Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 51 )   > この月の画像一覧

宝塚記念予想

時間がなくて、ちょっと全馬は無理なので、ネットカフェから予想だけ更新。

まず人気の2頭について。
前日オッズの段階では、単はゼンノのほうがおいしそう。
ただし、休み明けといえば、去年日経賞、京都大賞典とも格下に足元すくわれているし、
馬連の軸としてはタップのほうが堅実か。

ほかの馬について。
昨年2着で、有馬でも3着のシルクフェイマス
去年3着、休み明け3戦目で走りごろのリンカーン
無類の阪神巧者サンライズペガサス
武豊が乾坤一擲の騎乗を宣言しているアドマイヤグルーヴ
前走能力減衰のないところを見せた3年休み明けのボーンキング


あたりが面白そう。
面白そうといいつつ半数にしるしをまわしておいてその中の組み合わせで決まったら的中というのも悪党なので、
今回は全馬レビューもできなかったし印なしで雑感のみ。

一応、実際の馬券は、ゼンノ1着タップ2着およびタップ1着、ゼンノ2着、タップ1着ゼンノ3着のそれぞれから、3連単でほかの注目馬への予定。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-26 13:14 | 青色競馬予想
7位 チアズガディス 牝
父フレンチデピュティ
母チアズグレイス(母父サンデーサイレンス)
栗東・山内厩舎

母父サンデー攻略法に書いたとおり、母馬若しくはその近親が父サンデーで活躍していると、
母父サンデーでの活躍確率は極端に上昇する。
フレンチ×サンデーは、今年成功例数多し。
その中でも、この馬が一番、POG向きの成功をした例といえる。
(スティンガーの牝系といい勝負かな、期間内向きという点では)
この馬の場合、母と同様の厩舎、馬主、デビュー時期ということで態勢が整っていて、
調教もいいのでまず最低限の仕事はするだろうという指名。
期待通り、初戦はキッチリ勝ち上がった。
で、青色競馬団POGではマサX氏が4位指名。
まあ、この前評判なら、俺のように小難しいこと言わなくても指名するだろうなあ。
一応、スティンガーの牝系と迷ってこっち選んだのは、前評判の差だな。

8位 アサクサゼットキ 牡
父タイキシャトル
母エアインセンス(母父サンデーサイレンス)
美浦・河野通厩舎

父タイキシャトルには昨年(ディープサマー)で世話になったので、1頭指名しようと。
で、まずは有名なニックスであるところ母父Storm Catを探したが、今年の配合例はなし。
ウイングレットで1打数1安打の母父サンデーが、攻略法も書いて徹底して指名するにも都合がいいので、
母父サンデーを検索したところ、該当1頭。近親ペインテドブラックなど、攻略法に該当するってんで指名候補に。
そういえば、この馬の兄(父サッカーボーイのエアジュラシック)を指名していたので、
思い入れという点でも申し分ない、と思って馬名を見たところ、どうやらPOGでも話題になっている馬。
まあ、評判もいいなら悪くはない。

9位 テイエムハエドー 牡
父テイエムオペラオー
母ワカセイウン(母父ホリスキー)
栗東・五十嵐厩舎

9は九州の9!第2弾。
新種牡馬縛りも踏まえて、サイレントハンター産駒とも思ったが、同じ新種牡馬でもやっぱり、
九州持込を狙った方が後々も堅実だろうと、結構話題馬のこちらを指名。

10位 ダンスオールナイト 牝
父エルコンドルパサー
母ダンスパートナー(母父サンデーサイレンス)
美浦・加藤征厩舎

ここでも母父サンデーにこだわって。
上2頭が走っていないように言われるけれども、父エリシオの失敗が原因。
2年の産駒なしをはさんでの久々の産駒で、母体の充電も完璧だろうし、
平地の賞金だけで言えば、エリシオ×サンデーで一番稼いでるのは姉ドリームパートナーだからね。
繁殖能力という点で考えても、周りに喧伝されているほど評価を落とすべきとは思わない。
そんなに人気を落とすなら指名すべきだろう。
で、ここで指名してから、青色競馬団POGでかつべー氏が4位指名していることに気付いた。
母父サンデー攻略法を徹底するための指名。
自分で打ち出した理論だから、その理論と心中する覚悟で。

