Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NHKマイルCG1

さて、サクサク行くよ(帰省疲れで予定より更新開始が遅くなった。今日は予定があるのでピンチ)

<総評>
マイラーには「スプリンター寄り、距離適性1200~1600」みたいなタイプと、
「中距離寄り、距離適性1600~2000」みたいなタイプ、
稀にトロットサンダーのような1600のスペシャリスト、と3種類(殆ど2種類)に分けられる。

というわけで、今日はどっちのマイラーに有利になるか。

ええ、馬場読みとか展開読みをしている時間もないし、
「1200寄り」のディープサマーを応援していることもあって、
印は1200寄りの馬に厚めに打つことに。
マイルC初期に中距離寄りマイラーが優位な年が続いたこともあって、
そのほうが穴狙い的な雰囲気もあるものね。一石二鳥。
でも、中距離向きの馬にもその旨コメントしていくから、
「俺は中距離寄りのタイプの方が来ると思うぜ」
という方の馬券の参考にもなる仕様。

<各馬>
1枠1番 エイシンヴァイデン 武幸 単勝82.7倍 △
残してきた実績からはスプリント寄りのマイラー。
そして、朝日杯では出遅れながら大きくは負けておらず、この距離で巻き返しを狙える。
皐月賞の惨敗で人気を落としているあたりも、ショウナンナンバー(だったっけ、昔3着した馬)タイプってことで、ヒモ。

1枠2番 ペールギュント 武豊 単勝3.3倍 △
中距離経験も実績もソコソコあるが、良績はマイルで。
「兄の実績から、潜在的にはスタミナもあるであろうマイラー」
という評価からも、中距離寄りなレースになったら台頭間違いなし。
で、また2着3着かなという気がする。
この馬の成績からも、兄貴の成績からも。

2枠3番 セイウンニムカウ 安藤勝 単勝17.9倍
早い時期に結果を出したし、アーリントンCの好走から見限れないが、
カーネギー産駒にして、実績はスプリント寄りというあたり、どう考えれば。
こういうタイプがG1取るイメージはないので無印。

2枠4番 アイルラヴァゲイン 横山典 単勝7.0倍 ▲
この馬の実績もスプリント寄りだねえ。
エルコンドルパサーの仔で、もう少し距離持ちそうなイメージがあるけど、ミスプロ系ってことか。
乗り替わって大舞台では怖い騎手に。
ただ、前走でユタカに依頼したのが大舞台での駆け引き面では敵に手の内を晒したことになってマイナスなんじゃなかろうか、と印1つ下げてみました。
どうせ個人的にはヒモで買うので変わりはないんですが。

3枠5番 コパノフウジン 佐藤哲 単勝71.0倍
若干短めの方が向いているマイラー。
ダートで実績がある辺り、雨の後の馬場では怖いと思う。
佐藤哲三も、思い切った騎乗をしてくれるジョッキーだし。

3枠6番 パリブレスト 田中勝 単勝49.0倍
実績からは短い方がいいのだろうが、新馬、OP連勝後、
重賞、G1では全く通用しなかった。G1では厳しかろう。

4枠7番 コスモフォーチュン 松岡 単勝58.5倍
この馬はスプリント「寄り」というよりスプリンターではなかろうか。
騎手もまだ若いし、ここでは辛いと思われる。
これをいい経験にして欲しい、萎縮して欲しくない。
馬も、騎手も。

4枠8番 バブルエスティーム 小牧太 単勝62.1倍
中距離を中心に使われて負けてきた馬が、距離短縮で勝利。
スプリント寄り、マイル対応可能、中距離経験充分、とだけ書けば買い要素なのだが、
条件級のこの舞台で惨敗しているようでは、穴ではあっても印は回せない。

