Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー

<   2004年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

タップダンスシチーが凱旋門賞に向かうことになったらしい。
一度は飛行機の故障で直前輸送が出来なくなるということで回避ということになったが、
都合がついて超がつく直前輸送になったらしい。
それは不利な条件かもしれない。
特に騎手がその競馬場で乗ったことがないと言うのが致命的。
それ故に、無謀だとか、その態勢について意見がある人も多いだろう。
しかし、直前輸送も一つの遠征の作戦である。
図らずもこういう輸送方法になった、という計画の若干の狂いは心配であるが、
こういう経験の蓄積が後に生きることを祈って、応援しておこう。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-30 04:53 | 青色日記帳
俺の応援する北海道日本ハムファイターズがプレイオフ進出を決定した。

思えば、昨秋。
原監督解雇に巨人を見限った俺。
プロ野球好きとして、ニワカといわれようと、応援する球団が欲しい。
北海道で新たに地域密着を謳うチーム。
そして、プリンスこと新庄選手(以下プリンス)が入団することが決まった、日本ハムを応援することに決めたのだった。
そんなこんなで、北海道日本ハムファイターズに対する愛着というより、プリンスに対する個人的な応援、
そして巨人に対して目覚めたアンチ的感情(そういう意味で、
昨年まで日本ハムが巨人と同じ東京ドームを本拠地にしていたということも何か因縁めいたものだ)
という側面が大きかったが、一応、今年は日本ハムファンを公言していた。

ということで、今日の決定には素直に喜んでおこう。

しかし。
一つ、大きな疑問がある。
プリンスは、本当にプリンスだったのか。
ニセモノではないのか。

証拠物件として、これまでのプリンスの成績を挙げてみよう。
ウエスタンリーグ(阪神タイガース)通算成績 .248
セリーグ(阪神タイガース)通算成績 .249
メジャー(メッツ、ジャイアンツ)通算成績 .245

これを見ても分かるとおり、プリンスこと新庄剛志が本物であれば、
今年の成績は不可能である。
.298という数字は2軍でのキャリアハイすら1分以上更新する記録である。

ということは、今年のプリンスの中の人は誰だろう。
謎は残る。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-28 04:30 | 青色日記帳
アルツ氏を中心とするサークルの友人たちは、妹という言葉に過敏に反応する。
アルツ氏らは、サークルの友人に妹が居ると聞きつけるや否や、その実家を襲撃し、妹を見て帰ってくる、という悪行を繰り返していた。
ある時など、アルツ氏の実家のある広島まで他のメンバーを引き連れて向かい、こともあろうか、アルツ氏の妹と麻雀を打って帰ってきたという。
この時には、同行のアラン氏が、アルツ氏の妹に満貫振り込む、という情けない男っぷりを見せて帰ってきたという報告もある。
無論、近畿近郊の妹たちなど当の昔に餌食となっており、サークルの後輩女性(2002年9月22日日記参照。リンクはめんどくさいから張らない)など、サークル合宿に妹を連れてくるという壊れっぷり。
ちなみにこの時にははっちぃさんが一番暴走しており、ネタのためだけに当日坊主頭で登場したり、未成年な妹さんのために自腹を切ってノンアルコールビールを含む、1週間の生活費を殆どぶち込む散財をしてみたりした。

しかし、これらの各人の暴走も、アルツ氏主導で計画されたこの事件の前座に過ぎなかったわけで。

ようやく後期試験も終わり、一息ついたある日のこと。

アルツ氏からの電話。
はっちぃ「もしもし。」
アルツ「おう、はっちぃか。おまえんちに行くことになったから」
はっちぃ「は?俺んち今思いっきり散らかってて人っ子一人入れる状況じゃないぞ」
アルツ「そんなことは分かってる。大丈夫だ」
はっちぃ「は?どういうことだ?」
アルツ「いや。行くのはお前の実家だから」
はっちぃ「でも」
アルツ「いいから、お前の親に話しておけ。あと、妹は家にいるだろうな」
はっちぃ「・・・わかった。その代わり交通費お前ら持ちってことで」

ということで、妹ツアー史上最遠記録、最もアホなツアーが始まるのであった。
大阪→山梨の長丁場。
何しろ、夜中、日付が変わる前には大学を出た一行。
はっちぃさんの実家にたどりつく頃には銀行が開いていた。約11時間の行程。
たどりつくと妹その2が在宅中。
挨拶して仮眠を取る俺ら。帰ってくる妹その1。
この時点で目的達成。

