カシマフラワー 松永 単勝19.0倍 △
函館2歳S3着のあと3連勝。
波に乗った感もあるが、距離実績が1200しかないのは明らかに不安要素。
連勝の勢いに印だけ。

1枠2番 エリモファイナル 内田博 単勝27.0倍
2戦目の「折り返しの」未勝利戦快勝の後の参戦はいかにもキャリア不足か。
牡馬の評判のサンデー産駒、アフリカンビートにクビ差迫ったデビュー戦を、
どう評価するかがポイントだろう。

2枠3番 ラインクラフト 福永 単勝1.7倍 △
現在圧倒的1番人気の1頭で、確かに強いパフォーマンスを見せてはいるが、
そこまで信頼が置けるか疑問。牝系、母父ともGⅠ実績は心もとないし、
同じ父のスイープトウショウがこの馬同様の圧倒的人気で5着敗戦。
とりあえず疑ってかかるべき人気馬だろう。

2枠4番 マイネデセール 木幡 単勝61.3倍 ▲
未勝利→カンナSOPを連勝。
父も朝日杯で2着と、血統的にこの時期に不安はない。
距離が疑問であるが、この実績でこのオッズはねらい目。

3枠5番 ショウナンパントル 吉田豊 単勝15.6倍 △
近親にバブルガムフェロー、ザッツザプレンティなどがいる、今一番勢いのある牝系。
デイリー杯5着も、悪くはない競馬を見せており、その勢いに注目したい。

3枠6番 アンブロワーズ ホワイト 単勝10.2倍
近親にフサイチコンコルド、リンカーンがいる、勢いのある牝系。
デビュー2連勝で函館2歳Sを制しており、弱い馬ではない。
ただ、それ以来の休み明け、ということで、厳しいレースになりそう。

4枠7番 ハギノコマチ 藤田 単勝64.8倍
デビュー勝ちを果たしての参戦。キャリア不足は不安だし、
血統的にもこの時期に一線級と勝負になるかというと微妙。

4枠8番 テイエムチュラサン 小池 単勝97.9倍 ▲
九州産、ということで評価が低いが、成績をよく見ると、
ひまわり賞(九州産限定OP)で破ったテイエムヒットベは、
その後、強い競馬で萩SOPを制している。
小倉芝1200の経験しかないのが不安材料ではあるが、相手関係で見劣りする馬ではない。
このオッズは明らかな過小評価。

5枠9番 ○市 エイシンハッピー 幸 単勝120.2倍
抽選を突破しての出走となるが、重賞では掲示板が精一杯。
勝ちきれないところもアリ、ここでは用なしだろう。

5枠10番 ジェダイト 柴田善 単勝15.3倍
この馬の兄姉には散々騙されてきた。
素質があるように見えるが、GⅠで通用する血統ではないと評価。
この馬の姉にオークスで◎を打ったのは忘れたい思い出。

6枠11番 ○父 ミラクルコンサート 和田 単勝148.5倍
京都で勝てず、福島に行って1200で勝ちあがり。
GⅠで勝負になる馬の臨戦とはゆめゆめ思えない。

6枠12番 ○父 リヴァプール 川島 単勝13.9倍
鞍上川島が一番の不安要素だし、父から、この時期に完成ともいかないし、
京都から阪神への競馬場替わりもマイナス。
ここでの評価は下げたい1頭だ。

7枠13番 ○父 クロユリジョウ 池添 単勝152.8倍
勝ち上がりに時間がかかり、重賞挑戦も9着敗退。
買える要素がない。

7枠14番 デアリングハート 武幸 単勝40.6倍
去年2着のヤマニンアルシオンと、父、母父が同じ、同様の臨戦。
兄サクラシーキングが夏の上り馬として活躍した記憶から、
この時期の血統的完成度は低そうで、馬場適性評価以外からは
あまり高評価できない。

7枠15番 モンローブロンド 安藤勝 単勝16.6倍 ◎
連勝のあと、重賞2着。ラインクラフトに負けたとはいえ、鞍上がアンカツに戻り、
競馬場も変わった今回、更なる活躍が期待できる。
父は今年の新種牡馬だが、重賞でも産駒が多く活躍しているように、
ここでも好走への不安は少ない。

8枠16番 ○市○父 コスモマーベラス 長谷川 単勝126.2倍
実力評価も微妙だが、鞍上長谷川はGⅠは初騎乗ではなかろうか。
ここは勝ち負けになるかも微妙な馬だがいい経験をして欲しい。

8枠17番 ライラプス 武豊 単勝11.2倍 ○
デビュー以来、相手強化にしたがって着順が下がっているように見えるが、
母フサイチエアデールはデビュー戦13着以来、使われつつ1戦ごとに上積みを見せ、
1月のシンザン記念で重賞初制覇を果たしている。
この馬も母同様、レースに使われたことで成長し、上位馬との差を詰めれば、
ここで好走は間違いないし、母が4歳牝馬特別西(現フィリーズレビュー)勝ち、
桜花賞2着と、阪神競馬場との好相性も注目。

8枠18番 キャントンガール デムーロ 単勝29.2倍 △
ダートで連勝しての参戦。芝適性は血統的にもわからないが、
昨日の雨によって力のいる馬場、タイムの遅いレースになったら、抑えておく必要が出てくる。

軸推奨 15
穴推奨 8,4
[PR]
by blue_blog | 2004-12-05 07:23 | 青色競馬予想