Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:青色POG( 98 )

話題馬寸評 その331~335

今日はずっとDVD見てましてん。
ていうか、日記の更新が少ないのは、日ごろただでさえ少ないネタを、
話題馬寸評を書くたびに一言更新して消費しているからの様な気が。
ということはこれは日記か。日記か。

寸評その331(7月25日執筆)
スズカアトラス 牡
父アフリート
母ワキアオブスズカ(母父ダンスオブライフ)
兄スズカドリーム(京阪杯)近親サイレンススズカ
黒本94ページ、丸ごと46ページ、赤本30ページ、青本27ページ
評価C(中位指名級)

育成の評価は高いらしく、この牝系らしいスピードがあるとか。
この母の産駒としては、母父ダンスオブライフ(ニジンスキー系)と、父アフリートがニックスとなり、
兄スズカドリームより期待できるのではなかろうかと思っている。

寸評その332(7月25日執筆)
ゴールドオアシス 牝
父アフリート
母ヴェルシエンカ(母父Nijinsky)
全兄イシヤクマッハ(グランシャリオC)
黒本95ページ
評価D(下位指名級)

この馬はすでにデビューし、2戦3着2回。
使いまくられて期間内3勝のイシヤクマッハより、現時点では上の成績。
今後に期待。

寸評その333(7月25日執筆)
ビクトリアスズランの03 牡
父クロフネ
母ビクトリアスズラン(母父サンデーサイレンス)
近親セイコーサンデー(3着目黒記念)
黒本101ページ
評価D(下位指名級)

「母父サンデーの取捨は牝系にサンデー産駒の活躍馬が居るかどうか」説を挙げているので、
一応重賞で何回か入着しているセイコーサンデーを近親に持つこの馬も合格点ということで。
若干セイコーサンデーとは遠縁で、この分枝には1勝馬までしか居ないのが気がかりだが。

寸評その334(7月26日執筆)
カイマナリオ 牡
父クロフネ
母プリンセスデージー(母父スリルショー)
兄サイレントセイバー(2着福島記念)
黒本102ページ、丸ごと52ページ、青本11ページ
評価D(下位指名級)

兄がサイレントセイバーで他に活躍した兄姉なしという、寸評書いて指名しない、というタイプだが、
なぜ世間評価が高いかといえば馬主が金子氏だから。
セレクトセールで金子氏が落札した馬は走るというのが最近の定石。
クロフネ産駒の成績からも悪くはないが兄からもローカル向きか。

寸評その335(7月26日執筆)
ミロンガ 牡
父クロフネ
母パンパードスター(母父Star de Naskra)
兄シルヴァコクピット(きさらぎ賞、毎日杯)
黒本103ページ、赤本50ページ、青本11ページ
評価D(下位指名級)

兄も期間内に活躍したし、父の産駒も出足好調。
その1個上の兄スターシャンデリアもユニコーンS3着馬で、能力は充分。
母はその後サンデーとの間に活躍馬を出せなかったが、父が替わってまた活躍馬を出してくる可能性も。
[PR]
by blue_blog | 2005-07-26 01:01 | 青色POG

話題馬寸評 その326~330

とりあえず体調不良・・・
馬券は買い間違えたし最悪。3000円以上損した。

寸評その326(7月23日執筆)
(父) オースミシャインの03 牝
父スペシャルウィーク
母オースミシャイン(母父シンボリルドルフ)
姉アズマサンダース(京都牝馬S、2着桜花賞、チューリップ賞、札幌2歳S)
黒本76ページ
評価D(下位指名級)

父はポストサンデーの期待が高い馬で、母はサンデーとの間に活躍馬を出している牝系。
母の産駒アズマサンダース、祖母の産駒マジックキスが重賞制覇。
サンデーの血が生きれば活躍の可能性は高そう。

寸評その327(7月24日執筆)
(父) コスモマゼンダ 牝
父スペシャルウィーク
母ビューティディクテイタス(母父Key to Content)
兄テイエムトップダン(毎日杯)
黒本78ページ、丸ごと55ページ
評価D(下位指名級)