しかし、はっちぃさん宅にはさすがに5人もの客人を受け入れる余裕がなかったゆえ、祖母宅にて宿泊。
翌日は昼前始動。温泉地でウインズがあることでも知られる石和温泉へ向かう一行。
温泉に入るアルツ氏ら一行。
ウインズに向かうはっちぃさん。
馬券をはずすはっちぃさん。
資金難に陥るはっちぃさん。
お小遣い貰うはっちぃさん。
損失補填するはっちぃさん。
温泉から出てくるアルツ氏ら一行。
オケラ街道を歩いてくるはっちぃさん。
合流して、はっちぃさんの実家に電話。
煽るトップ氏。はっちぃさんの父と麻雀勝負。
さっくり負ける父。勝つ俺。
役満あがる俺。結局俺とトップ氏の勝利。
そして夜中、出発。たどりついたのは昼近くのことだった。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-26 04:45 | 青色文庫
今日で、近鉄バファローズの、ホームでの全試合が終わった。
プロ野球は一つの時代を終え、激動の中に投げ出されようとしている。

大阪ドームに近鉄が本拠地を移したとき、近鉄という球団は役割を終えていたのかもしれない。
藤井寺球場で、地元のファンに愛された近鉄という球団は最早なかったのかもしれない。
でも、今日のホーム最終戦。
その時代の匂いを残した選手たちが、当時の力を見せて、サヨナラ勝ちという最高の形で
ファンに最後の雄姿を見せることが出来たのはせめてものの救いだったのかもしれない。

藤井寺時代の近鉄、そしてそのファンは、大阪南部の、だんじり祭りのような熱さを持った球団だった。
そういう、地域の匂いをぷんぷん漂わせた選手たちが集まっていた。
地域の、そういう匂いに選手が染め上げられていったのが真実だっただろう。

大阪南部の、この地域は、褒め言葉の意味でアホな、一本気な男たち、郷土を愛する男たちの集まりである。
今年、ハッピーマンデー導入で、9月15日のだんじり祭りが初めて平日になったこの地域で、
市役所職員の4割がだんじりのために有給休暇を申請して問題になったり、
転勤を申し渡されたこの地域の住民が、だんじりに参加できなくなる、という理由で
それを拒否して会社を辞めたりするような地域である。

それだけの郷土愛を持った熱い市民に、地域の誇りと応援されてきたチームが消える。
プロ野球の体制は12球団で保たれたとしても、バファローズという球団は消滅する。

それでも、熱い男たちの球団があったことをぼくらは語り継いでゆかなければ。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-24 23:07 | 青色日記帳
熱い夜がつづいている。
今夜も、俺のケータイが震える。
メール着信:1件

「今夜は寝かせないぜ」

そのメールに、俺は身支度を整える。
さて、あいつのところにいくとするか。
正直しんどいと感じることもあるが、
このメールには逆らえない。
俺はあいつが好きなのさ。

<意訳>
暑い夏の夜のこと。
ケータイが鳴った。
あほさんからのメールだ。

「今夜打つで」

仕方がないので身支度をする。
さて、今夜は麻雀だ。
カネとか体とか。正直しんどい。
でも、メールが来たからには行くしかない。
俺は麻雀が好きだから。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-23 23:02 | 青色日記帳

俺の風邪薬

はっちぃさんは今夜も競馬バカ。

「アー、頭イタイ。カゼ引いた・・・」
と日曜の晩の俺。
「あ、そういえば変則開催で明日も競馬だ」
とウキウキ気分で眠りにつく俺。
カゼ引いて頭痛いのにウキウキ気分で眠る俺。
既に阪神版と札幌版の競馬ブックは買ってある俺。

朝。
というか、3時間しか眠れなかった俺。

カゼ全快。

こんな、
「競馬が一番の風邪薬」はっちぃさんと、
麻雀が一番の風邪薬」アルツ氏が、
M-1グランプリに適当気分で応募しています。よろしく。(宣伝)


というわけで、風邪薬を飲まなかったのは前回ちょっと副作用が出たから。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-22 22:25 | 青色日記帳
3連単なんて馬券、存在しない。

そして、俺には、何故か財布の中身を無意識にばら撒いてしまう性癖がある。

そう考えた方がまだ自然なくらい、3連単が当たらない。


でも、多分来週も9R以降3連単買い漁る俺。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-20 18:00 | 青色日記帳

