Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:青色日記帳( 160 )

報告

幸せいっぱい夢いっぱい(挨拶)

冒頭の挨拶で何をいいたいか、分かってくれたら幸せ。
ていうか、分かってくれなくても幸せなのは変わりないわけで。

そうね、ネット上で非モテとかいってる日記を書きなぐってる人たち?


テキストサイトの恥だね。

ほら、俺なんか、そんな文章書かなくてもいい身分に成り上がったわけでさ。
どういうことだか分かってくれるよね、皆。
あれだよ、あれ。
俺は今ほら。










そう、今日はエイプリルフールです。

いや、幸せなのは本当さ。
俺がテンパッてたとき、多くの友達に助けてもらった。
多分それが人生で一番幸せなこと。本当に感謝(私信)

このことは2009年7月、このサイトを閉鎖するときに報告します。
ほら、俺、ウソつけない人間だからさ、ウソで「彼女が出来た」とか書けないわけよ。
正直に生きているからさ。「彼女が出来た」とか、妄想でしかないわけよ。
[PR]
by blue_blog | 2004-04-01 08:35 | 青色日記帳

競馬場報告

そうそう、昨日の結果報告しなくちゃね。
クソ面白くない結果だったけどね。

参加した後輩は3人。
うち2人が収支プラスで、ひとりが沈み。俺はちょっとだけマイナスも、ほぼ全レースに手を出し、コンスタントに的中。
だいたい馬連、馬単で2着、3着ともヒモで持ってて安め来た、って展開が幾度かあったから、それで高めが1度でも入ってれば収支プラスくらい。ちょい穴狙いしてた俺には、万馬券のでない展開ってのは辛いところ。

ほら、俺、未勝利戦でぼこぼこ当てちゃって、午前中は結構なプラスだったのね。
そういう意味で、後輩に「馬券を当ててる俺」を印象付けたし。

牛丼も食べたし、桜も見た。でも、桜は来週か再来週、別枠でいきたいなあ。
本当、面白くないね。
万馬券が出るわけでもなし。
オケラになるわけでも、儲かるわけでもなし。

メシ食って解散。
それだけ。

あ、ひさびさの牛丼は旨かったね。

でも、それだけ。
つまらねえ。日記に報告したのは、ただひとつ。


報告しないと、皆、「また馬券ハズしたのかよ」とかって思うじゃない。
そうじゃない。
収支が皆トントンだから、面白くないんだ。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-29 11:09 | 青色日記帳

今日は牛丼。

牛丼食いながら花見も乙なモノぞ。

ということで、突撃してきます。
もちろん、場所は阪神競馬場。
さすがに、中京には・・・俺は良くても周りがこない。

ということで、今日は全レース万馬券狙いでいくので、オケラの俺に電車賃を貸す係(後輩)を連れて行こうと思っている、ということで。


ああ、ダメ人間だなあ。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-28 00:15 | 青色日記帳

甲子園(昨日の)

高級外車だって、奈良ナンバーつけた瞬間にガラクタ同然(挨拶)


♪陽光(ひかり)の中にまぶしい笑顔
♪今済美(ここ)にいるから出会えたね
♪共に学ぼうこれからは
♪「やれば出来る」は魔法の合いことば
♪腕をとり肩を組み信じてみようよ

と言うわけで、昨日甲子園で勝った済美高校の校歌を紹介。

なんというか、リリアンチックな歌詞ですな。
聞けば、2年前まで女子校だったそうですから、こんな歌詞でもおかしくはないですが、
甲子園に流れる校歌としては衝撃的。
つい、「ごきげんよう」とか口走りました。(わかるひとだけわかればよろし)

ダルビッシュの倍くらいの衝撃を受けました。
ダルビッシュがヒット打たれたら出かけよう、なんて思ってたがために、
出かけそびれてしまいましたが(銀行口座作ろうと思ってたのに、結局2時40分の
試合終了まで全く打たれないでやんの。)

まあ、ノーヒッター観戦も生1回含めて3度目ともなれば、
そんなに驚くべきことではないですがね。

何しろ、プロ野球生観戦4回目にして、
ヤクルトのブロス投手(当時)が巨人相手にノーヒッター。
確か、それ以外は地元の球場のこけら落としのOP戦、いただきものの西武戦×2、だったと記憶。

で、翌年くらいだったか。
学校の講習さぼって、マサX氏の店(当時)で甲子園決勝、松坂のノーヒッターを観戦。

そして今回。話題の投手だし、しばらく見ておくか、そう、ノーヒッターの可能性が
なくなるくらいまで、と思ってたら、ノーヒッター達成しやがった。
次の試合も6回くらいまでノーヒッターだったものだから、出かけられずじまい。

ほら、ノーヒッターって、やっぱり投手の夢ですよ。
完全に抑え切るんですよ、相手を。

というわけで、月曜日に出かけることに決定。

明日は後輩らと花見、牛丼ツアーです。(主目的は、察してください)では。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-27 11:18 | 青色日記帳