11位 ミラクルワウ 牝
父フジキセキ
母トリプルワウ(母父Coastal)
美浦・畠山吉厩舎

後輩に 頭を下げて 追加指名  はっちぃ
というわけで、この馬の母と、2冠馬ネオユニヴァースの母ポインテッドパスが、
自分の中でセット扱いされていて、「どっちも微妙な活躍馬多数出すけど」と思っていたら、
ポインテッドパスがG1馬輩出。こっちの番がそろそろ来るかな、指名しないと。
と思っていたけど、指名し忘れていたので、「もうここで指名する以外、実弾が」と思い、追加。
後悔したくなくて指名したけど、相手の11位が走ったら後悔するかも。
でも、その後悔の方がマシだから。

全体
10位までのテーマは母父サンデー。
ロマンで1位指名のアグネスサージャンと、枠の決まっていた○外、予定していた九州産以外、
6頭を母父サンデーで固め打ち。
色々どうかと思う指名だろうが、理論に該当する穴馬をと思って検索したが、結局ほとんどが話題馬でもあったりするのね。
穴馬になったのが、父エンドスウィープのダイワバゼラード。
指名3秒前まで名前も聞いたことなかった。
これが走ったら神って呼んで。
11位については上に書いたとおり。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-24 04:50 | 青色POG
まあ、今日の予定のネタ合わせも終わったしね。

1位 アグネスサージャン 牡
父サンデーサイレンス
母アグネスフローラ(母父ロイヤルスキー)
栗東・藤岡健厩舎

厩舎が変わって、厩務員が変わって、どうなるか、といわれているが、
とりあえずサンデー牡馬枠は夢とロマンだけでこの指名。
アグネスタキオンもアグネスフライトも好きだったわけではない(嫌いではない)けど、
サンデー最後の仔というだけで指名する。
最後の方の種付というのも、父馬の体調を考えたらマイナスなんだけど、
伝説の種牡馬の最後の産駒というところで、指名する価値は充分。
あ、後、アグネスタカオーは好きでした。

2位 馬名未定 牡
父Tiznow
母Doradoradora(母父Runaway Groom)
厩舎未定

えっと、本来○外の指名予定はこの馬ではなかったんだけれども、母馬の名前だけ見て指名。
だって、ドラドラドラの03ってなんか縁起いいし。
さすらいの名無しさん氏が「Tiznow産駒を指名予定」というので、戦略上この順位で。
他の理由はない。なお、氏は「母名忘れた」という理由でTiznow産駒指名漏れ。
別の馬を指名予定だったとのこと。

3位 ダイワバゼラード 牡
父エンドスウィープ
母マストシーストップ(母父サンデーサイレンス)
美浦・上原博厩舎

母は、フィリピンで種牡馬をしているジンガロの全妹。
ジンガロも指名していたし、その兄も活躍馬なので、「母父サンデー攻略法」に該当。
エンドスウィープ×サンデーの配合は、12頭中11頭勝ちあがり(地方含む)というニックス。
今年のこの配合は9頭居るが、近親に活躍馬が居るのが、この馬(母の兄がダービー馬)の他には、
タイセイハニー(一応ファンシミン系=ラインクラフトと同牝系。やや遠いが)、グッドバニラ(母の弟リベレーションはOP在籍時期アリ)くらいしか、活躍馬の居る牝系が存在しない。
となると、この大物を望めてコンスタントに勝ち上がるニックス配合から狙えるのが、
一番確率が高そうなのがこの馬ということになる。
POG情報は全くないが、既に名前がついて入厩している辺り、大ハズレはなさそう。

4位 馬名未定 牡
父Kingmambo
母Video(母父Nijinsky)
厩舎未定

母とMr. Prospector系種牡馬との相性はよく、兄にスキャンの居る良血。
絶対ハズレかなと思いつつ、日本で走る姿をちょっと見たくなって。

5位 クロノロジスト 牝
父クロフネ
母インディスユニゾン(母父サンデーサイレンス)
栗東・友道厩舎

母の全姉にフサイチエアデール。
母父サンデーということで、一番近親が活躍したこの馬をチョイス。
ていうか、フサイチエアデールの仔も居るけれど、青色競馬団のほうで指名したので、
こっちを選択。他にも、30頭(青色競馬団9頭、道場POG11頭、P-1ぐらんぷり10頭)1頭も被らずに指名してみました。

