Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オークスG1

オークス、である。3歳牝馬の女王決定戦。
いつものように予想中に上げていくのでそのつもりで。
前日オッズは明晩覚えていたら。

1枠1番 スイープトウショウ 池添 
明らかに距離が長いでしょう。
消しの一手でかかりたいタイプ。

1枠2番 セカンドノホシ 梶
低人気が予想されるだけに、2400という舞台でどう変わるかが勝負の鍵だが、騎手が梶という段階でG1では買う気が全く起きない。

2枠3番 ラグレスロマニー 小野
スペシャルウィーク産駒が何とかクラシックに駒を進めてきた。
とはいえ、父の産駒が芝で今のところ成績が良くないし、前走6着からも実力不足は明らか。
抽選対象4頭の中でも通用しそうもない馬2頭が出てきた印象。

2枠4番 ドルチェリモーネ 安藤勝 △
忘れな草賞で3着したグローリアスデイズを物差しに、ヒモとして勝負になりうる別路線組を探し出すシステム、略してグロリアスデイズを物差し馬と考えるシステムを導入。
略してないというか言い換えただけというツッコミが欲しくてやってます。
というわけで、別路線組を存外重視してみる方向で。

3枠5番 ダンスインザムード 武豊 ▲
今回の桜花賞、上位3頭の後マイラー2頭が続いたが、上位3頭の血統はどちらかといえばオークス向きで、スタミナ重視のレースが出来る馬がマイラーを上回ったと考えることが可能。
というわけで、今回は桜花賞の上位3頭は素直に高評価してよい。
具体的には上位3頭から3連複の2頭軸で勝負する予定。
この馬をあえて3番手評価したのは、距離に対する評価で、全馬血統的、鞍上には何ら問題はないのだが、強いて言えば、この馬は「調教師がマイラー」というネタであり、それ以外の何物でもない。
だから、はっちぃさんの中の人が仮に3連複の軸にこの馬を入れていてもそれはそれでさくっと流してあげて欲しい。印どおり買うとは思うが、オッズ次第。

3枠6番 ヤマニンアラバスタ 江田照 △
桜花賞時唱えた、阪神JF勢強い理論対象馬。だからどうというわけでなく、ダンスインザムードを物差しにして考えて、桜花賞とフラワーCの比較で距離延長歓迎、という何も考えてなさそうな理由で印を打つ。

4枠7番 ヤマニンシュクル 四位 ◎
この◎と○の差はあまりまだ根拠はない。強いて言えば手元の新聞での予想オッズであり、そういえば桜花賞上位3頭、どの組み合わせの2頭でも血統的相似を上げて根拠とすることが出来る。
つまり、ヤマニンとダンスは母父が同じであり、ダンスとアズマは父サンデーであり、アズマの母父シンボリルドルフはヤマニンの父トウカイテイオーの父君である。
そう考えれば、どの血統がこの馬場において普段以上の力を発揮できるか、という観点から重い印の3頭を検討しなおす必要があり、それには土曜の結果が必要である、ということでこの印は暫定的なもの(上位3頭だけ)である。
△については増やす予定はないが、土曜夜に重い印を動かして、血統的な注意点を挙げるかもしれない(時間が取れたら)から、その場合はそれに合致する馬をヒモに加えてあげると財布にやさしいかもしれない。

4枠8番 アズマサンダース 蛯名 ○
桜花賞上位3頭は上位と見てよい。ということで素直にこの馬にも思い印を打ちつつ、この馬だけ信頼感がなさそうな気がするのは勝っていないからか。
しかし、大きく負けてないのもまた事実であり、確かに力はある馬。
牝馬版ステイゴールドな趣で人気が出ること期待である。
母はシンボリルドルフ産駒の活躍馬で、こういう辺りから活躍馬がでたことも喜ばしいしな。

5枠9番 ギミーシェルター 柴田善
この馬の姉が好きだった。
という理由で桜花賞でも印を打った記憶があり、全兄がオークスと同コースでの重賞であらせられるところの青葉賞勝ち馬であるところから、ここで無印とかすると来られて100年くらい後悔するだろう。
と思ったが、ローテがきつすぎる気がする。
本賞金が加算できなかったのも実力不足の表れだろうし、東京向きかもしれないが無印でいいや。

5枠10番 フレンチアイディア 勝浦
印が多すぎることと、システム対象の忘れな草賞で1着には完敗していることで、グローリアスデイズを物差し馬と考えるシステム中止。

6枠11番 メイショウオスカル 後藤浩 △
この馬もグローリアスデイズに先着。
しかし、この馬を逆に物差しにすれば、このシステムで印を打たれている馬は大体ヤマニンアラバスタ以下なので無視可能。
といいつつ、東京コース適性で見限れず印を残してみた。

6枠12番 ウイングレット 田中勝 △
田中勝のGⅠ(機種依存文字ごめんなさい、それを考えて普段は1を使ってますがそれやると今回限り読みづらくて>マックの皆様)100連敗がかかっている、とか、父から距離適性の問題とか、前走休み明けいい競馬してるだけに反動はどうかとか、色々あるけれど、それだけに、前走の競馬を評価して印を残してみたい馬。
もしかしたら遅れてきた大物かも知らん。

7枠13番 ダイワエルシエーロ 福永 △
クイーンCを勝ったことで、東京がいいっぽいので、印を。
血統的に距離も何とかなりそうだし。

7枠14番 マルカフローリアン 吉田豊
最近めっきり活躍しなくなった「東の豊」。
そして、このベタなネーミングの馬主さん(去年のダービー馬の弟もマルカポインテッドだった)もだが、こんな名前の馬に、オークス何着、とか威張って欲しくない。

7枠15番 レイナシンフォニー 石橋守
一枚足りない実力に距離不安、そして本質的にダーと向きな血統ゆえ消し。

8枠16番 グローリアスデイズ 岡部
そもそも、実力的に、ヒモにどうか、微妙な馬たちとも好勝負が精一杯。
ここでは実力不足。さらに鞍上がすでに老害の域。
ずっと乗ってたとかならともかく、今更テン乗りでは。

8枠17番 レディインブラック 北村宏
桜花賞で実力不足を露呈、コース、距離の変更もあまりこの馬にいいとは言えず、上がり目は少ない。消し。

8枠18番 シルキーフレンド 菊沢徳
抽選組は無視してよいというルールがある。今回は。

というわけで、一通り印を打ってみました。
ご意見、予想等コメントいただけたら幸いです。
[PR]
by blue_blog | 2004-05-22 02:30 | 青色競馬予想