Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2004年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

36

土曜は、サークルの新入生歓迎会があったのだが、
昼はウインズで全レース購入をやってきた。

全レース購入は、俺の年に1度のイベントで、かつて、東西で発売が制限されていた頃、北海道開催の時期に、買えるレース数が全国的に27レース(後に最終レースが全国発売になり28レース)と最大になることから、とにかく馬券を買い捲る精神修行として、この時期に実行することにした。

大体その効果は絶大で、毎年、年始が馬券の調子がよく、その後毎年大スランプに陥るのだが、この全レース購入を機に復活するのである。

ということで、去年あたりより、全レース、ウインズで売るようになり、北海道開催に標準を絞ってこれを実行する必要もなくなってきた感があるが、年に1度の風習ということで、昨日実行した。勿論、全36レース購入、である。

で、表題の36、ということになったわけだが、前半はスランプを引きずってひどい成績。
午後、何とか持ち直したというか、午後はトントン。
控除率から、トントンといえる成績なら勝ちに等しいのが馬券、だけに、
午前 ボロ負け
午後 勝った気分

ということで、今後に向けて流れは良くなっていると信じることにしました。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-28 03:47 | 青色日記帳

アルツ氏近況報告

本日、サークル新歓の為、アルツ氏が久々にやってきています。
今夜新歓やって、明日朝イチで帰ってバイトだそうです。

どこか脳みそおかしいと思います。

で、アルツ氏は、現在、教員免許取得のため、科目履修生という形で大学に在籍し、
普段は地元で塾講師をしているそうで、近況を聞くと

「やっぱり中学生はアカンわ。」

とのことで、ロ○○ン疑惑のあるアルツ氏のこと、どうやら

小学生がいいようです。


注:あくまでネタです。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-26 05:18 | 青色日記帳

真の関西人めざして

はっちぃさん、すでに関西在住5年を数えるようになりましたが。

たこやきを自分で買った回数 2回(4年目にして初購入)
甲子園球場に行った回数 0回
道頓堀に飛び込んだ回数 0回
USJに行った回数 相手が居ない。(駅までは2回。)

と、イマイチ関西に来たことを楽しんでいるとはいえません。

そこで、今年中にしておきたい、大阪ならではのことをリストアップ。

近鉄戦を見に行く。(できればダイエー戦希望)
阪神競馬場に行く(すでに何度も行っていますが)
京都競馬場に行く(すでに何度も行っていますが)
大阪というあだ名のオンナノコに萌える。(女子高生)
隅田川の花火大会よりPLの花火のほうが上だと強硬に主張する。

こんなもので。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-25 08:47 | 青色日記帳
前回の話を要約すると(読みづらい文章で書いた本人の俺しかわからんと思うから、これ読んで前回のは読まなくてよろしい)こんなカンジ。

最近地方競馬とかどんどん潰れて、日本の馬産の規模の縮小が心配だよね。
ただでさえ、アメリカの5分の1以下の生産規模しかなくて、それが競馬のレベルに多少なりとも影響を与えているというのに。
生産規模拡張して、レベルアップする方策考えた方がいい、少なくとも生産規模を縮小しないで済む方策を。
ほら、アジア競馬って日本が主導しているところが大きいわけでさ、アジア市場みたいなものを作っていったらいいじゃない。

ということで、中国や韓国についてちょっと触れてみたわけです。
詳しいことは本当は知らないんだけどね。

韓国馬事会が、日本に馬の買い付けに来ていることに触れて、こういう交流がもう少し拡大すればいい、と思うわけです。
実際在日系のオーナーあたりで既に少しずつ始まっているわけですが、日本の競走馬が韓国に移籍する、というようなことももっとあっていい。
逆に、検疫とかしっかりして、韓国の強い馬が、日本の重賞に挑んでみるのもいい。