5枠9番 ディープサマー 藤田 単勝28.4倍 ◎
良績こそ1200に集中しているが、京都2歳Sでは2000でも差のない競馬をしており、
今度はスプリンターと見られていることに対して、オッズ的においしくなった感。
確かに、デビュー2戦のスプリント成績が忘れられたことで、クリスタルCはおいしい馬券だったが。
昨日までの雨も、この馬にはプラス。
東京の馬場という点では、逃げバテたクロッカスSでもそれなりで、適性はアリ。
雨馬場では、新馬戦の「ストーミーカフェに大差勝ち」がある。

5枠10番 シルクトゥルーパー 上村 単勝26.4倍 △
橘Sでは後方一気の差し脚が見事だった。
1400くらいが現状ベストか。
スプリント寄りの馬場なら怖いし、何より父アドマイヤベガ、その母父トニービン、と、東京では要警戒。
生野は追い込み馬乗らせたら上手いんじゃないかな、と思う。
こないだダートでもOPまでぶっこ抜いた追い込み馬の鞍上が生野だった。
でも、規定によりG1騎乗できず。騎乗していたらもう少し重い印で応援してあげたのに。上村じゃちょっと。

6枠11番 マイネルハーティ 内田博 単勝7.0倍 ▲
血統、実績とも明らかにスプリント寄り。
軽視されがちなトライアル勝ち馬だが、1600で勝てたこと、それも中山の急坂で差しきったことは
素直に評価すべきところで、血統的にもスプリント寄りなのは事実だが、
東スポ杯の5着とはいえ末脚、この馬場への対応を評価すれば、ここでも差はない。

6枠12番 ラインクラフト 福永 単勝4.7倍 △
中距離の経験皆無は若干気になる要素も、桜花賞馬が初参戦。
東京適性も気になるが、器用なタイプだし、去年オークス2着馬がこの馬と同様のタイプの
同父の馬だったことから推測すれば、寧ろ向いているはず。
初の関東、輸送ということで牝馬ゆえ割引が必要なことが多そうで、敢えてヒモまで。

7枠13番 デアリングハート 後藤 単勝26.4倍
前走、G1でもそれなりの好走。スプリント寄りの実績。
とはいえ、ラインクラフトには完敗だし、ここでは実力不足は明白だろう。
サンデー×Danzigの配合が気になって桜花賞は無印ながらその旨書いて、「阪神は注」と書いたのだが、
このコースレコードを持っているミレニアムバイオも同配合。
コース適性に注意、って書いて無印にしておこう。

7枠14番 ビッグプラネット 蛯名 単勝9.6倍 ○
各所でこの馬狙いという記述をみたので、このオッズはよくついたなあ、という感。
やはり皐月の惨敗が影響しているのか。
とはいえ、明らかにマイル向きだし、姉がクイーンC、オークスと東京実績を残しているのもいい。

7枠15番 マルターズビクター 勝浦 単勝139.3倍
実績的にはスプリント寄りだが、条件戦で善戦ばかりの人気薄が来たためしがない、消し。
これで重賞クラスでこのイマイチなら、シックスセンスの例があって面白いんだが。

8枠16番 ストラスアイラ 吉田豊 単勝140.5倍 △
中距離向きかな、ローテからは。マイルは3戦2勝、4着1回。
マイルだけに限れば、ここまでオッズを落とす馬ではなさそうな実績はあるし(それでも適正オッズ40倍くらい)、
それに加えて、パラダイスクリークはこの時期の東京3歳戦で怖い。
本当にヒモに加えようと思う。

8枠17番 イヤダイヤダ 柴田善 単勝20.6倍
実績はスプリント寄り、力は通用することを示した前走。
ここでもねらい目なのだろうが、騎手がG1ではイマイチ。
キングヘイロー以来G1を勝ってない関東リーディングってどうよ。

8枠18番 インプレッション 松永 単勝21.5倍 △
前走NZTというステップは当然このレース唯一のトライアルであるからして本流であるべく組まれているのだが、
中山→東京ということで、適性面で巻き返しというのもまたよくある話。
そして、負けた馬で巻き返しが期待できるのはこの馬ではなかろうか、と。
[PR]
by blue_blog | 2005-05-08 09:02 | 青色競馬予想