兄は期間内の重賞勝ちがあるものの、その後10年ほど活躍馬を出していない母。
この馬は17歳時の産駒となり、若干母体の高齢化も気になるお年頃。

寸評その328(7月24日執筆)
トウカイポリシー 牡
父エルコンドルパサー
母トウカイティアラ(母父サンデーサイレンス)
近親トウカイテイオー
黒本81ページ、赤本31ページ、青本27ページ
評価C(中位指名級)

母は、トウカイテイオーの妹で、OP2着2回など、それなりに活躍した。
初仔となる兄のトウカイフラッグは3歳にして、ブライアンズタイム×サンデーの配合の中では4番目の獲得賞金(27頭中)と考えれば、1勝という成績も悪くはなく、母の繁殖能力は見限れない。
父が替わって、一応重賞勝ち馬なども出ており、成功の可能性もありそう。
この配合もアベレージはさほど高くないが、2世代ともに期間内にOPクラスの勝ち馬を出しており、大物の可能性は充分。

寸評その329(7月24日執筆)
テオティワカン 牡
父エルコンドルパサー
母サンデーピクニック(母父サンデーサイレンス)
母は仏G3勝ち
黒本83ページ、丸ごと201ページ、赤本49ページ、青本10ページ
評価A(1位指名級)

父も母も日本調教で、今の海外遠征に先鞭をつける欧州重賞勝ちを果たした、歴史に残る活躍馬。
母の初仔で、父はラストクロップだから、ほぼ同時期に欧州で走った2頭の、唯一の配合機会に生まれた馬ということになる。
歴史的名馬である父は夭逝し、3世代目のこの世代がラストクロップ。
血を繋ぐ後継の出現が待たれるだけに、この馬にはそれだけの期待をしてしまう。

寸評その330(7月24日執筆)
ストラトス 牡
父タイキシャトル
母ゴールデンジャック(母父アフリート)
兄サイドワインダー(京阪杯、京都金杯)
黒本90ページ、丸ごと42ページ、赤本30ページ、青本27ページ
評価D(下位指名級)

母はクラシック戦線を沸かせた馬だが、その産駒は若干晩成傾向。
思えば母も年明けのデビューなわけで、POG向きの早熟血統ではない模様。
そういう意味でPOGという観点からは評価を下げざるを得まい。
[PR]
by blue_blog | 2005-07-23 23:01 | 青色POG

話題馬寸評 その321~325

今日はオールスター見終えたら道場行くよ。

寸評その321(7月22日執筆)
(父) ボビン 牡
父テイエムオペラオー
母ブラダマンテ(母父Roberto)
兄ビッグバイアモン(ラジオたんぱ賞)姉スティルインラブ(牝馬3冠)
黒本47ページ、丸ごと195ページ、赤本32ページ、青本60ページ
評価C(中位指名級)

父は期待の新種牡馬、母は牝馬3冠馬を出すなど実績のある繁殖。
ビッグバイアモンは故障に泣いたが、その能力の高さはG1級だった。
そんな馬の弟だから、重賞級の期待も可能だろう。

寸評その322(7月22日執筆)
(父) コスモプラチナ 牝
父ステイゴールド
母グレースマリヤ(母父グルームダンサー)
姉コスモフォーチュン
黒本54ページ
評価D(下位指名級)

デビューから2戦連続2着。
さすが父の産駒だと思わせる2着っぷり。
ちなみに、父はデビューより2戦連続3着。今のところ父より上。

寸評その333(7月22日執筆)
スマートサイクロン 牡
父グラスワンダー
母ワコーチカコ(母父リヴリア)
黒本58ページ、丸ごと46ページ、赤本33ページ
評価E(補欠級)

母の産駒成績はなかなか上がらないが、その力を受け継いだ産駒を生んでくれれば期待できる。
とはいえ、書籍掲載段階で仕上がりに関しても遅そうで、指名候補としてはイマイチ。

寸評その334(7月22日執筆)
(父) バリアシオンバレイの03 牡
父サッカーボーイ
母バリアシオンバレイ(母父サンデーサイレンス)
近親スズノマーチ
黒本70ページ
評価C(中位指名級)

母の全姉の仔にスズノマーチ。母父サンデーということで、攻略のツボからして、「活躍馬を出す牝系が決まっている」みたいなことを書いたのだが、
その辺からも期待の1頭。父サッカーボーイが、母父サンデーでアイポッパーを出しているのも心強い。
サッカーボーイが三振かホームランかという種牡馬だけに、全く走らない可能性もあるが、大物の期待もまた大きい。