6位 アイスドール 牝
父キャプテンスティーヴ
母ビスクドール(母父サンデーサイレンス)
栗東・池江寿厩舎

父の初年度産駒ということで、どう出るかは未知数。
ただ、母の全姉にトゥザヴィクトリー、父がドバイワールドCを制覇したときの1,2着の配合となる、
ロマンあふれる配合で、母父サンデー攻略法にも該当するので、指名。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-24 04:08 | 青色POG
6位 シロクン 牡
父ブラックホーク
母シラユキヒメ(母父サンデーサイレンス)
美浦・後藤由厩舎

5位までで、書籍等で話題になっていた馬の指名は予定通り終了。
後は、隠し玉を指名しよう、と思っていた。で、この馬は8位予定だったのだが、
「他の指名予定馬は他のメンバーがネタでも指名してこない馬だな」
ということで、ネタに走られて指名できない可能性のある、この馬を順位繰り上げて指名。

7位 ナイトレセプション 牡
父エルコンドルパサー
母ミッドナイトボイス(母父ニホンピロウイナー)
美浦・後藤由厩舎

地味に今年この厩舎にいい馬が入ってるような。
1個上の姉が初仔で、新馬戦、1000メートルで1.1秒ブッチギリ。
その後出てこないのは何かの故障があったのかもしれないし、
この馬にも血統的に脚元の不安があるのかもしれない。
しかし、姉の示した能力と同等の能力を持って出てくれば、隠し玉として充分かなと。

8位 ヘリテージローズ 牡
父サクラバクシンオー
母バンクシアローズ(母父カーネギー)
美浦・久保田貴厩舎

母の母がイタリアの3歳チャンピオンで、牝系として地味に名牝系。
そして、1個上の兄が期間内に2勝していて、(その後ファルコンS出走)
繁殖能力に問題はなし。早めのデビューが望めて、コンスタントに稼げる馬が、
この順位での指名馬への希望。それはかなりの確率で果たせそうで。

9位 テイエムミゴテカ 牝
父スペシャルウィーク
母エスキナッソ(母父Rahy)
栗東・岩元厩舎

9は九州の9。
というわけで、去年のアメノミスマル(父ファイヴナカヤマ)から、9位は九州産枠。
とはいえ、去年の反省から九州持込のテイエムが狙い。
で、新馬勝ち700万から狙っていくなら、スペシャルウィーク産駒のこいつかと。

全体
上位1~3、5位であわせて重賞2つくらい取れれば前年並みの成績は確保できるかと。
その上で、下位の隠し玉たちが期待通りの活躍をしてくれれば、前年以上の成績へと。
そういう狙いでドラフトをしてみたのだが、サンデーなしの来年以降ならこういう指名でも大負けしないだろうし、
今年もサンデーの当たりが減っていることは明らかなので、敢えて実験的指名をしてみた。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-24 03:13 | 青色POG
今夜はちょっと外出中。
寸評用の資料を忘れてきたので、もうしばらくしてから書こうと思っていた、
指名の意図なんかを書いていこうかなと。

1位 フサイチリシャール 牡
父クロフネ
母フサイチエアデール(母父サンデーサイレンス)
栗東・松田国厩舎

父も母もこの厩舎の活躍馬。
1位指名アグネスサージャンを抽選で外して、「ならサンデー指名しない」ということで、
非サンデーで一番上位指名を予定していたこの馬を繰り上げ指名。
動きもいいらしい、とのことを受けての指名。
「母父サンデー攻略法」調査以前の指名だが、それを受けても問題なし。

2位 ビーオブザバン 牡
父King's Best
母シーズアン(母父Zieten)
栗東・松田国厩舎

父の父がキングマンボで、この厩舎のダービー馬キングカメハメハの父。
馬主もキングカメハメハと同じということで、キングカメハメハと同様にダービーまで期待。

3位 マイネルバシリコス 牡
父トウカイテイオー
母ダイイチコパン(母父サンデーサイレンス)
栗東・加用正厩舎

指名の理由は、「マイネルのトウカイテイオー」ということで、ソロモンをはじめとする、
総帥の相馬眼に期待してのこと。
母父サンデー攻略法執筆前で、調べずに指名したが、
「ダイイチ」の冠名の繁殖は良血が多いイメージで(調べたら、この馬の曾祖母がGⅠ馬だったか)
名牝系ということは確認して指名した。
母父サンデー攻略法としては、「他に配合例なし」という、上位20頭中5頭が該当するパターンで問題なし。
ただ、厩舎がちょっと気にかかる。