生産ベースでは、韓国の肌馬が日本に種付に来てもいい。
軽種馬協会がらみでは、それなりの種牡馬(ちょっと前ならシンウルフとかマークオブディスティンクションとかのレベル)を九州においているから、そういう馬の種付枠を協会外向けレートで付けさせる。
それとか、牧場に戻れるかどうか微妙な牝系だけはいいような肌馬を寄贈するとか、エアダブリンのような、イマイチな良血種牡馬はくれてやるとか。一部もうやっているが。
逆に、そういう輸出した馬から名馬が出てきたら、日本が出かけていって買い付けてきてもいい。

要するに、そういう馬資源の交流をしていくことで、血統的なレベルアップにも繋がるし、そういうことをやっている間で技術交流が出来たりするわけで。
それで香港競馬もアジアから買い付けてくれるようになれば(地理的要件から、結構そうなる確率は高いと思うのだが)、生産頭数もさらにアップ、というので万々歳な話で。
そういう相乗効果というのは、ヨーロッパ競馬でも実際にあった話で、地理的要件で言えば、フランスとイギリスより、九州と韓国の方が近かったりするので、決して無理な妄想をしているわけではない。

日中韓あたりを中心にアジア競馬が発展、さらにフィリピンあたりでも生産、競馬は始まっていて、数年前には南関東にフィリピン産馬が数頭輸入されているし、ジンガロ(初期のはっちぃさんのPO馬でもあった、タヤスツヨシの全弟)がフィリピンで種牡馬をしている、という。
このあたりも、アジア競馬の枠内に入ってきてもいい。広くやっていくことが大事。
シンガポールやマレーシア辺りもこの枠に取り込めたらいいと思う。

サラブレッドは寒冷地原産で、暖かくて風土病もある九州は馬産には向かない、という話を聞くけど、さらに南のフィリピンでも生産は出来ているわけで、本当に問題なのかと。
サラブレッドの原産地イギリスといえば確かに寒冷地仕様だけど、三大始祖といえば、バイアリーターク(トルコ馬)、ダーレーアラビアン(アラブ馬)、ゴドルフィンバルブ(北アフリカ馬)という温暖地馬との混血で、問題はないのではないかと。
それより、馬を扱う歴史の問題ではないか、といわれるわけで。

つまり、そのノウハウは日本でも積まれていくわけで、日本発アジアの競馬、のノウハウづくりを今はやっている段階。
そして、新たな日本競馬の飛躍の足がかりは、日本発アジア競馬がいっちょまえの存在になることなのかもしれないと思っておるわけであります。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-24 07:56 | 青色文庫

ながれたよ

何とか、ポン・ウインネッケ流星群の観測に成功。

2個ばかり流星を捕らえました。
こらえ性のない俺。
もう飽きています。観測に。
一人で寝転がっているだけってのも淋しいものです。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-24 00:34 | 青色日記帳
1920年代以降出現が途絶えていた「ポン・ウインネッケ流星群」(うしかい座流星群)が、今年は活動しそうだ。そして、その出現が今夜起こる。

1998年、数秒間の突発出現で数十年ぶりに出現をした「ポン・ウインネッケ流星群」だが、1998,2002年のしし座流星群を的中させた「ダストトレイル理論」によって出現予測がだされた。

当初予測ではしし座流星群を彷彿とさせる大出現が予測されたが、最新の予測ではそれほどの出現はないのではないかとされている。
しかし、いずれにしても、地球規模で見て6年ぶりの出現、そして、多くの観測者にとって生まれて初めての観測となるであろう「ポン・ウインネッケ流星群」に注目である。


つまり、更新再開早々、更新されない(観測してるから)可能性があるので先に謝っておく、という趣旨です。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-23 01:23 | 青色日記帳
ファイルの作成とか色々めんどくさくて更新しなかったり、ドラフトだなんだと帰省してたりで忙しかった最近。

そういえば、安田記念の回顧をしていなかった、と、ケータイから送ったメモを開いてみた。

「今日び、安田といえば安田大サーカスなんだよ(逆切れ)」

思い出さなければよかった、とこれほどまでに思ったのは多分、初めてだ。

わーい、お赤飯だね。(違う)
[PR]
by blue_blog | 2004-06-22 03:39 | 青色日記帳

プロキオンSG3

G1では全馬についてコメントつけましたが、流石にしんどいので、
目に付いた馬だけでご勘弁。
ちょっと忙しくて、残務処理までで今日辺りまでかかってたし。
今夜辺りから通常更新で。

