Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

京王杯SCG2

ご愛顧に感謝しての全馬レビュー。
ほかの原稿や馬券を買いに行く時間、その他所用を考えたら時間が押しているので簡潔に。
そして表記も新スタイルに挑戦

<全馬>
1枠1番 ニシノシタン 牡5 単勝23.3倍(8番人気)
昇り馬勢い買うも中山の方が好成績で適性疑問。

1枠2番 アサクサデンエン 牡6 単勝18.2倍(6番人気)
堅実も悪く言えば決め手に欠ける。東京得意は好感。

2枠3番 メテオバースト 牡4 単勝118倍(14番人気) △
休み明けで人気落とすも、前回休み明け東京でアドマイヤマックスに0.3秒差。

2枠4番 ゴッドオブチャンス 牡7 単勝210倍(17番人気)
惨敗続きではさすがに。

3枠5番 ウインクリューガー 牡5 単勝27.9倍(11番人気) △
差のない競馬をしてきて、G1勝ちある東京。叩き3戦目で。

3枠6番 キーンランドスワン 牡6 単勝27.0倍(9番人気)
距離延長、直線坂コースとも適性疑問。

4枠7番 タマモホットプレイ 牡4 単勝27.3倍(10番人気)
初コースの適性鍵。遠征の中山は良績ないが。距離ベストも別定1キロ負担増疑問。

4枠8番 フジサイレンス 牡5 単勝43.1倍(12番人気) △
昇り馬としては東京でニシノシタンに完勝しているこちらが上。鞍上若手も乗りなれた騎手で。

5枠9番 ゴールデンキャスト 牡5 単勝56.2倍(13番人気)
東京適性に多大な疑問。実力は認めつつ次走以降で。

5枠10番 オレハマッテルゼ 牡5 単勝17.5倍(5番人気) △
全姉エガオヲミセテ。待っていたのは輝ける舞台。得意の東京で期待の昇り馬。

6枠11番 トラストファイヤー 牡7 単勝342倍(18番人気)
不振、長欠明け、障害練習で入障前の一叩きか。

6枠12番 プレシャスカフェ 牡6 単勝3.8倍(1番人気) ○
1200で良績もこの距離初体験。父の勝った舞台で適性は充分。

7枠13番 アドマイヤマックス 牡6 単勝4.5倍(3番人気) ▲
肝心なところで惜敗つづきだったことで不安定な印象だが、こと東京では堅実。

7枠14番 テレグノシス 牡6 単勝6.2倍(4番人気) ◎
この距離、コースに実績あり。一叩きして走りごろか。

7枠15番 ダンスインザムード 牝4 単勝4.4倍(2番人気) △
牝馬、休み明け、目標は次走。不安も素質上位。

8枠16番 ナイトフライヤー 牡6 単勝136倍(15番人気)
前走を新境地開拓と見るか、展開と見るかが鍵。いずれにせよローテきつく。

8枠17番 ウインラディウス 牡7 単勝21.8倍(7番人気) △
昨年勝ち馬で人気落としている分ねらい目か。

8枠18番 スナークスズラン 牝6 単勝169倍(16番人気)
相手揃って厳しいが、これでも今年短距離OPで勝ち鞍あり、嵌れば。


<総評>
人気サイドが、適性面でも上位。
人気サイドで言えば、臨戦はテレグノシス。
次の安田記念よりここのほうが向くだろうというのがプレシャスカフェだが、なにぶんここ2戦ほど過剰人気気味。
いずれにせよ、高松宮組は出来のピーク過ぎ、敢えて軽視可能。
ダンスインザムードは前回の休み明けが完敗で厳しい。
穴サイドでは、必要以上に人気を落としているのがウインラディウス、
そろそろG1勝った東京でウインクリューガーが怖い。
同馬主だけに、馬場次第で、晴ならラディウス雨ならクリューガーだろうか、どちらかはヒモに。
昇り馬のここでの序列はオレハマッテルゼ>フジサイレンス>ニシノシタンで。
ゴールデンキャスト、タマモホットプレイも実力からしたらオッズがつくが、双方適性疑問。
ゴールデンキャストは東京ではNHKマイルCでウインクリューガーに惨敗した記憶。
道悪が原因かと思われていたが、陣営は「道悪は問題ない」そうで。
ということは東京不向きが敗因か?もう1回東京使われたときも着外。
タマモホットプレイは、東京コース初めても、中山3戦して着外ばかり。
遠征が苦手なのか、中山のコースが苦手なのか。
手元の資料ではフジキセキ産駒の成績は若干東京のほうが得意のようだが。(芝の場合。ダートは逆)

上位組は臨戦不安、面白い昇り馬と人気落ちの実績馬にチャンスあり。
トライアルはこうでないと。それでいて、G1馬が揃っていて、盛り上がるレース、ですよね。
[PR]
by blue_blog | 2005-05-15 06:56 | 青色競馬予想