4位 タガノボーディング 牡
父ブライアンズタイム
母スペリオルパール(母父ティンバーカントリー)
厩舎未定

母の兄にナリタブライアン、この牝系にブライアンズタイムということで期待の血統。
母は祖母パシフィカスの晩年の産駒でかつ父がブライアンズタイムではなかったので、
指名を見送った(結局かつべー氏が指名して未出走。)が、父ブライアンズタイムということで、
満を持しての指名に踏み切った。情報は全くなかったけど。
馬体写真が優駿、まるごとPOGなどに掲載されていたことは指名してから気付いた。

5位 マイネルアンベータ 牡
父マイネルラヴ
母ベンテンサクラ(母父サクラチトセオー)
美浦・成島厩舎

マイネルラヴ産駒を何か1頭取ろうと思っていて、繁殖の質なり馬の出来なり、
活躍実績なり、どれをとっても、ビッグレッド軍団から指名するのがよいだろう、と。
で、真歌でナンバーワンと謳われていたこの馬を指名することに。
去年指名したコスモヴァレンチの下マイネルマルスは、母馬が高齢で、
さすがに2年連続重賞もなあ、ということで回避。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-24 01:49 | 青色POG

話題馬寸評 その296~300

今日は何か頭がいたいよ。
持病がどうこう言う範囲内だけどちょっと体調悪い。

寸評その296(6月19日分;23日執筆)
(父) フローネ 牝
父アグネスタキオン
母アローム(母父ノーザンテースト)
兄ヒダカプロテクター
評価C(中位指名級)

一級の素質を見せたヒダカプロテクターの妹で、父が期待の新種牡馬。
これは期待のかかる配合だろう。
父、兄とも脚元の不安で将来を絶たれて4連勝で引退。
何ぞ大物に生まれるべく因縁を背負った配合か。脚元弱そうだが。

寸評その297(6月19日分;23日執筆)
(父) ハルカチャン 牝
父オグリキャップ
母ツジノチェリー(母父サクラユタカオー)
評価E(補欠級)

オグリキャップの産駒として、クラブ募集する前提で種付されたのってこの馬でしたっけ。
オグリキャップを見捨てない人々のおかげで、今年は、去年の2倍の中央入厩を確保。
その数・・・2頭。はい、笑わないでくださいね。現5歳世代と比べて100倍以上に増えているんですから。
というわけで、かなり薄ら寒い状況のオグリキャップ産駒。
しかし、まだ「オグリのことだから、最後に凄い大物を出すんじゃないか」とか言っているファンが根強く残っているだけに、
ここで紹介することにした。俺が忘れていなければ、もう1頭のほうも最後の方で紹介します。
でも、2頭ともこの名前はないよな、オグリキャップ最後の大物に対して(妄想)

寸評その298(6月19日分;23日執筆)
(父) ローレルハンバーバ 牡
父ジェニュイン
母サクラソフティー(母父サクラショウリ)
半兄レジェンドハンター(デイリー杯3歳S;当時)
評価D(下位指名級)

兄にレジェンドハンターがいるが、他には兄姉に目立った成績を挙げた馬は居らず、
母20歳時の産駒というのも気になる。
しかし、馬主、父、母とそれぞれに2歳重賞実績はあり、すでに入厩済みということで、
早期デビュー、そして重賞制覇への期待はないわけではない。

寸評その299(6月19日分;23日執筆)
カガミアスカの03 牝
父エリシオ
母カガミアスカ(母父General Assembly)
姉トーホウアスカ(2着函館2歳S、3着ファンタジーS)
評価D(下位指名級)

種牡馬として失敗に終わり輸出されたエリシオの産駒の、唯一の成功の目は、
仕上がりの早い牝馬が、2歳戦~3歳戦で活躍するパターン。
姉にトーホウアスカ、期間内2勝のプリンセスアスカといるこのパターンは、
その成功の可能性があるが、現時点で名前が決まっていないのが不安。

