Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

桜花賞G1

例によってNZT回顧はナシ。

いよいよ桜花賞。
明日は阪神競馬場に出向いて竹本騎手に記帳して帰ってくるつもりです。

例によってマシンの調子を考慮してすこしずつアップしていきます。

1枠1番 エイシンへーべ 熊沢 単勝246.6倍
連闘でG1という臨戦からして買う気が起きないし、OP入りしてから3戦が惨敗。
トライアルでも1秒も負けており、力不足は明白。

1枠2番 ヤマニンアラバスタ 江田照 単勝101.7倍 △
阪神JFでもそれなりに接戦で、ホープフルS2着もエアシェイディ(後に骨折)から0.1秒差の接戦。
仕上がり遅れでフラワーCからになったが、そこでも人気のダンスインザムードの2着と健闘し、このオッズはさすがにつきすぎかと。
阪神JFのときの枠の隣。偶数番に替わって(阪神JFは1番枠)後入れになるだけに状況は好転といえるのでは。

2枠3番 ギミーシェルター デムーロ 単勝42.7倍
姉クリスマスツリーをちょっと好きだっただけに、血統を見て気になった。
マイネルデュプレと0.4秒差なら、牝馬ならそれなりか、とも思ったが、前走の千切られっぷりからさすがに1着馬と力差が大きいんだろうし、その1着馬の戦績も厳しいものがあり、ここは消しの一手。

2枠4番 スイープトウショウ 池添 単勝3.9倍 ○
結構混戦ムードな気がするだけに、オッズ的にこの程度が臨界点という気がするが、唯一の敗戦である阪神JFが気になる。
確かに、前走でコースこそ克服して見せたが、外枠が幸いした気もしなくもない。
奇しくも唯一の敗戦と同じ枠に入ってしまった。
印一つ下げた上で、三連複の2頭軸2頭めに採用するか否か、直前まで迷ってみる予定。

3枠5番 マルターズヒート バルジュー 単勝14.6倍 ▲
前走の武は出遅れから脚を計る競馬に徹して成績を残した。
出遅れ癖がややあるだけに、これで結果が出せたのは大きく、自在に立ち回れるということを示したといえるのではないか。
2頭軸、2頭めこっちかなあ。違う気もするが。

3枠6番 ヤマニンシュクル 四位 単勝7.4倍 ◎
出遅れから脚を伸ばした前走。とはいえ、それは勝ち馬も同じ。
とはいえ、G1をキッチリ勝ったわけだし、安定して成績を残していることもあり、絶対的とはいえないまでも、本命として扱って問題あるまい。
少なくともワイド軸としては一番堅軸ではないかと。
ということは3連複の軸としても堅い。
この馬だけかな、阪神JF上位組で枠が大きく動いたのは。

4枠7番 クリスタルヴィオレ 幸 単勝91.1倍 △
こういうオッズを見ると印を打ちたくなるじゃない。
よくよく見れば前走の位置取りなんだけど、前につけながら1度大きく下がっている。
盛り返してダイワの後から伸びてきたわけだから、この後退がなければ差は無いはずで、このオッズなら押さえなくちゃという、いつもどおりのせりふを書き込んでおこう。

4枠8番 ホシノピアス 後藤 単勝127.3倍
フェアリーSを後輩とウインズで観戦していたのだが、このレースの2着馬以降に関してはOPクラスでは用なしと判断。
前走でも3強の牙城を崩せず、上位混戦と思える今回、上位馬総崩れでもない限り用なし。
さすがにこの馬より上位と思える馬が片手で足りないくらい居るため厳しいかと。

5枠9番 ダンスインザムード 武豊 単勝3.4倍 ◎
この馬に勝たれると俺としては困り者なんだよね。
POGでかつべー氏の持ち馬だから。だから、気合で◎打って呪っておくよ。
この◎はしろさんかく、って読んでくれるとうれしいな。

