Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NHKマイル反省会

いや、ほんとに参るわ、この結果。
マイルだけにね、わっはっはっは。(乾いた笑い)

オヤジギャグしか出てこないくらい外して唖然としているはっちぃです。
こんばんわ。

しかし、今日の要点は1点だけでしょう。

路線別の力量差

牡馬路線は、G1級が皆ダービーを目指しているのに対し、G1馬が出てきた牝馬路線。
ということで、マイル、ましてや成長し終わる前の時期のここなら、牡牝のハンデはほぼなく
(あったとしても、セックスアローワンスとして与えられる2キロ程度までで)
となれば、G1級が出てきた牝馬路線に注目、となるわけです。
それを、古馬G1のイメージで、セックスアローワンス以上の力差があるという扱いで予想を組み立ててしまったことは、
今回の結果で桜花賞組が回ってくると考えられる来年以降のマイルCに向けての一番大きな反省点です。

個人的には、ラインクラフトが、単勝4倍弱と人気していたこと、穴狙いに格好のオッズ、実績の持ち主と思えたディープサマーがPOGでの持ち馬、という思い入れもあっての軸選定ゆえ、いたし方のないところではありますが。
こういうときは応援馬券と割り切ってもうすこし少額にしておいた方がよかった、とだけ反省です。

次に1番人気の検討ですが、ペールギュントが「常に善戦」クラスの馬に過ぎないことなど明らかなわけですから、
ここで勝ちきるより、別の馬に勝たれてこの馬は2,3着。
こういうタイプが人気を落とさずに、いつまでも1番人気でトビつづけるのは、条件戦でもよく見る光景ですね。
こういうタイプの馬を軸で買うのは愚の骨頂です。
即刻競馬を止めるか、猛勉強をしなおすために毎日このサイトを閲覧するか、いずれ首をくくるか。
こういうタイプの人に与えられた選択肢は3つです。
特に、俺が馬券を買ったときに、俺の前で買っていた人のように、3連単の1着1頭軸をやっているような人は、手遅れにならないうちに3つの選択肢から行動を起こすべきです。
個人的には首をくくることをオススメする所存。

G1を勝ちきっているラインクラフト軸。これは人気サイドなら一番頼りになるのが見え見えです。
本命党であれば、容易に軸に出来た1頭でしょう。
これを軸にした人は、「少なくともソコソコセンスのある人」です。

デアリングハートをヒモに抑えるのは一苦労です。
この馬券を「馬連で」取った人は、やはりセンスがないといわざるを得ません。
これに関しては、このテキストを読んで改めて欲しいのですが、
敢えて一手間増やしたとしても、この買い目は馬単で配当をさらに若干高める。
ラインクラフトを馬連の軸にした、センスのあるあなたなら簡単です。
ラインクラフトを馬連で軸に決めた後を想像してください。
ヒモの取捨で、デアリングハートを、ヒモに残すことに決めた、その後の話です。
ラインクラフトと、デアリングハート以外の馬とでは、直接対決がないですから、
力関係は分かりません。ですから、「2着までならOK」の馬連の軸として、ヒモを残りの馬から選びます。
しかし、デアリングハートに関しては、ラインクラフトと対戦成績は2戦2敗。ともに、双方のベスト距離でのこの成績ですから、完全に勝負付けは済んだ、力量はラインが上位、と考えられます。
ですから、この馬だけ、敢えて別のマークシートを使って、「馬単で」買うべきなのです。
どっちにしろ勝ち、でいい気になっているかもしれませんが、こういう場合、「馬連で当てて収支プラス」は、
「一手間を惜しんだ自分に負け」なのです。いい気にならないで反省してください。

デアリングハートについてです。
この馬はヒモで拾うべき馬です。
特に、ラインクラフトを軸にして、この馬をヒモで拾えなかった人。
せっかく、軸馬選定ではセンスがあったのに、台無しです。
ラインクラフトに、2回にわたって、負けたとはいえ僅差の勝負をした馬です。
それを見ていて、ラインクラフトを軸にすえたのであれば、拾わないなんてありえません。
ラインクラフト軸で、ヒモを絞って2,3点くらいまでにしたならともかく、
ヒモを何点も買って、この馬を拾ってない人がいたら、さっきの「センスある」という発言は取り消します。
ラインクラフトの0.1秒、0.2秒後ろにいるであろう馬、です。
ラインクラフトの単勝オッズが3.9倍。
ラインクラフト→デアリングハートの馬単が64.1倍です。
実に16倍以上の差がありますが、フィリーズレビュー、桜花賞とラインクラフトには力負けではあっても、差は0.1秒ほど。
馬単ベースで考えた場合、この0.1秒の間にほかの馬が入り込む可能性+デアリングハートが能力出し切れずに負ける可能性、の合計が15/16もあるか、といわれたら、「そこまではない」というのが答えになるはずです。
もっとレースをしっかり見ましょう。そうすれば、こういうおいしいオッズがつく馬券にたどりつくのです。
そう考えると、馬連でも充分おいしいオッズではありますね。
しかし、「ラインクラフト軸」以外で、デアリングハートをヒモに拾うのも、ワイドでもない限り難しいと思います。
なぜなら、ラインクラフトとの勝負付けは完全に済んでいるからです。
ほかの馬軸なら、ヒモとして牝馬はラインクラフトだけ、とすべきです。
馬券の結果がそうならない場合、というのは、「牝馬路線組が力上位だが、ラインクラフトは大きな不利を受けた」という場合です。
そんなレアケースまでフォローするには、資金がいくらあっても足りないでしょう。
こういうケースでは、素直にハズレ馬券を手にしていればいいのです。
総流し1頭抜けでも、問題はないくらいです。

今回の反省点と、次回以降に向けた馬券戦術のお話、とりあえずは以上といったところでしょう。
今回、この馬単を取った人間が、一番センスのある馬券だなあ、と思います。
「当てる方がセンスのない馬券」というのは、確かに存在しますが、
この馬券に関しては、馬単を当てた人を素直に褒めておこうと思います。
こういう、センスを問われる結果になると、自分の力量不足を痛感できていいですね。


まあ、先週、「◎スズカ、○ビッグなんて後検討でも書けない」とか某ライターが書いていたので、
「それならことレース検討に関しては俺のほうがキッチリ競馬を見ているな」と自画自賛している次第であります。
それでも馬券は外れていく当サイト。
今後とも、よろしくお願いいたします。
[PR]
by blue_blog | 2005-05-08 21:10 | 青色競馬予想