Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

話題馬寸評6,7

今日もやってまいりました、明日の競馬界を背負って立つ未来のヒーローを見つけ出せ、
話題の2歳馬寸評の時間。

というわけで、今日もマイネル軍団から、めぼしいところをピックアップして寸評するよ。

マイネルスパーダ 牡
父マイネルラヴ
母カッティングエッジ(母父ファバージ)
母は重賞2勝。
評価E(補欠級)

母は重賞2勝のスピード馬で、マイネルラヴは昨年の新種牡馬として成功といえる成績。
期待は持てそうなプロフィールではある。
しかし、某競馬雑誌に拠れば、この馬が繋養されている真歌におけるマイネルラヴの1番馬は、
マイネルの冠でデビューが決まっている別の馬、とのことで、
その話がこの馬を指名しづらくさせている。
ちなみに、一昨日紹介したマイネルマルスは繋養地が違うからこの話には関係ない。

(父)マイネルスチェッソ 牡
父スペシャルウィーク
母キャリイアウト(母父ノーアテンション)
半姉サクセスストレイン(クイーンC)
評価C(中位指名級)

半姉が期間内の重賞勝ち馬ということで、早熟性にはさほど問題はない。
スペシャルウィークも、初年度産駒が不出来でこの馬の募集時には評価を下げていたが、
2年目は重賞勝ち馬を複数出す活躍ぶりを見せ、巻き返しを見せている。
母系からも活躍馬が出ており、血統的にはかなり評価できる。
しかし、現状マイネル軍団にして遅めのデビュー組ということに成りそうで、
これまでの実績からは不安点ではあるが、今年より調教の方法を変えた
(コスモバルクのかかる気性などの反省から、従来の並列型の併せ馬を縦列型に変えた)
ことが、遅めのデビュー組については大きな効果を挙げそうで、
そのあたりには期待してみたい。
[PR]
by blue_blog | 2005-04-19 03:13 | 青色POG