寸評その300(6月19日分;23日執筆)
(父) ローマンスピリット 牡
父テイエムオペラオー
母ローマステーション(母父Law Society)
兄ローマンエンパイア(京成杯)
評価B(上位指名級)

堅実な繁殖成績を残す母、日本競馬史上でも最強クラスの成績を残した父。
母の16歳時の産駒で若干高齢なのが気になるものの、それでも、
堅実な上に大物も出している母の成績から、魅力の方が上回る。
ローマンエンパイアは父サクラローレルで、中長距離で成績を残した種牡馬との間に、
結果を出しているのも心強い。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-23 18:12 | 青色POG

女子高生と俺

今日は、電気代を払うためにお出かけ。
電車を乗り継いで営業所まで行ってきた。(まだ電気が止まったわけじゃないよ)
その帰り道、俺は女子高生の群れと劇的な邂逅を果たした。

蒸し暑い梅雨空で、若干汗ばんだ女子高生たち。
乙女たちの集団は、むせっけえるような芳しさすら漂わせていた。
俺は、その芳しさに、これまでどんな合法ドラッグをキメたときでも味わったことのないようなくらいに、ハイに心震わせていた。

ああ、これは女子高生を弄る行為が違法なのもむべなるかな、と。
どんなドラッグより精神依存は高そうだ。
そこに天国があるのではなかろうか。


というわけで、はっちぃさんの半分は妄想で出来ています。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-23 01:47 | 青色日記帳

話題馬寸評 その291~295

ここいくつかのクラブは、寸評に至らない馬が多くて一苦労。
全部の馬について兄姉成績は調べているからね。
友駿は60頭もリストアップしてるくせに、寸評する基準に該当する馬が3頭しかいなくて
(しかもうち1頭は既出走馬じゃなければリストアップされてないし)ムカつく。

寸評その291(6月18日分;21日執筆)
ランマンシチーの03 牡
父ブライアンズタイム
母ランマンシチー(母父ビワハヤヒデ)
近親キョウトシチー
評価D(下位指名級)

友駿ホースクラブ編に突入。
母は2勝馬で、その兄にキョウトシチーがいる、シチー軍団の名牝系出身。
父ブライアンズタイムの配合は、母父ビワハヤヒデの母系とブライアンズタイムの相性のよさを引き出す狙いだそうで、
この繁殖に期待をかける人々の思いがかかった配合らしい。
とりあえず、キョウトシチーも好きな部類の馬だし頑張って欲しいとは思っている。

寸評その292(6月18日分;22日朝執筆)
ユトリロシチー 牡
父ディアブロ
母ジョコンダ(母父ダンサーズイメージ)
姉オギサバンナ(2着テレビ東京3歳牝馬S;当時)
評価E(補欠級)

母20歳時産駒。
13年上の姉に重賞実績があるとはいえ、ちょっと厳しい。

寸評その293(6月18日分;22日昼執筆)
アリババシチー 牡
父アドマイヤボス
母リアルラヴ(母父リアルシャダイ)
新馬戦3着
評価D(下位指名級)

アドマイヤカリブが圧勝した新馬戦、2強対決という前評判、その2頭に続く3着に健闘。
水準級の能力はありそう。

寸評その294(6月18日分;22日執筆)
(父) ローレルエルドラド 牡
父ステイゴールド
母ゴールデンコマーズ(母父ティンバーカントリー)
近親ゴールデンジャック
評価D(下位指名級)

ていうかもうローレルクラブ編に突入するんだがな。
父の産駒もデビュー週に連対を果たしているし、母はこの馬が初仔だが、兄姉にゴールデンジャック、スターリングローズを持つ良血。
父の産駒は、その競走成績から晩成となることが予想されたが、小さい馬体ゆえの仕上がりの速さと、母の全兄に2歳チャンピオンがいる母系が出た産駒は早いうちから活躍可能かもしれない。
3歳春に活躍した母の兄姉を見ても、充分に狙える存在だろう。

寸評その295(6月18日分;22日執筆)
リヴィエールジータ 牝
父コマンダーインチーフ
母ロジータ(母父ミルジョージ)
兄カネツフルーヴ(交流GⅠ2勝)
評価B(上位指名級)

