Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スプリングS

青色競馬予想はHTML版だと後処理がめんどくさいので、
ブログ版へ移行して続ける予定。

HTML版には更新毎に掲示板で報告。
G1などで気が向いたときには全馬にコメントをつけます。

今日はそこまで時間も無いので、普通に予想を披露。
ここで、とりあえず青色競馬予想のポリシー。
『予想を書く場合は根拠が必要』

◎コスモサンビーム
前走朝日杯FSは非常にレベルの高いレースだった。
8着馬までの殆どが次走でOP特別、重賞連対。こう書くと、唯一の例外が
6着馬で、それも弥生賞3着で皐月賞優先出走。
このレースを制したコスモサンビームが凡走は考えがたい。
殆ど傾向の分からない、活躍馬のいない父だけに、休み明けがどうかと思うが、
同父のコスモバルクが間隔の開いた弥生賞制覇で問題なしと考えたい。
人気になるだろうが、以上の要素により絶対的本命。

○マイネルゼスト
前走負けで評価を下げたが、戦績を見てのとおり、1戦おきのタイプかと。
朝日杯8着、というのはこの馬なのだが、このレース、故障馬の下がってくるところで
大きな不利を受けており、共同通信杯でも勝負どころで不利を受けている。
距離に関しては前走である程度目処を立てており、問題ない。
むしろ、日本では短距離系なイメージの父系だが、父の主な勝ち鞍は9Fにあり、
この距離はベストと考えることが可能。
以上の要素により、穴馬一番手として対抗候補に指名。

▲アポインテッドデイ
オッズ検討分が○マイネルゼストとの差になるが、この馬も朝日杯組。
こういう枠組みで買えるレースはこのレースまでだろうから、高評価で行きたい。
朝日杯FSは3着。2着が多いタイプで、馬単2着付けならこいつから。人気だけど。
よく見ると母父Danzigで、距離適性にあえて疑問符。▲は変えないけど。

△ブラックタイド
この馬は、今年の物差し馬に指名。
ちなみに、他はマイネルブルック、エスユーグランド。
マイネルブルック>ブラックタイド>エスユーグランドで0.1秒ずつぐらい見れば
大体OKと勝手に認定。△1番手という意味でなく、この物差し基準を書いておくために
△の最初に書く。

△ミスティックエイジ
ラジオたんぱ杯において、2着(4着ブラックタイド)ということで、
物差しの上を行ったので印。母父が短距離系ということで、
ラジオたんぱ杯からの距離短縮はプラス。

△キョウワスプレンダ
夏の好走組でここまで来たが、前走朝日杯9着。
とはいえ、その前に重賞で好走しているあたり、ここいらあたりまでは
ヒモとして押さえるべき実力を見せている。

△ドラゴンキャプテン
高崎の最強馬。道営所属コスモバルクが皐月賞出走を決めただけに、
この馬にも健闘を期待したい。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-21 06:47 | 青色競馬予想