Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フェブラリーS予想

◎シーキングザダイヤ
ここで勝負掛かりなのはこいつだろう。
川崎記念はアジュディミツオーを捉えきれなかったが、
横山典でG1を2着し続けた馬が、外人騎手に変わったのは勝ちパターン。

○カネヒキリ
確かに目標を次に置き、
しかもダートで唯一負けたコース。
しかし、その対策を練ってきた。
力は最上位。

▲リミットレスビッド
ダート替わりで重賞連勝。
去年のメイショウボーラーと同じパターン。
兄の重賞実績から血統的に距離もこなせる。

△タイキエニグマ、ユートピア、メイショウボーラー、タガノゲルニカ、サンライズバッカス

消しヴァーミリアン
サカラート
ここは兄弟で消してかかろう。
兄サカラートは東海S勝ちなど、ダート長距離実績馬。
ここは距離が足りない。
弟は、芝実績や勢いでは兄を上回るが、父がエルコンドルパサーでより長距離向き。
タヤスアンティームとも同牝系で、ダート長距離向きの血統。
まとめてここでは消し。
[PR]
by blue_blog | 2006-02-19 15:02 | 青色競馬予想