秋の味覚

もう秋ですね。
最高気温30度超えてるけど。

秋といえば、秋刀魚。
はっちぃさんの秋刀魚好きはとどまることを知りません。

例えば、今日の晩御飯は、

秋刀魚塩焼き定食。

お代は500円なり。あれ、590円だったかな・・・

あ、そうだ、2軒行って両方で秋刀魚塩焼き定食食べたから、どっちも正解だ。(わざとらしく)


ってくらい秋刀魚が大好き。
秋刀魚があれば、この季節、他に何もいらない、というのは言いすぎですが、
秋刀魚と競馬があればこの季節何もいりません。

まあ、それもまた言い過ぎなんですが、それくらい秋刀魚好き。

高校時代には、こんなハートフルな会話をしたことがあるくらいです。

(はっちぃさん、帰宅)
母「今夜、何食べたい?」
はっちぃ「秋刀魚かな。大根おろしで」
母「え?」
妹「もう1週間も秋刀魚ばっかりだったから・・・」

秋刀魚ばかり晩飯に出す(手抜き)母に妹らが激怒していたらしいのです。
それに、はっちぃさんが秋刀魚を所望するものだから大変なことに。

いや、確かに秋刀魚ばかり続いていたのは分かってたんですよ。
でも秋といったら秋刀魚。
仕方がないことなのです。
(ウチの母親に関しては明らかに手抜きで、その証拠にこのとき俺以外皆ぶち切れだったのですが)

ちなみに、今日定食屋をはしごした理由としては、
「1軒目の秋刀魚の脂のノリがイマイチだった」
ということが挙げられます。
チェーン店でなかったら、
「主を呼べ」(海原雄山風に)
と言って大暴れするレベルでした。
ご飯おかわり自由だったので、お腹一杯になって帰る予定を変更して、別の定食屋まで行きました。
2軒目はそれなりに脂が乗っていておいしかったです。
まだ充分とはいえませんが、これから秋が深まるにつれて解消されうる問題です。

明日の昼と晩も秋刀魚を食べるため、明日も競馬に行きます。(自宅近くに定食屋がない←言い訳)
[PR]
by blue_blog | 2004-09-19 21:47 | 青色日記帳
プロ野球がストライキに突入ですよ。
こういう「史上初」の事態が大好きな俺としてはそれだけで楽しいのだが、
今回の所はこの話題を敢えてスルー。
表題にまでしているのに、プロ野球については全く語らないことにする。
あとで別の形で語ろう。

今回、俺が気になるのは、ある番組のインタビューで、
「プロ野球がない週末をどうしますか?」
という問いをされたあるオヤジの答え。
「競馬に行く」
と答えたオヤジがいたらしいのだ。

これは興味深いところで、競馬の売り上げがどれだけ増えるか、
ある意味テストケースといえよう。

とおもったら、今週のJRAはハッピーマンデーの3日開催で、
いつもどおりの週末開催じゃないから、テストになりませんね。
(ついでに、オチもありませんね)
[PR]
by blue_blog | 2004-09-17 21:39 | 青色日記帳
金沢競馬の記憶をわざとゴミ箱に捨ててきた俺。
というか馬券があたらなくてオケラになった俺。

茫然自失として金沢駅に降り立つ俺。
たしか、9時35分のバスに乗るためにバス乗り場に居たんだ。

今。
午後4時20分。
7時間ほどか。
こんなところで寝ていたのか?
財布の中身は・・・
減ってる。
家にたどりつくギリギリまで減ってるよ。

と、小芝居はこれくらいにして帰路に着くことにする。
4時55分に乗らないと、家までたどりつけない。
財布の中身など郵便局にいくなりなんなり解決法はいくらでもあるが、
体力的、予算的にもう1泊は無理。
となると、楽しみにしていた市場も郷土料理も全部パス。
腹減ったからマクドナルド。
ハンバーガーお持ちかえり。
店員お持ちかえりは無理。
ジュースは別に買って電車の中で食う。

ということで、帰りは湖西線を使用。
「時刻表をかしてくれ」
といってきた爺さんと話しながら大阪へ。
せめてこれが爺さんでなくてきれいなお姉さまなら・・・
旅の思い出など何一つなく、俺の夏の旅はおわった。
[PR]
by blue_blog | 2004-09-16 22:22 | 青色日記帳