Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー

<   2005年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

笠松から帰ってきてさすがに疲れでダウン。
朝になってしまった。
この後午前中は29日分更新(日記含む)。
で、ちょっと用事を済ませてから、天皇賞全馬を含む本日分更新。

寸評その36(4月30日朝執筆)
マイネルマズラー 牡
父ホワイトマズル
母ミホグレース(母父アスワン)
半兄マイネルベナート
評価D(下位指名級)

マイネル軍団の扱いの何が難しいって、こういう地味な産駒のほうが走るところ。
おかげで、寸評に取り上げておく馬が多くなりすぎている気がする。
ホワイトマズルもいい種牡馬だし、母もマイネルで活躍馬を出している。
入厩が遅めになるのがマイネル軍団としてはマイナス要素かも。

寸評その37(4月30日朝執筆)
(父)マイネノワール 牝
父ダンスインザダーク
母メジロレーマー(母父リンドシェーバー)
曾祖母メジロラモーヌ
評価C(中位指名級)

何故か活躍馬を耳にしない、メジロラモーヌの子孫たち。
マイネル軍団に見出されて今回は何か変わってくるのか?
父の初期の産駒には、メジロラモーヌの父モガミとの配合で活躍した馬が多かったりして、
中々に好配合のような気がする。

寸評その38(4月30日朝執筆)
(父)(市)マイネルポライト 牡
父アドマイヤベガ
母モデスティイトセルフ(母父Blushing Groom)
近親ヤマニン
評価D(下位指名級)

血統的にも去年活躍馬を出した父に輸入牝馬、それも早期デビューが期待できる血統に、
早期デビューが期待できる馬主、とPOGで下位指名するにはこれ以上のプロフィールはないのだが、
その調教情報はあまりよさそうではなく、今後の情報に期待しておくしかなさそう。

寸評その39(4月30日朝執筆)
マイネルカルディア 牡
父マイネルラヴ
母ラブリーグランマ(母父ノーザンテースト)
評価D(下位指名級)

去年新種牡馬として活躍し、とくにマイネル軍団との相性は抜群だった父に、
BMSランキング首位独走、今年も母父として高松宮記念、桜花賞を制覇したノーザンテースト。
配合的にはよいのだが、近親にそれほど活躍馬がいない。
マイネル軍団としてはそれくらいがいいのかもしれないが、厩舎ほかのプロフィールも地味だ。
情報を確認の上、下位で指名するのが上策だろう。

寸評その40(4月30日朝執筆)
マイネルタフティ 牡
父スターオブコジーン
母ランヤジェニー(母父ランドヒリュウ)
近親トウショウフェノマ
評価D(下位指名級)

スターオブコジーンとかの地味系種牡馬を無視できないからマイネル軍団の寸評は疲れる。
しかし、この馬、近親に活躍馬もいるし、母父・・・ランドヒリュウて。
まあ、いい種牡馬なんだけどさ。地味すぎるよね。
渋い血統を指名したい人にはいいのではないでしょうか。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-30 07:09 | 青色POG

お知らせ

今夜は時間もあるし、話題馬寸評をサクサクと進めようかと思っていたところ、
道場に呼び出され、また、明日笠松にオグリキヤツプ号がやってくるので、
時代の生き証人を一つ見ておこうと思い立ち、
仮眠を取っておりました。

これから道場へ、そのまま笠松へ行くつもりです。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-28 23:31 | 青色POG
なかなか終わりが見えない。
ラフィアンの後、サンデーR、社台RH、その他クラブ、
サラブレ、優駿、「POGの大穴」掲載馬と続ける予定なのだが。

寸評その31(4月28日執筆)
マイネルグリッツァ 牡
父マイネルラヴ
母マイネブリリアン(母父サッカーボーイ)
評価E(補欠級)

マイネルラヴの産駒で、それなりの動きを真歌で見せているらしいが、
近親にも活躍馬はなく、血統的にも評価はそれほど高くない。
それなりに調教では動いているようで、書籍でも取り上げられているので寸評対象としたものの、イマイチ押しに欠けるか。

寸評その32(4月28日執筆)
マイネルジュネス 牡
父サンデーサイレンス
母マイネレーベン(母父トウショウボーイ)
半姉マイネヴィータ(重賞2着2回)
評価D(下位指名級)