5枠10番 レディインブラック 北村宏 単勝28.2倍
この馬も前哨戦勝ったとはいえ、あからさまにメンバーがしょぼかった。
敗者復活戦アガリ、ってカンジ。
勝ってしまった分オッズがつかない、といった印象。消し。

6枠11番 ウェディングバレー 松永 単勝155.5倍
短距離で結果を出しているし、展開的にはキーになりそうだが、1600で成績が落ちている上に1200でもOPでは微妙。

6枠12番 ロイヤルセランガー 吉田稔 単勝153.6倍 △
阪神JF上位組(だいたいスイープトウショウまで)には無条件で印を。
上位との力差を阪神JFから考えれば、オッズほどの力差は、ない。
大外から、競馬がすすめやすいやや外目の枠に動いて、よりスムーズに競馬がすすむのでは。

7枠13番 アズマサンダース 蛯名 25.9倍 △
△の一番手。どのレースも勝ちきれないまでも全てのレースで結果を出しているあたりはヤマニンシュクルに次ぐ存在で、オッズが、勝ちきれないからこそこれだけおいしい、という、レディインブラックの逆でほぼ同じオッズ。こちらはおいしい20倍台だ。
よく見たら阪神JFと同じ枠。ここでも好勝負はするか。

7枠14番 フィーユドゥレーヴ 藤田 62.7倍
出遅れたマルターズにも交わされる前走を高評価するのは難しい。
評価に値する馬に先着したわけでもなく、「夏の2歳G3は基本的に500万条件レースと同じ」で、「この馬の基本能力は500万下をそれなりに勝てる程度」であるという評価には変わりは無い。
ていうか、勝たれると困るが、能力不足なんで呪詛は送らないでおく。
阪神JFより1個内に入ったが、競馬の内容として変わらないだろう。

7枠15番 コンコルディア 柴田善 単勝90.2倍 △
印があふれててごめんなさい。阪神JF上位、ってことで。
前走の惨敗をどう見るか、だけが取捨ポイントで抑える必要がある馬だけに、このオッズで推移してくれれば買い。
阪神JFも外枠から結果を出しただけに。

8枠16番 ヤマニンアルシオン 和田 単勝59.1倍 △
阪神JFでまがりなりにも2着した馬にこのオッズはひどいんでないだろうか。
阪神JFから1個内に動いて、偶数枠で後入れならプラスではなかろうか。
推測だけでヒモに残す。オッズがつくし。
でも、勝たれるとそれはそれでPOGがきつい。

8枠17番 ムーヴオブサンデー 安藤勝 単勝4.6倍
出遅れたとはいえ、マルターズヒートに先着。
しかし、出遅れたマルターズヒートなど、阪神JFで言えば10着なのだ。
と無茶を振りかざして切る。
マルターズヒートとの対戦以外はさしたる実績はないといってもいい馬。
駄馬に圧勝して評価を上げた馬はG1で買うべきではない。とか言って切る。

8枠18番 ダイワエルシエーロ 福永 単勝8.9倍 △
この馬も人気サイドにいる割にはさしたる馬に勝った実績があるわけでもあらず。
ヒモとして押さえることにはするにしても、あまり評価の対象ではない。
血統やスイープトウショウとの接戦を多少評価するにしてロイヤルセランガーレベルかと。


阪神JF上位組を、コース実績などで上位にとりたい。
タイム差の少ないレースだったが、ヒトケタ着順なら合格点、逆転可能。
そのほかの臨戦で上位にからめるのは、ダンス、ムーヴ、ダイワあたりがダンゴ内に位置することは可能なレベル。
というわけで、ダンゴから抜け出せる馬は6、ヤマニンシュクルか。
前日の段階では、6から広めに2,4,5,9,12,13,15,16,17,18。
あ、10点もある。反省しながら、実馬券ではもう少し絞る予定。
[PR]
by blue_blog | 2004-04-10 23:11 | 青色競馬予想