寸評その335(7月22日執筆)
(父) デスバラード 牡
父トウカイテイオー
母ウィスパーモア(母父マルゼンスキー)
兄メルシータカオー(中山大障害)
黒本72ページ、丸ごと46ページ、赤本33ページ
評価E(補欠級)

すでにデビューして8着。
この時期、という血統ではないだけに、なぜ出てきたか、そして負けた、という結果を考えても、
前途はさほど明るくないのでは。夏を越えて、距離が伸びての上積みに期待したいが。
[PR]
by blue_blog | 2005-07-22 19:25 | 青色POG

話題馬寸評 その316~320

若干旬は過ぎたネタだけど最後までやるよ。
今月中に終わるといいね。

寸評その316(7月21日執筆)
ナスカ 牝
父サンデーサイレンス
母アンデスレディー(母父ノーザンテースト)
兄インティライミ(京都新聞杯、2着ダービー)姉オーバーザウォール(福島記念)
黒本14ページ、丸ごと13ページ、赤本57ページ、青本6ページ
評価B(上位指名級)

馬体のバランスはいい馬だと思うし、兄姉の勝ちあがり率も高い。
特に、佐々木晶厩舎には5頭の兄姉が入厩していて、すべて2勝以上する活躍。
それくらいは確実に勝ってくるだろうけど、「サンデーの仔で大物を出す繁殖」と、
「サンデーの孫で大物を出す繁殖」があまり一致していないのが、若干不安。
大物ではなくても確実に稼げるのだろうから、上位で指名するのも悪くはないが。

寸評その317(7月21日執筆)
クルジェアムールの03 牡
父キンググローリアス
母クルジェアムール(母父オグリキャップ)
兄エストレーア
黒本34ページ
評価E(補欠級)

兄は三連単1000万馬券の勝ち馬だったり、その次の昇級戦でも単勝万馬券という人気薄で複穴を開けたりした馬。
それだけ一時期成績不振だったということになるが、やはり勝ちあがり後の成績不振がその最大の原因。
兄姉の勝ちあがり率がよかったり、その後も2勝目、3勝目と挙げていたりして、この馬の指名を考えたくなるところではあるが、
期間内の勝ち上がりはエストレーア1頭だけで、そのエストレーアも期間内はその後惨敗続きで人気を落としていた。
本質的には3歳夏以降に1勝目を挙げ、コツコツ走っていくタイプで、POG向きとはいえない。
得意げに紹介されても困るし、それを真に受けられても困る。

寸評その318(7月22日執筆)
ヤマフノーザリーの03 牝
父サフロンウォルデン
母ヤマフノーザリー(母父ノーザリー)
姉エンゼルカロ(函館2歳S)
黒本36ページ
評価D(下位指名級)

馬名未決定ということで、2歳戦で燃え尽きたエンゼルカロの妹としては、
早期のデビューが期待されるだけにかなりマイナス。
Sadler's Wells直仔の種牡馬というのも日本では成績微妙なだけに、
あまり評価はできない。

寸評その319(7月22日執筆)
インスパイア 牡
父スキャターザゴールド
母フミノスキー(母父マルゼンスキー)
兄メガスターダム(ラジオたんぱ賞2歳S、中京記念)
黒本37ページ、丸ごと50ページ、赤本19ページ、青本16ページ
評価D(下位指名級)

種牡馬になったメガスターダムなどの大物を輩出しつつ、クズを出さない優秀な母。
この馬はどうやら故障したみたいで、父が仕上がり早の血統だけに、この出遅れは痛いが、
思ったより優秀な父だけに、何とか巻き返しを見せてほしい。

寸評その320(7月22日執筆)
(父) サンデーアイの03 牝
父エアジハード
母サンデーアイ(母父サンデーサイレンス)
兄アイポッパー、インマイアイズ
黒本42ページ
評価D(下位指名級)

上2頭はかなり能力を見せており、母は大物を輩出してもおかしくない繁殖。
しかし、父の産駒成績が微妙だし、母の産駒の本格化時期もPOGシーズンからは外れた印象で・・・
[PR]
by blue_blog | 2005-07-21 21:05 | 青色POG

