Blue/bLUE


by blue_blog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

話題馬寸評 その76~80

今夜もテキスト書き。
一応、2日分寸評書けたらほかのテキストに時間を割こう。

寸評その76(5月7日分;11日執筆)
(父) リザーブカード 牡
父サクラバクシンオー
母ディナータイム(母父Bering)
近親ゴールデンフェザント
評価E(補欠級)

父の産駒には、確かに期間内重賞勝ち馬も居るものの、クラシックには距離適性からして合わないタイプが多く、
上位指名は躊躇せざるを得ない。その上で、近親の活躍馬が若干遠縁まで出ていなかったり、
その馬が晩成タイプのイメージがあったりするのも、期間が区切られているPOGとしては好ましくない。

寸評その77(5月7日分;11日執筆)
(父) ラッシュライフ 牝
父サクラバクシンオー
母フレンドレイ(母父デインヒル)
半兄タガノデンジャラス
評価C(中位指名級)

兄は皐月賞出走を果たしたタガノデンジャラス。
父がサクラバクシンオーに変わったが、牝馬ということで、桜花賞向きと言えるかもしれない。
母父デインヒルということで言えば、タガノデンジャラスのほかに、2着シックスセンスも該当する。
そういう意味でも勢いのある血統といえるのかもしれない。

寸評その78(5月7日分;11日執筆)
パワーコレクター 牡
父エンドスウィープ
母グリーティングス(母父Rainbow Quest)
兄ストーミーカフェ(トキノミノル記念)
評価B(上位指名級)

距離の持たない印象が当初あった父だが、オークス2着など、春のクラシックには充分対応できる柔軟性を示している。
また、兄が重賞を楽勝、クラシックに期待をもたせる1頭(後に骨折)となるなど、母系の勢いも申し分ない。
当然、指名を前提に情報を収集すべき1頭。

寸評その79(5月7日分;11日執筆)
(父) マシュリク 牡
父フサイチコンコルド
母サンウィルシャイン(母父サンデーサイレンス)
近親ユートピア
評価D(下位指名級)

ユートピアをはじめ活躍馬を多く出す牝系出身。
ただ、ダートで活躍のユートピア、活躍時期が微妙にPOG期間とズレたメイプルシロップ、古馬になって活躍のアロハドリームと、
母の兄弟たちはPOGで上位で指名できるような成績を残してはいない。
気になるなら下位でこっそり、といったレベルの牝系だろう。

寸評その80(5月7日分;11日執筆)
(父) エンジェルローブ 牝
父アドマイヤベガ
母サクラハゴロモ(母父ノーザンテースト)
半兄サクラバクシンオー
評価D(下位指名級)

母の19歳時にあたる産駒なのがまず気がかりな点。
確かに兄にサクラバクシンオーを持つ良血ではあるが、それ以降重賞勝ちする産駒がいないまま、
19歳時の産駒を指名するのはかなりリスキーな決断である。
とはいえ、すぐ上の兄が中央3勝と一定の活躍をし、そこから2年続けて産駒登録無し。
空胎明けは産駒が走るという話から、この血統を指名するラストチャンスではあるだろう。
[PR]
by blue_blog | 2005-05-11 23:21 | 青色POG