Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

天皇賞・春G1

はっちぃさんが一番好きな京都競馬場。
京都競馬場の大一番、天皇賞春ですよ。
というわけでいつものように全出走馬についてコメントするです。

1枠1番 ザッツザプレンティ 安藤勝 ◎ 単勝5.4倍
去年の菊花賞馬であるものの、その後3戦勝てず。
しかし、それぞれに騎手の失策を指摘されるレースだったり、斤量差が大きかったり。
天皇賞春で前走阪神大章典2着馬の成績が悪い点が指摘されるが、
大体は1着馬との斤量差が1キロでのもの。
今回その斤量差は2キロあり、セックスアローワンスなみの大きな差を負っての敗戦だけに
別段気にする必要ないと判断。
実力馬で決まっても、波乱模様でスタミナ勝負になっても残れる適性がある。

1枠2番 ナリタセンチュリー 吉田稔 単勝128.8倍
一線級との対戦では力差が多少あるところを見せてしまっているのがつらいところ
しかしスタミナ勝負になりがちな春の天皇賞だけに、その適性はどうだろうか、ところが論点になる。
その点で私としては母父ノーザンテーストでは不安であり、消し。

2枠3番 ダービーレグノ 幸 △ 単勝161.2倍
去年の有馬記念でリンカーンとは0.4秒差。前走もあまり差のない3着。
現在の単勝オッズはおかしい。ということで印を打ってみました。
いつ勝負になってもおかしくない馬が得意の京都、これはチャンスかと。

2枠4番 ウインブレイズ 木幡 △ 単勝194.0倍
有馬記念以来の休養明けというのがネックだが、このオッズと、一線級との
初めての手合わせが有馬記念でこの結果ということを考えれば、勝負として悪くない。
年齢的にも厳しいと思うが。

3枠5番 サンライズジェガー 福永 単勝65.1倍
上2頭に印を打ったのと同じ理由で推したいが、オッズが普通。
昨年2着とはいえ、その後のレースから、実力だけなら一線級では劣るため、
何度も穴を開けるとは思わない。

3枠6番 イングランディーレ 横山典 単勝93.3倍
こいつもなかなかスタミナ自慢タイプ。
ただ、近走はダート交流競走ですら、長距離重賞を勝てないレベルだけに、
この面子の中ではちょっと消してかかりたい

4枠7番 ウインジェネラーレ 蛯名 ▲ 単勝23.1倍
作秋から一気に上昇してきて、前走ではゼンノロブロイを破った。
この勢いが本物なら、父タマモクロスのような連勝で一気の戴冠も。

4枠8番 シルクフェイマス 四位 △ 単勝12.4倍
重賞2連勝を含む5連勝と勢いに乗っているが、重賞2着馬を見れば、
マーブルチーフ、テンザンセイザと、それほど有力とはいえないメンツ。
内容はいいから、おさえておきたいところだが。

5枠9番 チャクラ 後藤 単勝62.6番
今となってはステイヤーズSは相手が弱かったと思える。
とはいえ、スタミナ自慢なタイプのように見えるから、おさえたい気もする。

5枠10番 ファストタテヤマ 安田 △ 単勝31.6倍
常時穴人気の匂いがするこいつも、実は穴を開ける条件は限られている。
とか書いてみたけど実は私もわかってませーーーん。
とはいえ、菊花賞で一度穴を開けたのと似た条件。
去年は軸にして失敗したが、こいつはヒモでおさえておけ。

6枠11番 ネオユニヴァース デムーロ ○ 単勝4.6倍
前走なんとか勝って復活ののろしを上げた。
昨秋はどうしても勝ちきれなかっただけに、これで一安心。
ダービーを勝ち取った過程を見れば分かるとおり、順調に行けば世代トップ。
とはいえ、スタミナを要する流れになると厳しいか。

6枠12番 マーブルチーフ 池添 △ 単勝310.4倍
近走好走例が少なく、なんとか好走した2戦も、シルクフェイマスに大きく負けている。
さすがに買えないという判断だろう。好成績が京都に集中しているだけに、一発はある。

7枠13番 ナムラサンクス 渡辺 単勝89.4倍
ナリタトップロードですら3着だったヘタレの渡辺が、格下の馬で勝てるわけなかろう。
勝ったら、「ナリタトップロードの経験が活きた」とか散々書く予定。

7枠14番 リンカーン 武豊 △ 単勝2.1倍
白三角を大量に打っているけど、さすがにその一番手。
昨秋以降の好成績は認めなければならないところだが、多頭数を捌くのに不安が多少。
スタミナ自慢と勝負になったら流石にきついにしても、昨秋長距離でも結果を出している。
どっちになっても2,3番手に来そうなカンジ。
上がり勝負なら◎-○流し、スタミナ勝負なら◎-▲流し推奨といいたいが、この馬を軸にするのもいい選択だ。

7枠15番 カンファーベスト 藤田 単勝77.3倍
シンザンの血を引く馬として応援したいが、距離の壁が存在しそうなローテだけに消し。

8枠16番 ゼンノロブロイ オリヴァー 単勝7.8倍
人気サイドで無印はこいつ。
前を捌くことが出来るかどうか、という不安が菊花賞のレースから、血統から距離不安、
そして、前走負けているあたりからどうしても不安が多い。

8枠17番 ヴィータローザ 岩田康 単勝138.6倍
距離的にどうかと思ったら、前走2500を勝ってはいる。
しかし、血統的に3200はいかにも長い印象。
あとはこの血統にしては大きく出たことが、血統的印象を覆す唯一のポジティヴファクター。
それで血統的な不安を考えないとして、それでも成績から消してかかるところかな

8枠18番 アマノブレイブリー 小牧太 単勝334.4倍
G1で小牧に乗り替わりはまだ敗戦処理のイメージが強い。
一度結果を出すまで消し続ける。
[PR]
by blue_blog | 2004-05-02 01:31 | 青色競馬予想