いや、今年は指名しなかったんだけれども。
父の勢いが最近感じられないのが痛いんだよね。
母の産駒にはオースミサンデーのような芝の一流馬から、カネツフルーヴのような、
ダートのGⅠ馬まで、多彩な活躍馬がいるわけで。
全兄のイブキガバメントも、芝ダート問わず走ったし、甥姪にあたるシスターソノの仔のコマンダー産駒も走っているように、
この牝系と父との相性は最高(シスタースルーの事は華麗にスルーしろ!)なので、
狙ってみて損はないと思うよ。高評価しすぎた気もするけど。
※シスタースルーはオグリキャップとの間に、3歳春に2連勝した素質馬を出した優れた繁殖です。
あくまで、コマンダーインチーフとの間に活躍馬を出せなかっただけです。
ちょっと駄洒落が言いたかっただけ。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-22 03:07 | 青色POG

話題馬寸評 その286~290

ドラフト終わって力が抜け気味。
もうしばらくは頑張ろうと思う。

寸評その286(6月17日分;21日執筆)
スパイシーキティ 牝
父タバスコキャット
母オギティファニー(母父スマコバクリーク)
母は重賞勝ち
評価E(補欠級)

母はデビューが遅れたもののそこから連勝でOP入り。
OP2着2回の後重賞制覇と充実期のパフォーマンスは相当な物だった。
産駒に能力が伝わっていかないのは残念だが、父がタバスコキャットになって、
これまでの産駒と違う傾向の種牡馬を付けられたのがどうなるか。
コマンダー、トニービン、グラス、ダンスインザダークを父に持つ兄姉とは、
若干違うタイプの配合であることに期待。

寸評その287(6月17日分;21日執筆)
ブルーマラッカ 牡
父キンググローリアス
母イズミケリー(母父インターメゾ)
全兄タマルファイター
評価D(下位指名級)

荻伏オーナーズ編。
兄に、地方馬ながら中央芝で大いに活躍したタマルファイター。
初めて全兄弟が作られ、中央入厩。
兄以外活躍馬がいないのが若干気がかりとはいえ、芝適性は兄が証明しているし、
早い時期から兄も活躍していた。期待は出来る。

寸評その288(6月17日分;21日執筆)
プリンセスエイブルの03 牡
父アジュディケーティング
母プリンセスエイブル(母父ジェイドロバリー)
兄メイショウサライ
評価D(下位指名級)

兄にダートOPクラスで活躍中のメイショウサライ。
父がよりダート向きになり、そのアタリでPOGとしては微妙だが、
兄も期間内にそれなりに走った。
結果を出すのがダートでもよければ。

寸評その289(6月17日分;21日執筆)
オギブルービーナスの03 牡
父クロフネ
母オギブルービーナス(母父スーパークリーク)
兄ブルーショットガン
評価D(下位指名級)

兄は短距離路線でOP実績もある馬。
父がクロフネということで、いきなり中央で新馬勝ち馬を出し、ここまで産駒2戦2勝。
距離も兄よりはこなせるだろうし、期待は大きい。

寸評その290(6月17日分;21日執筆)
ウメノアスコットの03 牝
父フォーティナイナー
母ウメノアスコット(母父ラッキーソブリン)
全兄マイネルセレクト(JBCスプリント)
評価C(中位指名級)

全兄のマイネルセレクトは、交流G1を勝っているし、期間内で見ても2勝、OP2着は充分な成績。
その後故障休養があったが、復活しているし、タフな一面もあるのかもしれない。
ということで、全妹にも期待だが、馬名決定していないあたり、ちょっと出遅れているのかも。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-21 13:24 | 青色POG
ゴールデンウィーク以来のお休みとなった2日間。
ちょっと遊び歩いていた。

金曜晩に例によって道場で徹夜。
3時間ほど仮眠を取り、道場より帰宅。
すぐに難波に出陣。
新馬戦等の馬券を購入。
新馬戦を観戦。

青色競馬団POG、マサX氏4位指名、道場POGはっちぃさん7位指名馬、
チアズガディスが、単勝1.3倍の支持に応えて圧勝。
馬単1450円を、「今日の勝負レース」とばかりに1000円購入していたので、
本日勝ち決定。
3着馬が「迷って切った6点目」だったので、一瞬差された(2着争い)時にはびびったけど、
差し返してくれて一安心。
ちなみに、2着馬をヒモに選んだ理由は、「新馬戦得意のスペシャルウィーク産駒」だから。
ダメダメだった初年度産駒でも最初にデビューした馬が勝っていたはずだし。