話題馬寸評 その311~315

まだまだ寸評予定馬は数多く。

寸評その311(7月15日執筆)
(父) チェックシックス 牡
父フサイチコンコルド
母スパイシーレディー(母父ブレイヴェストローマン)
近親ホクトベガ
評価C(中位指名級)

母の姉に砂の女王ホクトベガ。
その血を受け継ぐ貴重な牝系だけに、ぜひともがんばって欲しい。
父もダートの活躍馬を出していて、主戦場はダートか。

寸評その312(7月15日執筆)
(父) キュートネスⅡの03 牝
父アグネスタキオン
母キュートネスⅡ(母父フォーティナイナー)
姉クリスタルヴィオレ(菜の花賞)
評価B(上位指名級)

姉は3歳OP勝ちがあるが、その父スキップアウェイの産駒を見ると、
晩成で、欧州の一流馬が日本の馬場に合わない、みたいな重苦しさを感じる。
父がアグネスタキオンに替わり、早熟性、日本の芝への適性とも大幅アップ。
そして狙うは桜花賞だ。

寸評その313(7月19日執筆)
(父) サクラプライム 牡
父サクラローレル
母サクラミラクル(母父Sadler's Wells)
POGの大穴(以下黒本)4ページ
評価D(下位指名級)

ここからはPOG本編。
紹介された馬を、POG本の発売順&掲載順にページを示しつつ、寸評していく。
さすがに、いの一番で掲載されているだけあって、馬体は文句ない。
これまでの母の産駒実績を見たらしり込みしてしまうが、
Sadler's WellsとBlushing Groomの取り合わせはテイエムオペラオーと同じ。
父母の系統が逆だが、この配合は大物の可能性を感じなくもない。
馬体評価との合わせ技で指名候補に。

寸評その314(7月19日執筆)
(父) ゼンノスコッピオ 牡
父アグネスタキオン
母ソングオブティアーズ(母父A.P.Indy)
黒本10ページ
評価E(補欠級)

この馬も元調教師が書籍でほめているものだから、馬体について俺がいい悪いを言っても、素人の戯言に過ぎないだろう。
未勝利に終わった兄、そして、関東の、まだ実績のない厩舎。
いい馬だとしてもプロフィールから指名にはリスクが大きい。

寸評その315(7月19日執筆)
ホーマンジュピター 牡
父サンデーサイレンス
母チアズエンジェル(母父Caerleon)
黒本12ページ、Gallop丸ごとPOG(以下丸ごと)34ページ、POGの達人(以下赤本)32ページ、最強のPOG(以下青本)58ページ
評価D(下位指名級)

サンデー×Caerleonの配合は、ピースオブワールド、アドマイヤジャパンなど、POG期間向きの活躍馬を出していて、信頼できる。
再来週にはデビュー予定ということだが、短距離向きとの話もあり、サンデー牡馬を指名するに当たってはちょっと躊躇うところ。
厩舎も「サンデーとの相性」を考えるとプラスではない。
[PR]
by blue_blog | 2005-07-15 09:44 | 青色POG

話題馬寸評 その306~310

さてクラブ馬編も終わりが見えてきた。

寸評その306(7月15日執筆)
(父) フェアリーメーカー 牝
父タマモクロス
母ソシアルメーカー(母父マルゼンスキー)
全兄テイエムトッキュー(カブトヤマ記念)
評価D(下位指名級)

父の産駒もあとわずか。
まだまだ活躍馬を出して欲しい。
そして後継種牡馬が欲しいとの願いはこの馬には関係なく。(牝馬だから)

寸評その307(7月15日執筆)
ビクトリーユーゴウ 牡
父コマンダーインチーフ
母ミスマルコチャン(母父ブレイヴェストローマン)
兄ミスターマルオクン
評価D(下位指名級)

全姉のオカノスピカは長く準OPクラスで活躍した。
しかし、仕上がりも遅くPOG向きではない印象。

寸評その308(7月15日執筆)
ネオカラー 牝
父クロフネ
母ナギサ(母父マークオブディスティンクション)
母は2着京都牝馬特別、4着エリザベス女王杯
評価C(中位指名級)

