Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

秋華賞G1

ちょっと遅れたけど発走までには予想を終えてウインズ難波に行って、馬券を買うから。

1枠1番 エイシンテンダー 武幸 ○
春のレースは主役たちの一人に数えるには充分なもの。
父の中央芝での良績が阪神中心な気がする(当馬の重賞勝ち、ミツアキサイレンスの阪神大賞典好走)が、
血統構成的には京都が向くと見ている。

1枠2番 ジェダイト 池添
この馬の兄姉たちとこの馬では決定的な能力差はあると思えず。
つまり、早い時期に2勝、さらに1000万条件前後のクラスでしぶとく活躍。
ここではちょっと力不足。
サンデー産駒はこのレース相性悪いのもマイナス。

2枠3番 モンローブロンド 秋山
距離を伸ばしてダメな早熟タイプの成績。
サンデーにしろトニービンにしろ血統的にここ向きではない、そんなアドマイヤベガ産駒。
それだけに、『距離は持つ』『仕上がりは充分』『能力は足りる』と思っていてさえ消す馬。

2枠4番 テイエムメダリスト 橋本美
2連勝とはいえまだ実績不足だし、ましてその勝鞍がダート短距離のものでは推せない。
仮に潜在能力がここで間に合うクラスでも、経験が圧倒的に不足。消し。

3枠5番 ラインクラフト 福永 ◎
最後は脚が止まった前走も3着以下を圧倒。
京都替わりはプラスで、ここはこちらを本命視すべき。

3枠6番 オリエントチャーム 赤木 △
古馬1000万で3着と、穴馬として最低限の実績は残して参戦。
京都に向きそうな血統ではあるが、父の産駒がこのレースに限り案外で、
なかなか買いづらい。ヒモまで。

4枠7番 レースパイロット 安藤勝
エルフィンSでのエアメサイアとの0.4秒差、フローラSでのディアデラノビアとのクビ差がこの馬の能力。
一線級には足りない。サンデー産駒不振のレース、久々のハンデで消してかかるのがよさそう。

4枠8番 デアリングハート 後藤浩
G1の流れでこの距離を持たせるのは至難の血統だし、サンデー産駒不振のレース。
個人的にはサンデーはこの配合は阪神向きと思っているので、それも買いたくないポイント。

5枠9番 フェリシア 小牧太
フェアリーS勝ち、ファルコンS2着。
1200の馬で、ここはお客さん。

5枠10番 エアメサイア 武豊 △
サンデー産駒だけに消してみようかと思ったが、母のデジャヴーを視ているような成績だけに、
2,3着あたりに入れて3連単を買ってみようかと。

6枠11番 ニシノナースコール 横山典 △
さすがに秋華賞の穴馬条件が一般化してきたか穴人気している。
ただ、戦績を見る限りマイラー色が濃いし、穴人気しすぎている感は否めない。

6枠12番 ショウナンパントル 吉田豊
2歳女王だが、その後イマイチ。
紫苑S2着を見るに、春の成績が実能力か。
とはいえ、クイーンC、桜花賞は負けすぎで、復活の目も。

7枠13番 シールビーバック 松岡
芝は実績不足で、鞍上も実績不足。
ここは経験をつんでほしい。

7枠14番 コスモマーベラス 柴田善
能力は春に示した程度。
消してかかっていい、例年の紫苑S馬。

7枠15番 スルーレート 渡辺 △
シーザリオに善戦した前走くらい走れれば勝負になるかも。
あくまで大穴狙いなら。

8枠15番 エリモファイナル 四位
血統的にはこの距離はこなせるし、京都の勝鞍もある。
ただ流石にここまで一線級と差があり、大穴候補どまり。

8枠16番 トウカイルナ 北村浩
血統的にはねらい目。
ただ流石に力不足で。

8枠18番 ライラプス 松永 ▲
3番手の力はある。
G1ではイマイチの成績が続いているがチャンス到来。
[PR]
by blue_blog | 2005-10-16 12:17 | 青色競馬予想