で、その後、2時から漫才コンビ「にんげん牧場」の来月に向けての打ち合わせ。
色々とネタ作りの指針について語る。
馬券で勝った勢いで酒を飲みながら。

その後、相方のたっての希望により、(検閲削除)を購入。
それにしても、俺の相方になるようなやつは変態ばかりで困っている。
それもこれも、はっちぃさんが変態だからという、まことしやかなツッコミは、
事実無根ですので、ツッコミを入れた瞬間名誉毀損で訴えて勝つよ。

そのまま(酔った勢いで)サークルの新入生歓迎会に。荷物は人に見せられない。
席順が決められ、何でこんなにというくらいに平均年齢の高い卓に。
この年になって、新入生歓迎会で、俺が入学したときすでにOBだった先輩に飲まされ続けるとか、
想像の斜め上をいく事態が発生していた。
そして新入生とあまり話せなかった。

さらに、そのまま2次会へ。
その先輩らとさらに飲む。
昼から飲んでばかりだけどさらに飲む。

終電で大学に戻り、今度はフリートーク。
新入生や、サークルの後輩(♀)の最近の事情(のろけ話)をキャッチ。
サークルの後輩(♀)に、その彼氏がいかに変態かをキッチリ語ってあげようかと思ったが、
俺のにんげん関係に著しくヒビが入ること、すでにその実態については検閲削除される事態に陥っていることなどから、激しく断念。

しばらくすると皆様お疲れモードに。はっちぃさんもさすがに疲れ果てて泥のように眠る。


日曜日。
「チャイナドレス最高」この掛け声とともに始まる日曜日。
昨日のフリートークで、梅田ヨドバシカメラ8階に、店員が皆チャイナドレス姿のお店がある聞き、サークルの先輩と行くことに。

「え、マジ行きます?どっちにしろ馬券を買いに行くので行かなくても構いませんが」
とかいいつつ、その場にいた同級生を強制連行。
さらに、アルツ氏や割れ目が大好きで知られる道場前部長を呼び出し、合計5人で出撃。
(2人を呼び出す合間にはっちぃさんは馬券を購入。函館5Rの馬連1点的中)

で、チャイナドレスを見に行ったわけですよ。
お店のシステムは、
・90分2000円(格安)
・この料金は17時まで。夜は割高だと思われる。
・店員のお姉さんは全員チャイナドレス。中国人多数在籍。
・おさわり厳禁。
・チャイナドレスのスリットから見える太ももが最高。特に運動量が増加する瞬間。
・小走りになったお姉さんや、ちょっと力を入れて○○を押しているお姉さんが最高に萌え。
・お酒は別料金。
・お姉さんに声を掛けると、人間の3大欲求のひとつが満たされる(ここでは書けません)

いや、やっぱりチャイナドレスは最高ですね。
今度また行こうと思います。
ウインズ難波の近くにも別のお店があるらしいので、通いつめてみようと思います。


飲茶を堪能して店を出ると、アルツ氏が今度は(検閲削除)を要求。
土曜日の、にんげん牧場のツッコミの方といい、
この日曜日の、純情ぷりんのツッコミの方といい、
全く、はっちぃさんの相方は変態しかいないのかと声を大にしていいたい。
仕方がないので、(検閲削除)へ案内する俺。
案内するということは、(検閲削除)が購入できる場所を梅田、難波ともに知っているということだろう、この変態が、
というはっちぃさんに対するツッコミは、事実無根なので聞かなかったことにします。

本気で疲れたはっちぃさん。
さらに、道場のために大学に置きっぱなしになっていた荷物(パソコン等)を回収するために大学へ。
帰り道の荷物総重量は15キロ。
泣きそうになりながら荷物背負って帰ることに。
だけど、涙は出ない。男の子だもん。

本気で疲れ果ててそのまま眠りこけるはっちぃさん。
サッカーを見る余裕もなく。
こうやって更新しているということは生きて帰って来れたんだなあ。
[PR]
by blue_blog | 2005-06-20 14:35 | 青色日記帳