母は重賞戦線で活躍した可憐な牝馬。
仔もソコソコ活躍していて、この馬も期待大。
ナギサ、好きだったんだよなあ。

寸評その309(7月15日執筆)
(父) ラフェニーチェ 牝
父テイエムオペラオー
母オットム(母父Shirley Heights)
兄テナシャスバイオ(2着鳴尾記念)
評価D(下位指名級)

兄はリズムの代表産駒といえる1頭で。
とはいえ、それ以外に活躍馬とか全くいない母の産駒。
10歳上の兄が活躍馬とはいえ厳しそう。

寸評その310(7月15日執筆)
(父) プレゼンスウーマン 牝
父サクラローレル
母ステファーナ(母父リアルシャダイ)
兄プライドキム(全日本2歳優駿)
評価C(中位指名級)

兄は現3歳でシーチャリオットを下してG1馬になったプライドキム。
母の産駒が他に活躍していないのが気になるものの、
父の産駒は結構毎年クラシックに乗ってくるので期待大。
[PR]
by blue_blog | 2005-07-15 08:08 | 青色POG

話題馬寸評 その301~305

ブログメンテナンスやら、PCの故障やらで更新が中途半端にとまってたので、
最後までやっちゃおう。

寸評その301(7月14日執筆)
メルヴェイユーズ 牝
父エルコンドルパサー
母ノースフライト(母父トニービン)
母はマイル無敗の女王
評価D(下位指名級)

母は期待されながらも一級の産駒は出せていない。
それでも、安定した成績を残しており、繁殖としての能力は高い。
ただ、若干晩成傾向もあり、POGでは指名しづらいか。

寸評その302(7月14日執筆)
プレーミオ 牝
父グラスワンダー
母シクレノンビオス(母父ノーザンテースト)
兄アサクサゴーフル(種牡馬)姉クロッサンドラ
評価D(下位指名級)

兄姉が一応の成績は残している。
しかし、活躍時期からしてPOG期間ということでは完成度の低い血統だし、
兄姉の走った2頭は父サンデー系。
一応父系は同じということで何とかならないか。

寸評その303(7月14日執筆)
(父) フローラルアート 牝
父アグネスタキオン
母ステファニーチャン(母父アーミジャー)
母は4牝特・西2着
評価D(下位指名級)

母はクラシック戦線でソコソコの活躍をした馬。
初仔は未勝利で苦戦をしているが、父がアグネスタキオンに替わり、
2番仔ということで上積みも期待できそう。

寸評その304(7月14日執筆)
(父) フェアレスジュエル 牝
父メジロライアン
母ミドルフォークラピッヅ(母父Wild Again)
兄オースミステイヤー(3着京都新聞杯G2)
評価D(下位指名級)

兄オースミステイヤーは期間内にそれなりに稼いだ。
父もクラシックで活躍する馬を出しており、早熟性に問題はない。
他の兄姉も結果を出していて、母の繁殖能力は堅実。
この馬にも堅実な期待が可能。

寸評その305(7月14日執筆)
(父) エヴァブルーム 牝
父スペシャルウィーク
母イングリッシュホーマー(母父Conquistador Cielo)
兄トウカイパルサー(愛知杯G3)
評価D(下位指名級)

父は現3歳の活躍で評価を上げた種牡馬、母も重賞勝ち馬を出しているということで、
期待は大きいし、スペシャルウィークの産駒の仕上がりの早さは出色で、
そのあたりうまく出ればいいとは思うが、母も高齢でどうかと。
[PR]
by blue_blog | 2005-07-14 12:24 | 青色POG
続いて牝馬編

馬名未定 牝
父ブライアンズタイム
母ビワビーナス(母父トニービン)
厩舎未定

父が最近ダート馬量産傾向とか、母父で失敗っぽいとか、後継種牡馬がイマイチとか、
いい話題がないし、この牝系とのニックスで活躍馬多数といいつつ、
この分枝(パシフィカス系)だと牝馬の活躍馬がいないとか、
不安も結構ありつつ、この牝系が好き。