サンデーでこの評価は実質ランク外。
確かにサンデーらしい乗り味の良さを持っているらしいが、
ラフィアンの態勢ではこれまでサンデーでの成功馬を出していない。
今年、調教を変更したことが吉と出る可能性はあるが、
ことサンデーの取捨については無謀な賭けのような気がする。

寸評その33(4月28日執筆)
(市)マイネルファーマ 牡
父フォーティナイナー
母マルサンホマレ(母父サティンゴ)
半兄ミッキーダンス
評価C(中位指名級)

半兄の実績もあり、父の産駒も活躍しているが、期間内という点ではやや疑問ではある。
仕上がりは早いようで、そのあたり期待はしたいところ。

寸評その34(4月28日執筆)
マイネアミーラ 牝
父コマンダーインチーフ
母ミスシャグラ(母父Danzig)
全姉ミスイロンデル
評価C(中位指名級)

姉はその後が可哀想になるくらいに早い時期に賞金を稼いで燃え尽きた感のあった馬。
それが血統的な早熟性によるものなら、マイネル軍団の調教とマッチしそう。
予定厩舎がここ最近若干不調な様子なのが気がかり。

寸評その35(4月28日執筆)
マイネルブーバリス 牡
父チーフベアハート
母ミスティダンサー(母父ノーザンテースト)
評価D(下位指名級)

チーフベアハートはなんだかんだいって毎年1頭くらいクラシックトライアルには乗ってくるし、
大物も出してくる、その1頭を前年にマイネル軍団が掴んだことで、
その相馬眼を信じて指名してみたくなる1頭。
若干気性に難ありっぽいのがどう出るか、だろう。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-28 21:31 | 青色POG

話題馬寸評 その29,30

まだ夜にも更新するけど、時間があるので話題馬寸評を。
夜の更新も話題馬を進めないと。
本格的に時間がない。

寸評その29(4月28日朝執筆)
マイネルランプロス 牡
父ブライアンズタイム
母マイネゴージャス(母父トニービン)
近親マイネルブライアン
評価D(下位指名級)

この馬もオカノブルーの牝系。
この牝系はブライアンズタイム系と相性がいいようで、マイネルブライアン(父ブライアンズタイム)、マイネヴィータ(父ナリタブライアン)が活躍した。
この馬もその相性のよさが売りで、指名候補としては遜色ない。

寸評その30(4月28日朝執筆)
(父)マイネルネオス 牡
父ステイゴールド
母マイネプリテンダー(母父Zabeel)
姉マイネヌーヴェル(フラワーC)
評価D(下位指名級)

まだまだ仕上がり途上の模様で、マイネル軍団としては指名する要素に欠けるが、
ステイゴールドの初年度産駒で、姉に重賞勝ち馬がいる血統は貴重で、
ステイゴールドファンが下位指名するには何ら問題ない状態。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-28 06:11 | 青色POG

話題馬寸評 その27,28

27日分。
もう夜明けだと思っていたら、まだそんなには時間経ってなかった。
28日朝というより27日深夜でよかったね、これなら。
日が長くなったなあ。

寸評その27(4月28日朝執筆;27日分)
(父)マイネルラプタス 牡
父アドマイヤベガ
母マイグローリア(母父ブレイヴェストローマン)
評価E(補欠級)

昨年活躍を見せたアドマイヤベガの産駒だが、近親に活躍馬は見受けられず、
マイネルに入ったアドマイヤベガの産駒の成績も芳しくなく、
順調に行っていることくらいしかセールスポイントがない。
ほかにいい馬がいる、というレベルでは。

寸評その28(4月28日朝執筆;27日分)
マイネルアモーリオ 牡
父フレンチデピュティ
母マイネアモーレ(母父アンバーシャダイ)
近親マイネヴィータ
評価D(下位指名級)

マイネル軍団の基礎牝系であるオカノブルー系に属する。
この牝系は新馬戦とダート中距離に無類の適性を見せる。
ということで、仕上がり具合如何になるが、目先の1勝、ダートでの2勝目、
というあたりで指名対象にはなってくるが、クラシック云々とはまた別の話。
父の産駒の活躍馬が、国産では牝馬に集中したのも気がかり。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-28 05:43 | 青色POG

