Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

12月31日の日記2。


我が家では、法律によって、大晦日に見る番組は20年来、

「大晦日だよ ドラえもん」

と決まっている。
勿論、決めたのは俺。
今年も、この法律は強制執行された。
しかし、藤子F不二雄先生が亡くなって、
なじみの声優の皆様も引退される来年以降、この法律は廃止が決定した。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-31 23:30 | 青色日記帳

年末日記 雪の中。

さて、一気に更新しよう。
12月31日。

帰省して3日目。
初日、起きたら雪だった。
そして今日も。
南国、大阪から帰省して3日で2日も雪。
俺がいない間に、ここはどこまで雪国になったんだ。

結局、10センチほど積もり、雪かきをする。
こういうのは、本当の雪国に進学した弟妹、そして、雪国で大学生活を過ごした、
父母に任せて、雪に慣れていない俺は家のなかで暖まっているべきなんだ。

とか言いつつ、雪かきをする。
明日筋肉痛、確定。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-31 23:00 | 青色日記帳

今年の更新を終了します

12月28日~1月4日の間、帰省してきます。

というわけで、今年の更新は多分これで終了かと。

ケータイでブログに記事投げ→スキを観てどこかからHTML化

という流れで更新が出来ればと思っていますが、基本的に、
テキスト書く時間が取れても、R-1のネタ作らなければあと2週間しかないので、ピンチです。

学園祭のときにtype-α氏と企画宣伝数十分前に即席で結成、作成したネタみたいに
フリップの裏にカンペ作っていけば、ネタを覚える必要はないのですが、
それでも、ネタがまだ白紙なのはアレなので、ちょっと気合を入れて行かないとね。

年明けから、1月頭にはっちぃさんと会う機会がある方々
(帰宅した週中に麻雀があるだろうし、そのあと、金曜にサークルの新年会など)
ネタが出来ていたら勝手に披露させていただく予定。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-28 00:28 | 青色日記帳
そう、今日はM-1グランプリ決勝戦である。
はっちぃさんも、アルツ氏と組んで「純情ぷりん」として出場、
見事敗退した、その決勝戦が今日行われる。

というわけで、これよりテレビ観戦に入る。
年明けにはR-1ぐらんぷり2005にも参戦する。


昼間の事を聞いた奴は死刑。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-26 18:48 | 青色日記帳
結論を出す時間がやってきたようです。

有馬記念予想連続更新も、11回目にして時間を迎えそう。
というか、最終回です。
俺一人で、これだけ一気に記事を書くのも大変です。

第11弾「結論」
もう、簡潔に行きましょう。
最後に、前日オッズ見ながら、印を打って終わりです。

◎ 12 グレイトジャーニー 55 小牧太 単勝69.5倍
ここに来て、調子が上がってきたか、坂路の時計を2秒ほど詰めてきた。
菊花賞で着順こそ悪いにしても、レース展開を考えればいい脚を見せていた。
時計2秒詰まった分を考えれば、一気に勝負になる可能性も。

○ 6 シルクフェイマス 57 四位 単勝27.3倍
春のG1路線で有力どころ相手に上位に食い込んだ。
上位との差はあまりなく、有力どころが万全ともいえない中では本命でもいいくらい。

▲ 4 コスモバルク 55 五十嵐冬 単勝6.1倍
強いよ。評価については散々書いたからね。

▲ 11 ヒシミラクル 57 角田 単勝10.6倍
実力評価しつつ、「中山苦手」はかなり考えてかからねばならない。

△ デルタブルース、アドマイヤドン、タップダンスシチー、ゼンノロブロイ
[PR]
by blue_blog | 2004-12-25 23:59 | 青色競馬予想
いい加減疲れたよ。
もう、何を書けばいいのかワカラナイ。
下準備してないから、予想ネタ思いついたら書く、見たいな感じだし。

予想記事第10弾「ヒシミラクルの奇跡」

10回は更新したいから、もう1頭、有力馬を取上げるよ。
ヒシミラクル。

一昨年の菊花賞、昨年の天皇賞春、宝塚記念と、G1を3勝。
字面だけなら、立派な戦績である。
しかし、この馬の評価はイマイチ高まらない。
菊花賞が超人気薄。
その後、惨敗を続ける。
天皇賞春でまた人気薄の勝利。
G1を2勝したが、評価は上がらない。
万全を期して望んだ宝塚記念。
「1000万円超の単勝馬券を購入」ミラクルおじさんの出現。
それでも、単勝16倍の人気薄。
勝利。「ミラクルおじさん、2億円ゲット」
秋。初戦。
休み明けのもろさに、G1を3勝しながらも2番人気に甘んじる。
タップダンスシチーを捕らえ損ねる。そして、故障。

1年後。
天皇賞秋。
距離不安、休み明け不安。奇跡起きず。惨敗。
ジャパンC。
多少は調子が上向くも、本調子ではない。
一瞬、目が覚めるような脚を使ってみせる。復活の予感。