ソアリングピアス 牝
父エルコンドルパサー
母エアウイングス(母父サンデーサイレンス)
厩舎未定

父エルコンがヴァーミリアン他で母父サンデーで走る馬を出したことを受けての指名。
姉にウイングレットで母の繁殖能力も充分なので、この馬にも期待。

ネヴァカグラ 牝
父アグネスタキオン
母エイブルカグラ(母父ジェイドロバリー)
栗東・伊藤雄厩舎

母の産駒にアスクコマンダー他、期間内の活躍馬がいて、確か、初仔から2頭、期間内に活躍した後の仔が、
ピルサドスキー産駒でそれ以来活躍馬に恵まれていないがそろそろまた活躍馬を出してほしい。

コスモマリアージュ 牝 0-0-0-2 賞金0
父マイネルラヴ
母フォレストブリーズ(母父ファストトパーズ)
栗東・中村均厩舎

マイネルラヴ産駒でそれなりに評判のいいやつを、と思っての指名。
しかし、今年のマイネル、コスモは不調だね。
マイネルラヴ産駒は叩き良化型、マイネルラヴ産駒は叩き良化型。
(気を静めるための呪文)

グランプリムー 牝
父テイエムオペラオー
母アンダンテ(母父サンデーサイレンス)
栗東・田所秀厩舎

テイエムオペラオーの仔って成功するのかなあ。
と思いつつ、母父サンデーから1頭指名。

<総評>
ほとんどの馬は血統をベースに、馬主のプロフィール+血統、とか、そんな選び方をしてみました。
どんな結果が出ることやら。
(ダイアモンドヘッドで全ハズレは回避)
[PR]
by blue_blog | 2005-07-12 21:13 | 青色POG
P-1ぐらんぷりについてはこちら

馬名未定 牡
父クロフネ
母ベラジョルナータ(母父Afternoon Deelites)
厩舎未定

母は、海外セールで高値で落札され日本で競走生活を送るはずだったが、
馬名決定直後に故障引退。母の身体的不安が出るか、トレーニングセールで見せていた、
高いパフォーマンスが出るか。同じ海外セール出身クロフネとの仔ということで、
大物の期待をしているが、現時点では情報が少ない。
クロフネ産駒の成績が今のところかなりいいのはプラス材料。

ダイアモンドヘッド 牡 1-0-0-0 賞金700
父サンデーサイレンス
母ダンジグウィズウルヴス(母父Danzig)
栗東・池江寿厩舎

指名意図を書く前に新馬勝ち。
「ノースヒルズが他から買い付けたサンデー産駒」という成功パターンに乗ってみる、というだけの指名。
ちなみに、過去のこのパターンの成功例代表はスティルインラブ。
母父Danzigも堅実に稼いでくれそうでいい。

エイシンバイキング 牡 0-0-0-1 賞金110
父Seeking the Gold
母エイシンオースチン(母父Seattle Slew)
栗東・藤原英厩舎

エイシンの○外を獲ろうと思って、とりあえず父が一番大物っぽいコレに。
自家生産で父が大物ってことは、母の期待度も一番大きいんでしょう。

馬名未定 牡
父アドマイヤベガ
母クラシーク(母父Rainbow Quest)
厩舎未定

この馬も、「ノースヒルズが他から買ってきた馬」シリーズ。
適当にセレクトセールのリストから選んだんだが。
でも、アドマイヤベガ×Rainbow Questという配合も成功例アリだし、
これで問題ないだろう、ということで指名。

スターアリエス 牡 0-0-0-2 賞金70
父フレンチデピュティ
母スターアルファ(母父サンデーサイレンス)
栗東・角居厩舎

デビュー2戦の結果はイマイチ。
「母父サンデーの成功パターンに一応合致」
「この馬の兄を指名したことがあった」
ということで指名したが、この配合、牝馬にしか成功例がなかったんだよなあ、去年。(すでにちょっと反省)
[PR]
by blue_blog | 2005-07-12 08:23 | 青色POG

1開催終了~道場POG

道場POGの今開催成績。

出走
チアズガディス 新馬 1着
道場POGはっちぃ7位
デスバラード 新馬 8着
道場POGさすらいの名無しさん5位

馬名決定
ロジック(母エイプリルドラマ)
道場POGさすらいの名無しさん8位
[PR]
by blue_blog | 2005-07-11 08:40 | 青色POG