Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

1年の計

1年の計は金杯にあり、などと昔の人はよくいったもので。
僕なんかは、それより中山1R未勝利だろうと思うのですが、
バイト、バイトで忙しく、今日も1Rから馬券三昧などとはいかなかったわけです。

それでも、こうやってバイトを早く切り上げるための根回しは完璧で、
金杯は、その前に予想を更新するくらい気合を入れてスケジュールをあけたわけです。

ちなみに、先に今年初馬券はシロクン(白毛。中山6R)単勝を少々。
白馬は縁起物ですし、POGで指名しているしで、縁起かつぎと応援馬券です。
外れましたけど。

というわけで、金杯予想。

まずは金杯・西(古い表記方法)
◎グレイトジャーニー
2年前のPOG2位指名馬。ドラフトの綾で2位指名したが、実質1番評価だった馬。
それはともかくとして、去年も京都で勝ち星を挙げたし、一昨年はこの時期、
このコースの重賞を勝っている。菊花賞でも後方からいい脚を見せていたし、
京都なら重賞クラスの1頭。ハンデも手ごろ。

○エイシンドーバー
ハンデ戦はここまでの実績にハンデをつけるだけに、上昇機運にある馬は、
実力より低めのハンデになるもの。
ということで、3連勝で勢いに乗るこの馬。

▲アルビレオ
一番上手い騎手はこいつではなかろうか。
血統的に京都適正の高い馬で、去年2着の実績もある。

△ペールギュント
この馬は京都向きというのが昨年来の主張

△マイネソーサリス
京都での成績は抜群。
1600は短い感もあるが、だからこそ乱ペース時の穴馬として。

△マイネルハーティー、オレハマッテルゼ

つづいて金杯・東

◎ヴィータローザ
兄は小回り向きの馬だったが、一回り大きくでたこいつは、
中山の坂も克服できる模様。

○ダンスインザモア
中山重賞勝ち馬、復活の兆し。

▲ブラックカフェ
馬体のよさだけなら抜群だった馬。
軽いハンデが生きれば面白い

△マイネルレコルト、コンラッド、コスモオースティン、カナハラドラゴン
[PR]
by blue_blog | 2006-01-05 13:55 | 青色競馬予想