Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:青色酒房( 2 )

ポカリタス

ポカリタス、というカクテルがある。
わが囲碁部定番アイテムである。

学園祭2日目の打ち上げにて、後輩2名とともにチャレンジした。

レシピ
スピリタス(アルコール度数96度を誇る最強の酒) 適量
ポカリスエット 適量

という、スーパーフリーでもここまでやらない最強のカクテル。
ちなみに、スーパーフリーが使いそうなアイテムの違法な方もかばんの中にあった。
男同士で絶対に使わないが。

感想
きついね。アルコール度数高いとスピリタス臭で飲みづらいし、低いと他の酒でも同じだし。

というわけで、今回はちょっとキチガイ風味
[PR]
by blue_blog | 2004-05-17 23:24 | 青色酒房

第1回 フォアローゼス

洋酒をストレートでちびちび呑むのが好き。

ということで、家にはたくさんの洋酒がある。

しかし、昨秋、服薬の都合で、薬の切れている時間でないとこわくて酒が飲めないようになり、そして、開栓済みの酒が、何種類かそのまま放置されていた。

しかし、なんとか酒を楽しむ余裕もでき、ひさびさに一杯。

今開栓済みのものを飲まないともったいない。ということで、酒飲み復帰第1弾、フォアローゼス。

最近の体調や、開栓から多少時間がたった洋酒、ってことを考慮して、水割りでいただく。
こうすれば、味がアレげになっていても、ウチの水がまずいのか、フォアローゼスが悪くなってるのか、分かりづらい。
まあ、これが久々の家呑みでなければ、体調が100%ならば、開けたての洋酒ならば、ストレートで飲むんだが。

そもそも、ミネラルウォータを買い込むほど余裕は無い。
今でこそ、普通に洋酒好きで買っているが、洋酒にハマった最初の一歩は、「ビールや発泡酒、チューハイより、アルコール量あたりの単価が安い」という理由だったりしたのだ。
そんな俺にそこまでこだわれと言う方が酷だろう。

ということで一口。
いいね。丁度いい。アルコール度数は20度弱のはずだが、ぐびぐび呑める。
一気も可能。しないけど。旨いね。ちゃんと香りはする。
これがバーボンの香りだよ。多分。

年末に、忘年会で呑んだジャックダニエル(ウイスキー、って頼んで、テネシーウイスキーが出てくるのは、一般的ではない気がする。あれ、バーボン、って注文したら出てきたんだっけ、いずれにしても、ジャックはバーボンではないし、ウイスキー、と言って出すならバーボンは異端ではないか。しかも、呑み放題でジャックを出すのはちょっと豪勢な気がする。)
以来のバーボン系(テネシーの方々には誇りの問題とか持ち出されたら謝るが、
製法としてバーボンと同様、と言う意味で分かりやすく)のウイスキー。
ちゃんと、バーボンなんだけど、ジャックの方がにおいも、味も濃厚。
甘ったるくて、スモーキー(あの独特のにおいの表現ってこれでよかった?)なカンジがイマイチ弱い。
もっとも、水割りとストレートで比較にナランが、でも弱い。
その分呑みやすいのはありがたいが、うーん。

とりあえず、バーボン入門にはいいかもね。


ちなみに、フォアローゼスはこのときに開けたものだ、たしか。
[PR]
by blue_blog | 2004-03-25 13:40 | 青色酒房