なくしたもの

今日、所用で出かけてきた。
普段出かけるところ(大学やウインズ)とは逆方向の駅。
昔はバイトで通ったが、ここ1年くらい殆ど出かけていなかった駅。

帰り道、きっぷをなくしました。

片道わずか200円の区間。
尻ポケットから財布を出し損ねている間に電車1本乗過ごす失態。

そんなショックからか、どこに行ったかわからないきっぷ。

よくよく思い返してみたら、俺はよく電車の切符をなくす。

いや、普段はなくさない。
大学、ウインズ。競馬場に行くときや実家に帰る時。

こんなときは、何も問題なく帰ってこれる。

しかし、それでなく、なれない土地に出かけるとき。
切符をなくす率が50%にも上る勢いである。

高校時代、友達と旅行に行ったとき。
俺は切符をなくし、仕方ないで同行の友人の定期券を数百円の小銭と引き換えに強奪し、それで改札をすり抜けた。←勿論、次の日丁重に返却いたしました。

京都競馬場にはじめていったときも切符をなくした。
あとから、車内で読んでいた本の栞になっていたことに気付いた。

ウインズに行くときと同じ駅で降りても、やることが違うとなくす。
アラン氏が、夜麻雀打ちたければ迎えに来い、と煽ったので迎えに行くその帰り道。
後輩に借りてきた定期券をなくす失態。

もうね、あほかと、ばかかと。
番外としては、帰省のときに実家最寄り駅前後の回数券を送ってもらってキセルしたり、一人カラオケの帰り道に切符代が微妙に足りないのに気付いて切符をなくしたことにしてみたり。

とにかく、「切符をなくしました」というフレーズは連発。
日ごろと違う行動をするとき、それは破滅への序章。


というわけで、「私があなたの切符を持っておいてあげる」という優しい女性を募集中。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-25 19:03 | 青色日記帳
パンが無ければケーキをお食べ(座右の銘)

4月3日にフサイチのおっちゃんがバカな真似をする。

これが、会場が横浜アリーナ。K-1。
どんな特別ルールを採用しているか知らんが、古稀(数えで70)にもなるしかも大富豪の社長さんが、ボブサップと闘う(まあ、超ハンデキャップマッチだが)という、全世界カブキ者ランキングでもぶっ千切りで優勝しそうなことをしてくれるという。

是非、見に行きたい。
もう、狂おしいくらいに、バカである。やんちゃである。
この場合、バカは褒め言葉なのだが、きっと学生のうちはもっていても、社会人になったら忘れてしまうような、そういうカブキ者の心(これは、卒業をして大学を離れる3人に、忘れて欲しくない心でもある)を持ち続けているのである。
しかも、俺らのレベルをはるかに超えて。

どんなルールの下でアレ、ボブ・サップとリング上で闘っていいという人がどれだけいるだろうか。
しかも大(?)観衆を前にして。
もはや「キ」で始まる4-letter-word(注1)である。
もちろん、バカとならんでこの「キ」で始まる4文字も褒め言葉で使っている。

で、このイベントのチケットを自分のサイトで大盤振る舞い中。
詳しくはフサイチネットで。

このイベントに行きたいと一瞬思っていた頃。
親から「春先は帰ってくるのか」という電話。丁度いい。
最近あまり連絡を取ってなかった知り合いから、
「4月2~3日合宿せえへん?」という連絡。ベストタイミング。

ということで、4月1~3日で帰省する方向で検討中。

(注1)4-letter-word
4文字言葉。この場合も4文字。
英語で、F××K、S××Tなどを指す。
転じて放送禁止用語を指したりするらしい。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-25 14:49 | 青色日記帳