そして、有馬記念。
今度こそ、復活か。
今度も、奇跡を見せるのか。

不安要素。
まだ、100%には戻っていない体。
来年の春に向けて、今年の秋は体慣らしのつもりだった。
自身、一昨年の有馬記念では、追走すらママならぬ惨敗。
同じ父を持つナリタトップロードも、この有馬記念だけは、掲示板もままならぬ、相性の悪かったレース。
血統的な、この時期の中山競馬場適性のなさ。

いつも、色々な不安要素を囁かれ、G1の舞台にあがるたびに克服してきたヒシミラクル。
今年この有馬記念で、この不安要素を払拭できるだろうか。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-25 22:30 | 青色競馬予想
更新間隔が開き気味だね。

第9回は「コスモバルクの挑戦」だよ。

去年暮れから、JRA重賞に挑戦し続け、結果を出し続けてきた優駿、コスモバルク。
JRA挑戦のために毎回義務付けられた地方トライアル、中央でのトライアルを悉く勝利、
JRAのG1に挑み続けている。
今回で5回目となるG1挑戦、夢は叶うのだろうか。

秋、G1出走が3回目。
地方所属というハンデで、トライアルの前に地方で1戦出走。
その分、疲れがたまっているだろう。
今回、大井競馬場で調整という、これまでにないパターンを選択。
これが、当初は環境に戸惑った時期があったという。
どうしても、地方馬ということで、万全の環境を与えられない。
そんな中、今年最後の舞台、最後の夢。
夢は叶うのだろうか。

マイナスファクターは、上に書いたようにたくさんある。
それでも、疲れがたまっているのは、G1出走3回目は、
ジャパンCで後塵を拝したゼンノロブロイも同じ。
ダービー8着から、ジャパンCでは同じ競馬場、より強い相手に、東京競馬場も克服。
春の成績から、一番強い競馬を見せた中山競馬場が舞台。
距離が伸びての不安も、セントライト記念では中山芝2200のレコードを記録。
あと300メートル。距離は何とかなるだろう。
それでも、「自分の競馬」をして、一番強い、と言わしめるパフォーマンスを見せ続けて、なお届かないG1のタイトル。

スローペース、楽をした勝ち馬に唯一追いすがった皐月賞。
一転、ハイペースを作り、沈んでしまったダービー。
それでも自分の競馬をし、長丁場を粘って見せた菊花賞。
王者には一歩及ばなかった、ジャパンC。

しかし、絶好の舞台。
誰もが、ここでのコスモバルクの活躍を望んでいる。
ファン投票では、地方馬ということで無効票ながら、全体の投票数の1割を獲得したという。
1人10頭に投票できるから、殆どの人がコスモバルクに1票投じた計算になる。

今回、コスモバルク陣営はある「作戦」を立てた。
これまで、目標にされるレースをして、一番強いパフォーマンスを見せながら敗れてきた。
今回、あえて、自分のスタイルを変え、強い馬をマークして、
何とかG1のタイトルを勝ち取ろうとなりふり構わぬ作戦だ。
舞台は、これまで一番、強さを見せ付けてきた中山競馬場。
ただ、勝つために。
最後の勝負を賭ける。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-25 20:09 | 青色競馬予想
そろそろ何か書かないと(挨拶)

本気でネタ切れです。
麻雀中に寝起きにとネタを考えてみたものの、
思いつきません。48時間連続更新とか言いながら、台無し感満載です。
小休止と行きましょう。

せっかく、連続更新で、初めて青色競馬団を訪れてくださった方々、
有馬記念には少しだけ興味を持ってください。
はっちぃさんには少なからず興味を持ってください。
競馬に興味がない方、ログでも見ていってください。
競馬だけでなく色々やってます。

といったところで、第8回目の記事は終わり。
あとしばらく、ネタを考える時間をください。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-25 14:50 | 青色競馬予想
さて、7回目からはケータイからの投稿で。
第7弾のテーマは「探せ、年末のロマン」

有馬記念はこれまで、数多くのロマンを生んできた。
トウカイテイオーの364日ぶり出走での優勝、オグリキャップの復活、グラスワンダーとスペシャルウィークの4センチ差の死闘などなど。
そこで、今年一番ロマンの有りそうな結末を期待しよう。

奇跡の復活シナリオなら、ヒシミラクル。
地方馬の悲願、コスモバルク。
別路線のチャンピオン、アドマイヤドン。
秋古馬3冠のかかる、ゼンノロブロイ。

勝ったら伝説になりそうな馬たちはこれくらいだろうか。
これらの馬たちのなかに勝ち馬がいることを祈ろう。
[PR]
by blue_blog | 2004-12-24 23:28 | 青色競馬予想

予告編

これより、聖夜の道場マージャン2004が始まります
たぶん9時半くらいから。
ということで、パソコン担いで道場へ。
マージャン中にケータイで記事打って、合間ごとにHTML化作業します
ゆえにブログにアップされてからHTML化まで時間がかかりますが許せ(命令)
[PR]
by blue_blog | 2004-12-24 21:09 | 青色モバイル