Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

神戸新聞杯G2

最近若干忙しい日々を送っていたり、モデムカードの不調(結局買い換えた)で、
また1週間ほど更新が滞っていました。

今日は神戸新聞杯の全馬予想。
予定より遅い時間のアップになりましたが。

1枠1番 トーセンマエストロ 赤木
2歳時にはこのコースでエリカ賞を勝つも、その後活躍は見られず。
同一コースの毎日杯大敗からも力不足か。
夏どれだけ力をつけたかは分からないが、そんなことまでフォローしていたら、
馬券をどれだけ買っても追いつかない。ここは無印が正解。

2枠2番 シルクタイガー 佐藤哲
1000万条件5着と、菊の穴馬としては若干弱い成績。
とはいえ、休み明けでこれをどう見るかで、トライアルのここで真価を見せておきたい。
休み明けの成績が、「ここで好走」→「菊で一発」を狙っての一叩きなら、
注意してみておく必要があるが、馬券的には無印でいいだろう。

3枠3番 ヴァーミリアン 福永 △
春先は調子を崩したが、このコースの重賞勝ち馬。
2歳時の成績からは一線級の馬たちと互角以上だったし、
血統的には、母父サンデーということで、この時期の阪神で活躍する、
ミスプロ系の血と、サンデーの血を両方持っているのが有利、と推察。

4枠4番 ストーミーカフェ 四位 ○
骨折で春は棒に振ったが、トキノミノル記念(共同通信杯)での競馬は強かった。
脚質的にも「打倒ディープインパクト」の一番手。

4枠5番 ローゼンクロイツ 安藤勝 △
春のクラシック2戦ではイマイチな成績に終わったが、G1以外では強いこの血統、
そう見ればかなり安定した成績でここも見限れない。
ただ、ヴァーミリアンも同様の血統で、「阪神でヴァーミリアンが勝ち、京都でローゼンクロイツが勝つ」という対戦成績から、
ここはヴァーミリアンのひとつ下、な評価までにしておこう。

5枠6番 アドマイヤジャパン 横山典 ▲
この馬もダービーこそ大敗したものの春の安定勢力。
「サンデー×Nijinsky系」は菊で血統的なねらい目だけに、ここは負けて評価を落としてほしいな、
などと思いつつも、陣営の意図やこれまでの実力からそこそこ走ってくるのではないかと。

5枠7番 テイエムヒットベ 和田 △
九州産牡馬期待の星。チュラサンに続け、といいたいところだが、
どちらかといえば京都向きの馬でここは厳しいか。
菊花賞では京都適性と母父の菊花賞馬の血を生かしてほしいと思っている。

6枠8番 トウカイトリック 芹沢 ◎
1000万条件を3歳馬ではいの一番に勝ちあがり、準OPでも連対。
昇り馬としては条件を満たしており、ここはかなり期待できる。
菊でもありえる血統だけに、確実に出走してきてほしい。

6枠9番 ディープインパクト 武豊
強いことは知っている。
このオッズではどんな馬も買えない。無印。

7枠10番 マチカネキララ 北村宏 △
藤沢厩舎今年最後の期待馬。
3歳世代が不振だった藤沢厩舎だけに、この馬は万全に仕上げてくるだろう。
今年の3歳で言えば「遅れてきたインプレッション」(母が○外の活躍馬、ようやく出た大物ってあたりが)って、ダメっぽいわ。

7枠11番 トーセンディライト 小牧太
春からの有力馬が揃ったここでは、500万条件を何とか勝ってきたばかりでは厳しい。
トーセンの2頭だしが気になるが、こっちは消しだろう。

8枠12番 エイシンニーザン 幸 △
3勝馬でここでは買える実績だし躓いた若葉S以外は案外堅実に頑張っている。
人気薄なら面白い存在では。

8枠13番 シックスセンス 上村 △
すでに「さすらいの2ゲッター」としてはステイゴールドを超える素質を感じさせる1頭。
何しろ、ステイゴールドにしても3勝目までは勝って賞金加算してきたが、
この馬はまだ1勝しかしていない。ネタ馬の香りがする1頭。
[PR]
by blue_blog | 2005-09-25 10:39 | 青色競馬予想
山の麓、いりなか駅を出たぼくら。
しかし、霧に包まれてでもいるのか(俺らが知らないだけ)、霊峰への入り口は見えない。
ふと、駅出口のすぐ近くにコンビニがあることに気づいた。
「道を・・・聞こう・・・」
早速、コンビニに入り、「さすらいの名無しさん」が道を聞く。
後ろから見守る僕。
すると、店員が出してきたものは・・・
喫茶マウンテンへの地図。さすが、訪れる冒険者も多いということか。
ぼくらの胸は更なる高鳴りを見せるのだった。

教えられた道に沿って、ぼくらは歩き始めた。
山登りの入り口となる長い道のり。(実際には徒歩10分ほど)
一歩、一歩。ぼくらは目的地に近づいていった。

そして、ようやく現れる秘境。
そう、「喫茶マウンテン」。
しかし、それはゴールではなかった。
戦いのはじまり。
いや、はじまりすら歌えないぼくらがいた。
喫茶マウンテンの入り口には、長蛇の列が出来ていたのだ。
待ち時間、1時間。

今回は短めだったけど、次回、ようやく入店編。話引っ張りすぎ。
つづく
[PR]
by blue_blog | 2005-09-15 01:44 | 青色日記帳
当日。
ぼくらは、10時の集合予定時刻を30分遅れで集合した。
共に、前夜の徹夜疲れで不覚にも仮眠をとってしまった事が原因だった。
何はともあれ、ぼくらは出発した。
目指すは、霊峰として名高い「喫茶マウンテン」。
そして、出発前からグロッキー気味のぼくら。
無事帰ってこれるのか。
そんな想いだけがぼくらに渦巻いていた。