おめでとう、そして

やべえやべえ。
起き抜けに更新したら、今日が何の日か忘れてた。

というわけで。

卒業おめでとう、皆の衆。

そう、同級生の皆(除くトップ氏
が、今日卒業を迎える。そして即失業なアルツ氏。
というか、アルツ氏は科目履修生として、来年6月、教育実習にやってくる。

で、本題はなんら関係なく。
M-1グランプリにでることにした。

事の次第はこうである。

囲碁部の部長をしていることは以前書いた。(過去ログ漁れ)
で、各サークル、新入生向けのサークル案内を書くことになっているのだが、
これがありきたりな内容。

書かされる内容として、

「入部方法」

部長なりなんなりに連絡せずに入部できるのか?
もしくは部室等を訪れるとか、常識で考えようや。
特別なことがあるなら、それこそ案内に書くだろう、そのサークルが。

ということで、「ならば」と神の光臨した俺。

「入部方法:ランバダを踊る」

さらに、
「活動内容」

まあ、囲碁部が碁をうつのはあたりまえ、ほかの特記事項を書けばいいんだな、
と解釈した俺。

色々書いた。
「プロテスト受験(阪神タイガース、

読売巨人軍」

「大会出場(M-1グランプリ)」


で、おまけに、サークルをアピールするために与えられた
「フリースペース」には、
「プロ野球選手名鑑」を

パロディした部員紹介。


で、提出(学生課)。


と言う有様。
で、数時間後。バイブレーションする携帯電話。

学生課から。

「こんな内容は認められない」

とのこと。
「や、当たり前のことを書いたって意味ないじゃないですか」


「ていうか、本当に大会でるんです、活動するんです」


「囲碁部はちゃんと活動してますよ」


などの弁明もむなしく、却下。

こんな文面程度に引くようなヤワな1回生は入部して欲しくないだけに、
強硬に掲載を訴えるも、却下。

で、仕方がないので。

「囲碁をはじめとした頭脳スポーツを楽しむサークルです」

まあ、囲碁、と限定しない方が人来るし、そういう人に囲碁を覚えてもらうのも有意義じゃないですか。

「オリンピック出場を目指します」

たしかに、何か頭脳スポーツがどうとかで、北京オリンピックの公開種目になってたが。


あれは・・・たしか・・・



麻雀


ということで、サークル紹介に堂々と麻雀メンツ勧誘作戦、成功。

さらに、列挙された頭脳スポーツ。さいごに「~等等」

ふりがなに「まーじゃん」小さい字で多分気付かれず。


作戦大成功。

でも、ちょっとぶち切れはっちぃ。


今年は、囲碁部としてなんとしてもM-1出場を決意。

そして、来年、「去年の活動成績」に

「M-1グランプリ出場」と堂々と書いてやる。

というわけで、ブログ版コンテンツに「青色演芸場」が近いうちにできると思います。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-23 13:45 | 青色日記帳
久々(2度目)の晩飯お手軽レシピ。

以前(探すのはめんどくさいが、HTML版に収録されている日記ログ漁れ)
お手軽レシピを紹介したときには、「チャーハンにしようと思ったがフライパン洗うの
めんどくさくて、雑炊に変更した」話を紹介しましたが、

今回、チャーハン作りました。
具は100円ショップで買ってきたチャーハンの素。
卵とメシ絡めればできるお手軽なやつですな。

そして・・・

卵買ってねえ。

で、あたりを見回したわけですよ。

ありました。

マヨネーズ

主成分は卵と油ですから、いけるはずです。
さらに、サラダ油(ずっと放置してるので使えるか不安)を使わなくて済むという
一石二鳥な逸品。

というわけでレシピ。

1、まず、マヨネーズをフライパンにこれでもかと絞る。

1.5、このとき香りづけにおろしにんにく投入も可。

2、火をつける。

3、香り付けに何か投入してたらそれに火が通った頃(そうでなければタイミング自由)
に、メシ投入。

4、しばらく炒めてマヨネーズと飯をなじませる。

5、チャーハンの素投入、よく混ぜる。

6、火を止める。茶碗に入れて(そのままでも可)食う。


なかなか旨かった。マヨネーズの味はしないので、マヨラーでなくても安心です。

マヨラーの方、さらにマヨネーズを投入するのはさすがに健康に悪いので、
このメニュー、マヨネーズ大量使用の割りにマヨラーには不向き。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-23 01:50 | 青色日記帳

いかりや長介死亡

みんなーーーー。


悲しみすぎだよ。

まあ、俺も再放送で影響を受けてきた世代だからさ(若さをアピール)
人の死、ってのが、ごくごく身近ではじーさんくらいで、
おじさん死んだのも遠く離れたところのおじさん(まあ、盆暮れ正月には
色々話して、多大な影響を受けていた人だけど)だったりで、

死ってものがイマイチ理解できてないけどさ。

昨日だって、イマイチリアリティ無くて普通の日記で、
今日、競馬行くときに買ったスポーツ新聞で1面見て、
それで急にリアリティを持って受け止めたんだけれどもさ。

いかりや長介さん、って人は、ずっと、俺らを楽しませてくれた人でさ、

ドリフのいかりやさんの勝手な印象なんだけど。

こんな風に、俺らが沈んでたら、笑いながらこういって、
沈んでる俺らに、沈んでる時間を与えてくれないと思うんだよね。
自分のことで俺らが沈んでるんならなおさら・・・



つぎいってみよーー
[PR]
by blue_blog | 2004-03-22 08:58 | 青色日記帳

3月21日 伊東家の食卓

ブログはじめました。当分の間、ブログ版とHTML版更新という2度手間。
更新を手軽にするというブログ導入の意図がまったく無意味どころか。

※これはある先輩にうかがった実話をもとに構成しております

汚れた鍋をぴかぴかにする裏技。

1、まず、鍋に水を入れて、お湯を沸かします。

2、その最中に、そんな事忘れて寝てしまいます。

3、気付いたら、お湯がなくなっているどころか、鍋の底は真っ赤になってます。

4、タオル、鍋つかみ等で真っ赤になった鍋を持ち上げ、水を入れて冷やします。

5、すると、こびりついていた汚れは全て炭化し、急激な鍋の収縮とともに剥がれ落ちます。

6、鍋が壊れるおそれがありますので、よい子はまねしないでください。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-21 03:28 | 青色日記帳