◎ 4 ビワシンセイキ 安藤勝己 単勝6.0倍
この路線の有力馬で、父も勢いがあり、早く種牡馬になれ、と。
このコース2戦2勝、このローテ8戦4連対と、絶好の狙いどころ。
前走4着は明らかに距離が長く、ここ目標の叩き台と推察して狙いに行きたいところだ。

○ 14 ニホンピロサート 小牧太 単勝3.7倍
この馬もダート短距離では有力で、前走までから斤量減で出られるのも狙い目。
◎との差はオッズにあり。

▲ 6 ブルーコンコルド 蛯名正義 単勝13.8倍
父の産駒は休み明けに良績を残す傾向にあり、バランスオブゲーム、オースミハルカなどの重賞勝ち馬がそれに該当する。
叩き2戦目、1ヶ月ぶりではあれど、前走休み明け体重減から建て直しに成功していれば、この1ヶ月は休養と同様の効果を見込める。
ダート1400勝ちもあり、ここは狙っていける馬。

△ 7 ツルマルファイター 角田 単勝13.2倍
これも3,4番手で差はオッズ。微差ながら一応オッズ順で優先してみた。
この馬もヒモには欠かせない馬で、勝ちきれないながら毎度上位に来る。
その安定感、安田記念で弟がG1勝ちした血統的な勢い、このコースでの堅実な実績から、3連複なら軸の1頭に選んでも良い。

△ 3 サカラート 池添謙一 単勝15.5倍
前走勝った勢い、皐月賞馬ダイワメジャーを出した勢いのある牝系、などと書いてみるが、
今後の母父サンデーサイレンス、といった意味でも注目の馬。
このコースの勝ちがあり、狙って見たいところ。

△ 15 インタータイヨウ 秋山 単勝24.6倍
今回、前走から条件全てが好転している。
その前走も大きく負けては居らず、巻き返しは充分ある。

△ 13 エイシンハンプトン 武豊 単勝3.3倍
上積みがありそうな馬に重い印を打っていったのでココになったが、勢いでは今一番怖い。
阪神実績もあり、ここは狙いを外すことは出来ないだろう。

無印 11 ギャラントアロー 幸 単勝7.8倍
下級条件でのダート実績から新味を求めてダート路線初戦、というのは消しの一手でいい。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-20 07:26 | 青色競馬予想

おひさしぶり

ドラフトとかいろいろあって久々の日記更新。

ていうか、前回ブログで書いた日記をHTMLに上げないまま更新停止していたけど、そのまま放置の方向で。

めんどくさいとか、いろんな理由があるんだけど。

多忙などの理由とはいえ、更新間隔が開くとそれだけ更新のネタになるので、ネタ不足(主に実家にネット開通などで実家がらみのネタ自粛による)の時にはいいなあ。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-18 15:39 | 青色日記帳

MAJOR

リアル版MAJORことヤクルトの吉田投手、任意引退

そーす
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20040608-00000021-kyodo_sp-spo.html

東海大相模高校を1ヶ月で退学して公立高校からドラフト指名、という、サンデーの人気漫画「MAJOR」をリアルに行くプロフィールで人気のヤクルト、吉田投手が、入団からわずか半年で任意引退となった。
卒業試験のためということでキャンプイン直後に地元に戻って以降球団に復帰できなかったそうだから、よほどの重症なのか。

どうやら、内臓系の疾患で、選手としてやっていけるかどうか微妙らしい。
本人の申し出で任意引退となったが、これは復帰の可能性を見越してのこと。
何年か後に元気な姿を見せて欲しい。


このニュースを、道場の同級生(未紹介)、MAJOR氏に送信しようと思ったが、素で殺されそうなので中止。
とかいいつつ、今年1月の氏の誕生日にプレゼントとして、ジャイロボールの投げ方を解説した本と、硬式練習球を渡して殺されかけたのは内緒の話だ。
[PR]
by blue_blog | 2004-06-10 02:46 | 青色日記帳