10時45分大阪駅発の新快速。
ぼくらは電車に乗って、一路、霊峰「マウンテン」の麓を目指すことにした。
名古屋まで3時間。
途中の米原駅で、僕はうどんを食べた。
準備運動というやつだ。
名古屋からどれだけかかるか、という下調べはしていない。
ただ、ぼくらが知っていたのは地下鉄の最寄り駅だけだった。

名古屋着。
ここで、一度、卒業して今は別の勉強をしている先輩に電話。
「生きて帰れたら逢おう」
と約束して、健闘を誓った。
そして、地下鉄の駅へ向かうぼくら。
ここから先、地底へ潜って、秘境への道を突き進むのだ。

「いりなか」駅。
秘境への入り口だ。
地上へ出るが、ここから先、秘境への道筋は分からない。
駅出口すぐのコンビニで、道を尋ねることにした。


ついに最寄り駅までやってきたぼくら。そこでぼくらの見たものは!?
次回へ続く。
[PR]
by blue_blog | 2005-09-14 03:00
先週の土曜日、僕らは山へ登ると言い残し、このサイトの更新はそれ以来止まったままだった。


安心してほしい。
ちゃんと、生還した。僕は。

同行の後輩「さすらいの名無しさん」は途中で遭難してしまった。
何とか命からがら帰ってくることは出来たから良いようなものの、
やはり命がけの冒険、万全の情報収集、準備が必要で、素人にはお勧めできない。


あれは、まだ夏の日差しが残る、9月上旬の暑い日のことだった。
僕は、夏の使い残しの「青春18切符」の使い道を考えていた。
後輩「さすらいの名無しさん」に連絡を取り、暇なら地方競馬に行こう、と誘った。
しかし、残念ながら、彼の暇な日に、遠征可能な地方競馬の開催はなかった。

となれば、この計画は露と消えるのか。
他に、我々に残された未踏の地はないのだろうか。

ふと、頭をよぎったのが、「霊峰Mountain」の存在である。
このはるかなる霊峰こそ、我々人類未踏の地。
早速、僕は電話を手にした。
後輩に、「遠征可能な地方競馬の開催はない」旨を伝え、
その代わり、「霊峰Mountain」踏破の旅を提案した。

その案に賛同する彼の声に、若干の悔悟の念(なぜこんな冒険をするのだろう)を覚えたが、
その想いを振り切り、決行の日を待った。

前日。
それは、道場の日。
結局、徹夜で17歩(賭博破戒録カイジにて連載中のゲーム)をやった後だけに、
体調面では一抹の(どころではない)不安が残るが、そうも言ってられない。
「さすらいの名無しさん」氏も、また、前日は夜勤のバイト。
これがどれだけの影響を及ぼすか、僕らはまだ知らなかった。

~次回へつづく
[PR]
by blue_blog | 2005-09-12 18:02 | 青色日記帳

おしらせ

本格的な更新は日曜あたりから再開予定

バイトとかいろいろしていて更新してなかった。

いくつか、ネタはあるんですけどね。

復帰用ネタとして、明日ちょっと山登りしてきます。
[PR]
by blue_blog | 2005-09-09 20:47 | 青色日記帳

夏休み報告

日記がだいぶご無沙汰だったので、夏休みの出来事を箇条書きで。

・帰省。
・青色競馬団の会合。
・POGとか馬券コンテストの精算でメシ代ゲット。
・昨年POGはマイナスだったけど、馬券コンテストの未収分があったため。
・で、実家でしばらくくつろぐ。
・地元の天文仲間と密談。
・今回は別の天文同好会(塩山天文同好会)の会長が特別参加。
・息子が俺の高校の後輩(現在2年生)
・いろいろと学校についてのアレな話をしてしまう。
・その他もろもろで盛り上がる。
・その翌日から、サークルの夏合宿に顔を出す。
・いろいろとアレなトークを繰り広げる。
・というか、全体的に俺らの世代で潰しあう構図になりすぎ。
・現役引退して久しいのに。
・M-1グランプリ用の写真を撮る。
・ひと夏の思い出ゲット(ネタ)
・写真で目をつぶってしまっていたことに気づいたが手遅れ。
・M-1の相方、ナカイ氏と帰宅。エロ。
・数日引きこもる。疲れてたんだね。
・競馬はちゃんと行ったけど。
・25日にウイニングポスト7発売。発売日に買う。
・買って帰ってくると、道場に呼び出される。
・道場麻雀。
・トップ氏が新ネタを披露してくれたのでご満悦。
・競馬とゲームに明け暮れるつもりだった。
・土曜には競馬→バイトのコンボの予定が、寝過ごしてバイトのみ。
・マサX氏(青色競馬団)に頼んでおいた馬券が的中したのでご満悦。
・日曜は寝過ごして引きこもりライフ。
・仕方ないのでマサX氏にまた馬券を頼む。
・しかし、マサX氏は忙しいとのことで、断念。
・頼むはずだった馬券が外れていてご満悦。
・月曜からバイト三昧。
・ゲーム時間が思うように取れず。
・収入だって、支出の増加を考えればたいしたことない。
・土日はバイトを入れずに。
・土曜は疲れていたので、家でお昼寝。
・マサX氏に頼んだ馬券はまた的中。
・基本的に頼んでいる馬券は、競馬にいけない日に出走するPOG馬の単勝。
・今回はオッズが低すぎた。
・日曜日は2歳Sだったので、勇躍馬券購入。
・的中。うまいメシ食う。

といった感じで今に至る。
また日記を復活させていきたいな、と思うのでよろしく。
[PR]
by blue_blog | 2005-09-06 02:00 | 青色日記帳