話題馬寸評 その25,26

26日分。
ちなみに26日は遊んでて更新しなかった。

寸評その25(4月28日朝執筆;26日分)
マイネルアンベータ 牡
父マイネルラヴ
母ベンテンサクラ(母父サクラチトセオー)
近親タフネススター
評価C(中位指名級)

現在真歌で1番のマイネルラヴ産駒といわれているのが当馬。
マイネルラヴ産駒はマイネル軍団の育成方針と合致した早熟性が人気で、
コスモヴァレンチ(小倉2歳S)マイネルハーティ(NZT)など、
活躍馬多数で、その産駒のなかで一番の出来、といわれれば当然のように指名候補に。

寸評その26(4月28日朝執筆;26日分)
(父)マイネルプロメッサ 牡
父スペシャルウィーク
母マークプロミス(母父トウショウボーイ)
近親アグネスタキオン
評価D(下位指名級)

アグネスタキオンなどとおなじ、イコマエイカンからの牝系に属する。
父の産駒も走っており、この血統に問題はない。
後は調教情報次第、ということになるが、現時点では『問題はなさそう』というレベル。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-28 05:16 | 青色POG

話題馬寸評 その23,24

原稿を書こうと準備していたところを道場に拉致され朝まで麻雀。
それでも25日執筆と言い張る。

寸評その23(4月25日執筆)
(父)マイネルデリュージ 牡
父マヤノトップガン
母ファストクリーク(母父スマコバクリーク)
半兄バクシンクリーク
評価D(下位指名級)

父はブライアンズタイムの現時点での最良後継。
早期デビューも確定的で、兄の活躍から、血統的には能力がありそう。

寸評その24(4月25日執筆)
(父)マイネルパラシオ 牡
父アドマイヤベガ
母プリンセスキャロル(母父キャロルハウス)
評価D(下位指名級)

体質面で若干の不安があったようだが、現在解消に向かっているとの事。
ただ、この不安要素は、血統的に目立たないこの馬を指名する上でマイナス要素。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-26 09:39 | 青色POG

ひまつぶし

ひまつぶしすることがあるなら更新しろ、という声があるかもしれないなと思いつつ、
そんなツッコミ入れる人が出てくるほど読者が多くないことは俺が一番よく知っている。

>挨拶。

いや、3日間、サークルの合宿だったり、アルツ氏がそこにやってきたり、
土日なので昼は競馬開催があったりと、更新するヒマがあったりなかったり。
今日は別の用事もあったりして、(この件については多分来月下旬にネタにすると思う)
色々忙しかったわけで。

ひまつぶし、といっても用事がある中での話し。
というか、今日の用事について、金曜の晩に、同志N(この件に関して)が、
「え、あれ、土曜日じゃない?先月は土曜やったで」
と一言。「そうか、どうせ難波だし、土曜でもかまわへんか」と、
予定変更してみるはっちぃさん。

ところが、土曜日の昼にそこまで出向いて、予定は正しく日曜日だったことを知るはっちぃさん。
別に明日も重賞あるし構わないのだが、これで昼から(既に馬券の買ってある)メインレースまでヒマだな、ととりあえず昼飯を食いに行く。
昼飯を食い終わって、ちょっと一息つきたいな・・・と。

「あ、あれキャッチセールスやってるなあ。」
立ち止まるはっちぃさん。
「・・・これついていったらひまつぶしになるんちゃうか」
話しかけられるはっちぃさん
「やっぱり。どうせこの『インスタントくじ』はアタリしか入ってない、と」
予定調和のようにアタリを引くはっちぃさん。
「で、事務所までつれていかれる、と。どうせ宝石の販売だろ。偽名使っておいて、と」
ウソのプロフィールをぺらぺら喋るはっちぃさん
「えっと、今のプロフィールを忘れないように・・・名前、職業、年齢と」
相手の女性は可愛いというほどではないけど・・・まあよかろう。
「キャバクラ行くより安上がり、と」
ていうか行きません>キャバクラ。で、事務所到着。
「ふーん、始まる話も予定通り、と」
で、責任者と名乗る年増が出現。
「お前と話しても楽しくねえ」
よかった、キャッチしていた女がお茶持って戻ってきた。
「まあ、絶対に買わないけど」
話半分に聞く俺。徹夜明け。眠い。
「で、俺に何を買わせようと?」
いつの間にかネックレスを装着させられる俺。
「これも相手の作戦か。最後にハンコ押さなきゃいい話なんだが」
お茶のおかわりを勧めてくる。
「いや、確かにお茶飲みに来ただけなんだけど」
やっぱり指輪のセールスか。いらねえ。
「ていうか、思い切り安物だって最初から知っているんだけどな」
しばらくして、責任者と思しき年増女出現。
「ていうか、お前とは話しても嬉しくない」
まあ、こういうマニュアルなんだろうな、と思いつつ話を聞く俺。
「ていうか、時間は・・・あと30分強か」
ふーん、よく出来たマニュアルだね。
「さて、そろそろお暇するか」
適当にでっち上げたプロフィールに、さらにウソを積み重ねる。
「どうせこれが安物だって分かってますよ」
これなら、相手が悪かったって理解してくれるだろう。
「で、ネックレスが邪魔だな。おい、そこのババア、どうにかしろ」
ふう、これで万事OK。時間は・・・丁度イイ感じだな。
「さて、最後の仕上げ、と」
最後は笑顔で、と。

よし、レースが始まるぞ・・・
丁度いいタイミングだ。

ということで、キャッチセールスが横行しています。ご注意ください。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-25 04:42 | 青色日記帳

話題馬寸評 その21,22

ようやく日付においついたか。
日付変わってるけど、夜明け前まではOKでしょ。

寸評その21(4月24日執筆)
マイネルトラヴェル 牡
父ブライアンズタイム
母ノーザンドライバー(母父ノーザンテースト)
母は最優秀2歳牝馬
評価C(中位指名級)

自身2歳戦で結果を残した良血の母に、クラシック実績のある父。
なんら問題のない血統で、ここに来て良化を示し始め、
秋以降が楽しみな1頭であるとのこと。
兄も何とか勝ちあがり、最低限の仕事はしたことだし、
中位以下で取れるなら問題ないだろう。

寸評その22(4月24日執筆)
マイネルサルウェー 牡
父スキャン
母ハローヘレン(母父Secretariat)
評価C(中位指名級)

地味な種牡馬ではあるが、結果を出しているスキャン。
特に、マイネル軍団では夏の2歳王者マイネルジャパンを輩出。
この馬も早期デビュー組、そして動きもいいようで、指名候補。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-25 03:47 | 青色POG

話題馬寸評 その18,19,20

2日サボったので、3日分書かなきゃいかんというのに、
さらに多めに原稿を書くというのはどうなんだろう。
競馬系テキストサイト管理人の鑑だよね。
惚れるといいよ。

寸評その18(4月24日執筆;23日分)
(市)マイネジャーダ 牝
父ジェイドロバリー
母テクラヤティ(母父Lyphard)
兄ロードマグナム
評価D(下位指名級)

一応活躍馬を出している牝系だし、父も2歳女王を出したことがあり、
早期入厩組に入りそうなこの馬は指名候補に入ってくるだろう。
今後の調教情報は要チェックや。
厩舎が地味なのがちょっと気がかり。

寸評その19(4月24日執筆;23日分)
マイネルパイレット 牡
父パラダイスクリーク
母ニシノパイレーツ(母父サクラユタカオー)
近親ダイナシュガー
評価D(下位氏名級)

パラダイスクリーク産駒は地味ではあるがトライアルや条件戦をキッチリ勝ち上がって、
G1出走を果たす馬が毎年1頭位は出てくる。
それでいて、全く評価が上がっていないのだから、渋い種牡馬である。
こういう種牡馬のG1出走馬をこっそり下位で持っているようなPOGが個人的理想像。
なかなかそういう馬を見つけるのは難しいが。
当馬もここに来て力をつけているようで、来春に期待が出来るかもしれない。

寸評その20(4月24日執筆;23日分)
(父)マイネルシュバルツ 牡
父アドマイヤボス
母ニットウブラウン(母父ベルマン)
近親ニットウチドリ
評価D(下位指名級)

父の初年度産駒。父の全兄アドマイヤベガは昨年新種牡馬として活躍したし、
この父もデビューこそ遅れたもののそこから一気に重賞制覇と能力は高かった。
この馬も馬体、調教とも現在のところ指名に足るレベル。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-25 02:28 | 青色POG